HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

タスキをつなぐ国士大の4区・西田と5区・山本

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

広告の下にコンテンツが続きます

●国士大
総合12位(往路11位、復路15位) 11時間01分52秒
監督:小川博之

1区 山本龍神(4年) 区間22位
(1)ハイペースで進み後半がすごくきつかったです。自分の走りはダメダメで、他のみんなが頑張ってくれてシード権争いができました。
(2)――
(3)「最後だろ、意地見せろ!」
(4)シード権争いをして取りきれなかった悔しさを経験したので、それを無駄にすることなく来年シード権を取るために頑張ってほしいです。

2区 ピーター・カマウ(3年) 区間17位
(1)楽しかった。ハードコースでトレーニングすることで完璧なパフォーマンスができるようになりました。
(2)私は毎日納豆を1パック食べているからこそ素晴らしい結果が得られています。
(3)「アンガス・ハ・ミコノ」意味は、腕をリラックスしてください
(4)頑張ります。

3区 生駒直幸(2年) 区間12位
(1)海岸線沿いに出てからの直線がきつくて、一緒に走る人がいたから良かったですが、1人だったらもっとペースが落ちていたと思います。自分たちのチームは持ちタイムがなく、自信がない人が多かったです。その中でも監督は良い練習ができてるから戦えるとずっと言ってくださっていました。それを体現する走りをほとんどの人ができたと感じます。ウチのチームはもっと強くなれると感じました。
(2)兄が沿道で応援してくれていたこと
(3)「終わったら乃木坂46のライブが待ってる」遠慮なく行かせていただきます、と気合が入って自分の走りができました。
(4)来年はシード権を取りたいじゃなくて、取るという覚悟に変わりました。次は3年生になりますが、チームを統率して引き上げていきたいです。

広告の下にコンテンツが続きます

4区 西田大智(3年) 区間10位
(1)15km以降は平地と上りになるため、前半の10kmでどれだけ稼げるかを考えて走りました。個人・チームともに周りから期待はあまりされていないかった中で、少しは見返すことができたのかなと思います。
(2)自分の付き添いの選手が当日になって替わった。
(3)「来年キャプテンなんだからここしっかり走るぞ」きつくなったところで責任感を感じて頑張らなきゃと思えました。
(4)来年度は今年以上の結果を求められてくる中で、もうワンランク上のシード権獲得を目標にやっていきたいです。

5区 山本雷我(4年) 区間7位
(1)最初から最後まできついので気合がポイントです。久しぶりに駅伝ができました。また、主将の走りができたと思います。
(2)寒すぎて意識が飛びかけてて覚えていないですが、レースのあと往路の選手が泣きながらありがとう、感動したといってくれました。
(3)「1年間ケガで苦しんだぶん主将の意地見せるよ」
(4)自分が主将をしたチームを超えてほしい。

6区 勝部愛大(2年) 区間18位
(1)箱根湯本からのラスト3kmがきつかったので、気持ちで出し切ることがポイントでした。ただ、個人としては力不足。シード権が狙える位置で走れたこと、自分より強い相手しかいない中で自信を持ってスタートラインに立てたことは次につながると思います。
(2)――
(3)「気持ち見せてみろ」ラストのきついところでその言葉をかけられ、あきらめずに最後まで走ることができたから。
(4)シード権獲得

7区 瀬川翔誠(2年) 区間11位
(1)全部きついので攻略法があるなら逆に教えてほしいです。ただ、他の選手と競い合い、良い流れで走ることができました。
(2)緊張し過ぎて朝食をほとんど食べることができていなかった。
(3)「リラックスしていこう。腕を一回ダラっと落として」高揚した気持ちを落ち着かせて、冷静に走ることができました。
(4)過度なツーブロックはしません。

広告の下にコンテンツが続きます

8区 生田目惇(3年) 区間13位
(1)個人、チームともにまだまだ力が足りなかったです。遊行寺の坂がきつく、上れる筋力と気合が必要だと感じました。
(2)前日シフォンケーキ食べた
(3)「お前のあこがれた舞台だ」 序盤で耳に入ってきました。
(4)また8区を走ってリベンジしたいです。

9区 川勝悠雅(2年) 区間13位
(1)少しは戦えました。5kmを過ぎてからの上りがきつかったです。
(2)だいぶ体重が重かった。
(3)「おいしい物食べれるぞ!」
(4)シード権を取る。

10区 鈴木伸弥(3年) 区間15位
(1)ビル街に入ってからの風がきつかったです。一気にペースが下がるから前半は落ち着いて入るのがポイント。状態が万全ではない中では最低限の走りができました。チームとしてシード権狙える位置でみんながつないできてくれたところでシード権内に持っていかなかったことは悔しいです。
(2)走り終わってから頭痛い、お腹痛い、足痛い、身体だるいの負の連鎖
(3)「頼むぞ!」
(4)来年は確実にシード権を獲得します。

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●国士大 総合12位(往路11位、復路15位) 11時間01分52秒 監督:小川博之 1区 山本龍神(4年) 区間22位 (1)ハイペースで進み後半がすごくきつかったです。自分の走りはダメダメで、他のみんなが頑張ってくれてシード権争いができました。 (2)―― (3)「最後だろ、意地見せろ!」 (4)シード権争いをして取りきれなかった悔しさを経験したので、それを無駄にすることなく来年シード権を取るために頑張ってほしいです。 2区 ピーター・カマウ(3年) 区間17位 (1)楽しかった。ハードコースでトレーニングすることで完璧なパフォーマンスができるようになりました。 (2)私は毎日納豆を1パック食べているからこそ素晴らしい結果が得られています。 (3)「アンガス・ハ・ミコノ」意味は、腕をリラックスしてください (4)頑張ります。 3区 生駒直幸(2年) 区間12位 (1)海岸線沿いに出てからの直線がきつくて、一緒に走る人がいたから良かったですが、1人だったらもっとペースが落ちていたと思います。自分たちのチームは持ちタイムがなく、自信がない人が多かったです。その中でも監督は良い練習ができてるから戦えるとずっと言ってくださっていました。それを体現する走りをほとんどの人ができたと感じます。ウチのチームはもっと強くなれると感じました。 (2)兄が沿道で応援してくれていたこと (3)「終わったら乃木坂46のライブが待ってる」遠慮なく行かせていただきます、と気合が入って自分の走りができました。 (4)来年はシード権を取りたいじゃなくて、取るという覚悟に変わりました。次は3年生になりますが、チームを統率して引き上げていきたいです。 4区 西田大智(3年) 区間10位 (1)15km以降は平地と上りになるため、前半の10kmでどれだけ稼げるかを考えて走りました。個人・チームともに周りから期待はあまりされていないかった中で、少しは見返すことができたのかなと思います。 (2)自分の付き添いの選手が当日になって替わった。 (3)「来年キャプテンなんだからここしっかり走るぞ」きつくなったところで責任感を感じて頑張らなきゃと思えました。 (4)来年度は今年以上の結果を求められてくる中で、もうワンランク上のシード権獲得を目標にやっていきたいです。 5区 山本雷我(4年) 区間7位 (1)最初から最後まできついので気合がポイントです。久しぶりに駅伝ができました。また、主将の走りができたと思います。 (2)寒すぎて意識が飛びかけてて覚えていないですが、レースのあと往路の選手が泣きながらありがとう、感動したといってくれました。 (3)「1年間ケガで苦しんだぶん主将の意地見せるよ」 (4)自分が主将をしたチームを超えてほしい。 6区 勝部愛大(2年) 区間18位 (1)箱根湯本からのラスト3kmがきつかったので、気持ちで出し切ることがポイントでした。ただ、個人としては力不足。シード権が狙える位置で走れたこと、自分より強い相手しかいない中で自信を持ってスタートラインに立てたことは次につながると思います。 (2)―― (3)「気持ち見せてみろ」ラストのきついところでその言葉をかけられ、あきらめずに最後まで走ることができたから。 (4)シード権獲得 7区 瀬川翔誠(2年) 区間11位 (1)全部きついので攻略法があるなら逆に教えてほしいです。ただ、他の選手と競い合い、良い流れで走ることができました。 (2)緊張し過ぎて朝食をほとんど食べることができていなかった。 (3)「リラックスしていこう。腕を一回ダラっと落として」高揚した気持ちを落ち着かせて、冷静に走ることができました。 (4)過度なツーブロックはしません。 8区 生田目惇(3年) 区間13位 (1)個人、チームともにまだまだ力が足りなかったです。遊行寺の坂がきつく、上れる筋力と気合が必要だと感じました。 (2)前日シフォンケーキ食べた (3)「お前のあこがれた舞台だ」 序盤で耳に入ってきました。 (4)また8区を走ってリベンジしたいです。 9区 川勝悠雅(2年) 区間13位 (1)少しは戦えました。5kmを過ぎてからの上りがきつかったです。 (2)だいぶ体重が重かった。 (3)「おいしい物食べれるぞ!」 (4)シード権を取る。 10区 鈴木伸弥(3年) 区間15位 (1)ビル街に入ってからの風がきつかったです。一気にペースが下がるから前半は落ち着いて入るのがポイント。状態が万全ではない中では最低限の走りができました。チームとしてシード権狙える位置でみんながつないできてくれたところでシード権内に持っていかなかったことは悔しいです。 (2)走り終わってから頭痛い、お腹痛い、足痛い、身体だるいの負の連鎖 (3)「頼むぞ!」 (4)来年は確実にシード権を獲得します。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top