HOME 国内

2024.04.08

セイコーGGP男子100mにサニブラウンが参戦!!2017年以来の出場へ 坂井隆一郎、栁田大輝ら決定
セイコーGGP男子100mにサニブラウンが参戦!!2017年以来の出場へ 坂井隆一郎、栁田大輝ら決定

サニブラウン・アブデル・ハキーム(23年日本選手権)

日本陸連は5月19日に行われるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)の男子100mの出場選手を発表した。

サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)がこの舞台に戻ってくる。2022年オレゴン世界選手権、2023年ブダペスト世界選手権と2大会連続で100mファイナリスト。自己記録は9秒97(日本歴代2位)の日本短距離のエースだ。すでにパリ五輪参加標準記録(10秒00)を突破しているが、世界選手権入賞者のため再び参加標準記録をクリアすれば、その時点で代表に内定し、2大会連続五輪出場(※100mでは初)が決まる。

今年は屋外初戦から10秒02をマークするなど好調。なお、同大会には高3時の16年と翌年の2回出場しており、出場となれば7年ぶりとなる。

また、昨年の日本選手権を制し、ブダペスト世界選手権に出場した坂井隆一郎(大阪ガス)、昨年のアジア選手権を制した同代表の栁田大輝(東洋大)もエントリーした。

海外勢では9秒97の自己記録を持つエマニュエル・マタディー(リベリア)や、18年U20世界選手権でインドネシア初の100m王者となったラル・ムハンマド・ゾーリ、10秒14がベストのティアン・ウェルプトン(ニュージーランド)が出場する。

今後、出場選手が追加される。同大会は世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドで、WAワールドランキングの大会カテゴリー(格づけ)で、日本選手権のBカテゴリーより上のAカテゴリーとなり順位ポイントが高い。今夏のパリ五輪出場権獲得に向けても重要な一戦となる。

日本陸連は5月19日に行われるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)の男子100mの出場選手を発表した。 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)がこの舞台に戻ってくる。2022年オレゴン世界選手権、2023年ブダペスト世界選手権と2大会連続で100mファイナリスト。自己記録は9秒97(日本歴代2位)の日本短距離のエースだ。すでにパリ五輪参加標準記録(10秒00)を突破しているが、世界選手権入賞者のため再び参加標準記録をクリアすれば、その時点で代表に内定し、2大会連続五輪出場(※100mでは初)が決まる。 今年は屋外初戦から10秒02をマークするなど好調。なお、同大会には高3時の16年と翌年の2回出場しており、出場となれば7年ぶりとなる。 また、昨年の日本選手権を制し、ブダペスト世界選手権に出場した坂井隆一郎(大阪ガス)、昨年のアジア選手権を制した同代表の栁田大輝(東洋大)もエントリーした。 海外勢では9秒97の自己記録を持つエマニュエル・マタディー(リベリア)や、18年U20世界選手権でインドネシア初の100m王者となったラル・ムハンマド・ゾーリ、10秒14がベストのティアン・ウェルプトン(ニュージーランド)が出場する。 今後、出場選手が追加される。同大会は世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドで、WAワールドランキングの大会カテゴリー(格づけ)で、日本選手権のBカテゴリーより上のAカテゴリーとなり順位ポイントが高い。今夏のパリ五輪出場権獲得に向けても重要な一戦となる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top