HOME 国内、日本代表

2024.04.20

世界リレーでパリ五輪切符を!男子4継 2走・栁田大輝「僕がカギになる」
世界リレーでパリ五輪切符を!男子4継 2走・栁田大輝「僕がカギになる」

バトンパスを確認する栁田大輝

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。

パリ五輪の出場権が懸かる世界リレーに向け、初めて集まった男子4継メンバー。東京五輪リレー補欠で、昨年のブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)はメンバー最年少ながら最も経験豊富な1人で、ムードメーカーとなっていた。

昨年は10秒02をマークしてアジア選手権で優勝。個人の100mでも世界選手権に初出場した。「久しぶりで、レースも出ていなかったので」と、何度かバトンパス練習で渡らない場面も。「今日の映像は全部カットで」と苦笑い。それでも、「回数を重ねていけば問題ないと思っています。本番までにきっちりつながれば」と堂々と話す。

まだ個人ではレースに出ていないが、この後の米国遠征でリレーと個人100mでシーズンインして世界リレーに向かう。昨年は「7月(アジア選手権)にピークが来てしまった」という反省もあり、ややスロー調整で、その分、トレーニングをしっかり積んだ。「ウエイトトレーニングなどもしっかり上がっている」と言い、臀部周りもガッチリ。「それを走りに生かしていきたい」と、個人でも調子を上げていく構えだ。

昨年から2走を務める栁田。今回も2走を務める見込みで、「リレーを走るからには、僕が2走をずっとやっていきたい思いがあります」と言い、本番では「アンカーにハキームさんもいるので、僕がカギになる」と強い気持ちを示した。

25歳ながら“最年長”になったのは上山紘輝(住友電工)。「まだ代表に入って2、3年なのに…」と笑うが、「自分が入った時も小池(祐貴)さん(住友電工)たちが引っ張ってくださっていたので、僕なりにできることをやっていければ」。栁田とともに、初代表メンバーである木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)らと積極的にコミュニケーションを図っていた。

上山は個人の200mでもパリ五輪を狙うが、リスクを負ってでも世界リレーに参戦。「僕はリレーも好きですし、昨年はダイヤモンドリーグ(ロンドン)で出場権を獲得してもブダペスト世界選手権は走れず、アジア大会は銀メダルと、リレーでは悔しい思いをしてきたので」と懸ける思いは強い。

個人200mでは昨年はアジア選手権銅メダル、アジア大会金メダル、と結果を残しているが、22年オレゴン世界選手権予選で出した自己記録(20秒26)は更新できず。パリの参加標準記録(20秒16)を考えれば、世界リレー後のレースでしっかりポイント(5レースの平均)を残していかなくてはならないため「しっかり(残り)3本そろえていきたい」とした。

今回のメンバーに加え、現地では世界選手権100mで2大会連続ファイナリストとなっているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が合流。パリ五輪での金メダル獲得を想定し、世界リレーでしっかりメダル争いを狙いにいく。

世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。 パリ五輪の出場権が懸かる世界リレーに向け、初めて集まった男子4継メンバー。東京五輪リレー補欠で、昨年のブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)はメンバー最年少ながら最も経験豊富な1人で、ムードメーカーとなっていた。 昨年は10秒02をマークしてアジア選手権で優勝。個人の100mでも世界選手権に初出場した。「久しぶりで、レースも出ていなかったので」と、何度かバトンパス練習で渡らない場面も。「今日の映像は全部カットで」と苦笑い。それでも、「回数を重ねていけば問題ないと思っています。本番までにきっちりつながれば」と堂々と話す。 まだ個人ではレースに出ていないが、この後の米国遠征でリレーと個人100mでシーズンインして世界リレーに向かう。昨年は「7月(アジア選手権)にピークが来てしまった」という反省もあり、ややスロー調整で、その分、トレーニングをしっかり積んだ。「ウエイトトレーニングなどもしっかり上がっている」と言い、臀部周りもガッチリ。「それを走りに生かしていきたい」と、個人でも調子を上げていく構えだ。 昨年から2走を務める栁田。今回も2走を務める見込みで、「リレーを走るからには、僕が2走をずっとやっていきたい思いがあります」と言い、本番では「アンカーにハキームさんもいるので、僕がカギになる」と強い気持ちを示した。 25歳ながら“最年長”になったのは上山紘輝(住友電工)。「まだ代表に入って2、3年なのに…」と笑うが、「自分が入った時も小池(祐貴)さん(住友電工)たちが引っ張ってくださっていたので、僕なりにできることをやっていければ」。栁田とともに、初代表メンバーである木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)らと積極的にコミュニケーションを図っていた。 上山は個人の200mでもパリ五輪を狙うが、リスクを負ってでも世界リレーに参戦。「僕はリレーも好きですし、昨年はダイヤモンドリーグ(ロンドン)で出場権を獲得してもブダペスト世界選手権は走れず、アジア大会は銀メダルと、リレーでは悔しい思いをしてきたので」と懸ける思いは強い。 個人200mでは昨年はアジア選手権銅メダル、アジア大会金メダル、と結果を残しているが、22年オレゴン世界選手権予選で出した自己記録(20秒26)は更新できず。パリの参加標準記録(20秒16)を考えれば、世界リレー後のレースでしっかりポイント(5レースの平均)を残していかなくてはならないため「しっかり(残り)3本そろえていきたい」とした。 今回のメンバーに加え、現地では世界選手権100mで2大会連続ファイナリストとなっているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が合流。パリ五輪での金メダル獲得を想定し、世界リレーでしっかりメダル争いを狙いにいく。 世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top