HOME 国内

2024.03.11

鈴木亜由子が地元で激走!終盤猛追で自己新3位「出し切りました」今後については…/名古屋ウィメンズマラソン
鈴木亜由子が地元で激走!終盤猛追で自己新3位「出し切りました」今後については…/名古屋ウィメンズマラソン

24年名古屋ウィメンズマラソン3位の鈴木亜由子

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤフィニッシュ)

パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「生半可な気持ちではダメだなと逆に気持ちが固まったというか、やるしかないなという境地になったのが良かったかなと思います」

大会2日前の会見で東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は「攻めの走り」をする決意を語っていた。

大阪国際女子マラソンで前田穂南(天満屋)が2時間18分59秒の日本記録を樹立。パリ五輪を引き寄せるためには、MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間21分41秒)の突破だけでなく、『日本新記録』が必要になったからだ。

「新しい自分を見せられるように頑張りたい」と話していた鈴木は先頭集団でレースを進める。10kmを33分06秒で通過すると、スペシャルドリンクを取れず、ゼネラルの給水も失敗。それでも加世田梨花(ダイハツ)から水のペットボトルを受け取り、中間点を1時間9分57秒で通過した。

広告の下にコンテンツが続きます

「今日は中盤まで余裕を持っていきたかったんですけど、中間点の少し前ぐらいからきつくなりました」と鈴木。25km過ぎに先頭集団から引き離された。

「最後までゴールできるのか。そんな不安もあったんですけど、これまで練習してきたことを信じて走りました」

30kmの通過(1時間39分43秒)では海外勢のトップ集団と40秒差、安藤友香(ワコール)と加世田にも10秒差をつけられるも、鈴木は終盤に強さを発揮する。「とにかく進めるだけでした」と、一歩一歩に力を込めた。

35kmからの5kmを17分08秒で走破して、39km付近で加世田を抜いて3位に浮上。その後も、安藤とユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)の背中に迫っていく。最終的には日本歴代9位となる2時間21分33秒の3位でフィニッシュに飛び込んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

地元で見せた激走。「自分を育ててくれましたし、でいつまで経っても童心に戻れて、甘えさせてくれる純粋に頑張れる場所です」という大声援も力に変えた。

「結果にもう少しつなげたかったんですけど、精一杯出し切りました。応援してくれる皆さんがいたから頑張れたと思います」。パリ五輪代表には届かなかったが、その表情は晴れやかだった。

今後については「ちょっと今は考えられない」と明言はしなかったものの、再び“亜由子スマイル”が見られる日を多くの人が待っている。

文/酒井政人

広告の下にコンテンツが続きます
◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤフィニッシュ) パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。 「生半可な気持ちではダメだなと逆に気持ちが固まったというか、やるしかないなという境地になったのが良かったかなと思います」 大会2日前の会見で東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は「攻めの走り」をする決意を語っていた。 大阪国際女子マラソンで前田穂南(天満屋)が2時間18分59秒の日本記録を樹立。パリ五輪を引き寄せるためには、MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間21分41秒)の突破だけでなく、『日本新記録』が必要になったからだ。 「新しい自分を見せられるように頑張りたい」と話していた鈴木は先頭集団でレースを進める。10kmを33分06秒で通過すると、スペシャルドリンクを取れず、ゼネラルの給水も失敗。それでも加世田梨花(ダイハツ)から水のペットボトルを受け取り、中間点を1時間9分57秒で通過した。 「今日は中盤まで余裕を持っていきたかったんですけど、中間点の少し前ぐらいからきつくなりました」と鈴木。25km過ぎに先頭集団から引き離された。 「最後までゴールできるのか。そんな不安もあったんですけど、これまで練習してきたことを信じて走りました」 30kmの通過(1時間39分43秒)では海外勢のトップ集団と40秒差、安藤友香(ワコール)と加世田にも10秒差をつけられるも、鈴木は終盤に強さを発揮する。「とにかく進めるだけでした」と、一歩一歩に力を込めた。 35kmからの5kmを17分08秒で走破して、39km付近で加世田を抜いて3位に浮上。その後も、安藤とユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)の背中に迫っていく。最終的には日本歴代9位となる2時間21分33秒の3位でフィニッシュに飛び込んだ。 地元で見せた激走。「自分を育ててくれましたし、でいつまで経っても童心に戻れて、甘えさせてくれる純粋に頑張れる場所です」という大声援も力に変えた。 「結果にもう少しつなげたかったんですけど、精一杯出し切りました。応援してくれる皆さんがいたから頑張れたと思います」。パリ五輪代表には届かなかったが、その表情は晴れやかだった。 今後については「ちょっと今は考えられない」と明言はしなかったものの、再び“亜由子スマイル”が見られる日を多くの人が待っている。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top