HOME 国内

2024.03.10

鈴木亜由子は意地の日本歴代9位2時間21分33秒!「挑戦できたこと、支えてくださった方に感謝でいっぱい」/名古屋ウィメンズマラソン
鈴木亜由子は意地の日本歴代9位2時間21分33秒!「挑戦できたこと、支えてくださった方に感謝でいっぱい」/名古屋ウィメンズマラソン

鈴木は中盤で先頭集団から離れたものの、最後まで粘り、日本歴代9位のタイムをマーク

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤ前フィニッシュ)

パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

2時間21分25秒で2位のユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に続き、3位でフィニッシュ地点にやってきたのが鈴木亜由子(日本郵政グループ)。東京五輪に続くマラソンでのパリ五輪出場には届かない。だが、全力でフィニッシュラインを駆け抜け、日本歴代9位の2時間21分33秒をマーク。昨年のこの大会で出した自己記録(2時間21分52秒)を19秒塗り替えた。

直後のインタビューで、涙をこらえ「応援ありがとうございました」と地元の大声援への感謝の言葉を真っ先に口にした。そして、「設定記録を突破して日本人トップでゴールする」という目標に届かず、「力不足で悔しい」と続ける。

2日前の会見では、「ハイペースで押していかないといけない。最後まで持つ脚作りを徹底的に限られた中でやってきました。質という部分でこれまで以上に高い」と話すほど、十分の準備をして臨んだはずだった。だが、25km過ぎに先頭集団から後退。タイムはもちろん、安藤友香(ワコール)、加世田梨花(ダイハツ)の日本人同士の争いからも遅れをとる。

それでも、鈴木はあきらめない。沿道に詰めかけたファンからの大声援も背中を押す。「中盤で離れてしまったけど、情けないというかもどかしい気持ちでいっぱいだったけど、応援のお陰で力を出し切ろうと思って走ることができた」。粘りに粘り、39km手前で加世田をかわして3位に浮上する意地を見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

中学生時代から世代トップをひた走ってきた鈴木。16年リオ五輪にはトラックで、そして21年東京五輪にはマラソンで、2大会連続オリンピックの舞台に立った。力を発揮できなかった2大会の雪辱を期し、「もう一度オリンピックに出場して自分の力を出したい思いがあります」と臨んだ今大会だった。

「やることはやって来られたので、挑戦できたこと、そして支えてくださった方に感謝の気持ちでいっぱいです」

悔しさを胸に、そう語った鈴木。そして「私が本当に力をいただきました。本当にありがとうございました」と締めくくった。

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤ前フィニッシュ) パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。 2時間21分25秒で2位のユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に続き、3位でフィニッシュ地点にやってきたのが鈴木亜由子(日本郵政グループ)。東京五輪に続くマラソンでのパリ五輪出場には届かない。だが、全力でフィニッシュラインを駆け抜け、日本歴代9位の2時間21分33秒をマーク。昨年のこの大会で出した自己記録(2時間21分52秒)を19秒塗り替えた。 直後のインタビューで、涙をこらえ「応援ありがとうございました」と地元の大声援への感謝の言葉を真っ先に口にした。そして、「設定記録を突破して日本人トップでゴールする」という目標に届かず、「力不足で悔しい」と続ける。 2日前の会見では、「ハイペースで押していかないといけない。最後まで持つ脚作りを徹底的に限られた中でやってきました。質という部分でこれまで以上に高い」と話すほど、十分の準備をして臨んだはずだった。だが、25km過ぎに先頭集団から後退。タイムはもちろん、安藤友香(ワコール)、加世田梨花(ダイハツ)の日本人同士の争いからも遅れをとる。 それでも、鈴木はあきらめない。沿道に詰めかけたファンからの大声援も背中を押す。「中盤で離れてしまったけど、情けないというかもどかしい気持ちでいっぱいだったけど、応援のお陰で力を出し切ろうと思って走ることができた」。粘りに粘り、39km手前で加世田をかわして3位に浮上する意地を見せた。 中学生時代から世代トップをひた走ってきた鈴木。16年リオ五輪にはトラックで、そして21年東京五輪にはマラソンで、2大会連続オリンピックの舞台に立った。力を発揮できなかった2大会の雪辱を期し、「もう一度オリンピックに出場して自分の力を出したい思いがあります」と臨んだ今大会だった。 「やることはやって来られたので、挑戦できたこと、そして支えてくださった方に感謝の気持ちでいっぱいです」 悔しさを胸に、そう語った鈴木。そして「私が本当に力をいただきました。本当にありがとうございました」と締めくくった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top