HOME 駅伝

2024.04.03

三井住友海上・片貝洋美が現役引退、黒川円佳は退部 元・京セラの兼友良夏が新加入
三井住友海上・片貝洋美が現役引退、黒川円佳は退部 元・京セラの兼友良夏が新加入

現役を引退した片貝洋美

三井住友海上女子陸上競技部は3月31日付で片貝洋美が引退、黒川円佳が退部したことを発表した。また、昨年末まで京セラに所属していた兼友良夏が加入したことも明らかとなった。

片貝は32歳。群馬・常磐高ではエースとしてトラックや駅伝に活躍し、城西大では関東インカレ5000m入賞などの実績を残している。卒業後はしまむらに入社して3年連続クイーンズ駅伝に出場。18年からは三井住友海上に移籍し、昨年のクイーンズ駅伝でも2区を担った。

広告の下にコンテンツが続きます

黒川は鹿児島県出身の21歳。中学から陸上を始め、神村学園高では1年でインターハイ800mに出場したほか、全国高校駅伝でも3区を走り、チームも優勝を飾った。20年のインターハイ代替大会となった全国高校競技会では3000mで2位と個人でも活躍。実業団では21年のU20日本選手権で1500m、5000mでともに6位の成績を残している。

一方、新加入の兼友は広島県出身の22歳。高校時代までは全国大会の経験はなかったものの、京セラ入社1年目の2000年に3000mで9分06秒08をマークするなど急成長を遂げた。昨年は4月の兵庫リレーカーニバル10000mで日本人トップの3位を占め、鹿児島国体では5000mで8位に入賞し、12月の日本選手権10000mにも初出場を果たしていた。

1991年創部の三井住友海上は、94年に全日本実業団対抗女子駅伝に初出場。04年には土佐礼子(現・アドバイザー)がアテネ五輪女子マラソンで5位入賞を果たし、渋井陽子(現・コーチ)が女子マラソンの日本記録を樹立した。全日本実業団対抗駅伝は大会最多7度の優勝を誇り、昨年まで29回出場している。

三井住友海上女子陸上競技部は3月31日付で片貝洋美が引退、黒川円佳が退部したことを発表した。また、昨年末まで京セラに所属していた兼友良夏が加入したことも明らかとなった。 片貝は32歳。群馬・常磐高ではエースとしてトラックや駅伝に活躍し、城西大では関東インカレ5000m入賞などの実績を残している。卒業後はしまむらに入社して3年連続クイーンズ駅伝に出場。18年からは三井住友海上に移籍し、昨年のクイーンズ駅伝でも2区を担った。 黒川は鹿児島県出身の21歳。中学から陸上を始め、神村学園高では1年でインターハイ800mに出場したほか、全国高校駅伝でも3区を走り、チームも優勝を飾った。20年のインターハイ代替大会となった全国高校競技会では3000mで2位と個人でも活躍。実業団では21年のU20日本選手権で1500m、5000mでともに6位の成績を残している。 一方、新加入の兼友は広島県出身の22歳。高校時代までは全国大会の経験はなかったものの、京セラ入社1年目の2000年に3000mで9分06秒08をマークするなど急成長を遂げた。昨年は4月の兵庫リレーカーニバル10000mで日本人トップの3位を占め、鹿児島国体では5000mで8位に入賞し、12月の日本選手権10000mにも初出場を果たしていた。 1991年創部の三井住友海上は、94年に全日本実業団対抗女子駅伝に初出場。04年には土佐礼子(現・アドバイザー)がアテネ五輪女子マラソンで5位入賞を果たし、渋井陽子(現・コーチ)が女子マラソンの日本記録を樹立した。全日本実業団対抗駅伝は大会最多7度の優勝を誇り、昨年まで29回出場している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top