HOME 国内

2024.03.13

西山雄介「自分でいく勇気や力がありませんでした」東京マラソンペースメーカーの話題に言及
西山雄介「自分でいく勇気や力がありませんでした」東京マラソンペースメーカーの話題に言及

西山雄介(トヨタ自動車)

パリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジだった東京マラソンで、日本人トップの9位で、2時間6分31秒(日本歴代9位)をマークした西山雄介(トヨタ自動車)が自身のSNSを更新。話題となっているペースメーカーについて言及した。

西山は「ペースメーカーのことが色々言われていますが、僕の力不足でしかありません」と綴る。当日のペースメーカーについては、ペースが安定しなかったことや、給水で立ち止まったことなどが議論されている。

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪の出場に向けて2時間5分50秒が必要で、そこに届かなかったが、「日本記録を樹立した前田さんのように自分でいく勇気や力が僕にはありませんでした」と、大阪国際女子マラソンの前田穂南(天満屋)がペースメーカーより前に出て仕掛けたことを例に出す。

その上で、「確かに想定より遅いとは思いましたが、ペースメーカーが悪いなどと一切思っていません。ペースメーカーをしてくれた選手には感謝しています」と綴っている。

西山はレース後の会見でも「前半は少し遅く感じてハーフは62分20秒くらいで行ってほしかったのは率直な気持ちでしたが、仕方ないと割り切ってペースメーカーが外れてから積極的なレースをするように心掛けました」とし、「予想外でしたが、そこで焦って見失っては元も子もない」とペースメーカーを理由にすることはなかった。

日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)はレース後のミックスゾーンで、自らペースメーカーについて話すことはなかった。記者に「ペースの上げ下げがあったのかと思うがいかがか」「他の選手から、鈴木選手がレース中に『ペースを戻してほしいと声をかけていた』と言っていたが」と聞かれた際にこう答えている。

広告の下にコンテンツが続きます

「前半、割とペースがゆったりめで入ったので、設定タイム(2時間5分50秒)で行ってほしいというふうに周囲の人と言っていて、(少し前に出たのも)そこにチャレンジしないと日本人1番でも価値のないものになってしまうので、最初からそのタイムで行けないのは違うと思って意識しました。(1km)2分58秒ペースと聞いていたので、これはタイム通りなのかなとは思っていましたが、結局力がなかった。僕は最後までついていけなかったので…」

実際、ペースはやや遅くなった部分はあったが、高岡寿成シニアディレクターも「レースはなまもの。ペースメーカーにはペースメーカーの役割があるが、思っている通りに進むことはない。その中でどう対応するかが必要で、選手の感覚で勝負するのがおもしろいところ」と話していた。

一つ言えるのは、いずれの選手も、決してペースメーカーをいいわけにすることはなかった。メディア側がその話題を引き出すことは必要だが、その部分だけを強調する報じ方はするべきではないのではないだろうか。

パリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジだった東京マラソンで、日本人トップの9位で、2時間6分31秒(日本歴代9位)をマークした西山雄介(トヨタ自動車)が自身のSNSを更新。話題となっているペースメーカーについて言及した。 西山は「ペースメーカーのことが色々言われていますが、僕の力不足でしかありません」と綴る。当日のペースメーカーについては、ペースが安定しなかったことや、給水で立ち止まったことなどが議論されている。 パリ五輪の出場に向けて2時間5分50秒が必要で、そこに届かなかったが、「日本記録を樹立した前田さんのように自分でいく勇気や力が僕にはありませんでした」と、大阪国際女子マラソンの前田穂南(天満屋)がペースメーカーより前に出て仕掛けたことを例に出す。 その上で、「確かに想定より遅いとは思いましたが、ペースメーカーが悪いなどと一切思っていません。ペースメーカーをしてくれた選手には感謝しています」と綴っている。 西山はレース後の会見でも「前半は少し遅く感じてハーフは62分20秒くらいで行ってほしかったのは率直な気持ちでしたが、仕方ないと割り切ってペースメーカーが外れてから積極的なレースをするように心掛けました」とし、「予想外でしたが、そこで焦って見失っては元も子もない」とペースメーカーを理由にすることはなかった。 日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)はレース後のミックスゾーンで、自らペースメーカーについて話すことはなかった。記者に「ペースの上げ下げがあったのかと思うがいかがか」「他の選手から、鈴木選手がレース中に『ペースを戻してほしいと声をかけていた』と言っていたが」と聞かれた際にこう答えている。 「前半、割とペースがゆったりめで入ったので、設定タイム(2時間5分50秒)で行ってほしいというふうに周囲の人と言っていて、(少し前に出たのも)そこにチャレンジしないと日本人1番でも価値のないものになってしまうので、最初からそのタイムで行けないのは違うと思って意識しました。(1km)2分58秒ペースと聞いていたので、これはタイム通りなのかなとは思っていましたが、結局力がなかった。僕は最後までついていけなかったので…」 実際、ペースはやや遅くなった部分はあったが、高岡寿成シニアディレクターも「レースはなまもの。ペースメーカーにはペースメーカーの役割があるが、思っている通りに進むことはない。その中でどう対応するかが必要で、選手の感覚で勝負するのがおもしろいところ」と話していた。 一つ言えるのは、いずれの選手も、決してペースメーカーをいいわけにすることはなかった。メディア側がその話題を引き出すことは必要だが、その部分だけを強調する報じ方はするべきではないのではないだろうか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top