HOME 国内

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー
髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

髙橋渚(センコー)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日本歴代8位の1m87をマークして2位に入った。

髙橋のこれまでの自己ベストは、2月4日の日本選手権室内でマークした1m86で、1cm更新した。髙橋は1m72、1m77を1回で成功したあと、1m81は2回目でクリア。1m84を1回で跳ぶと、1m87も1回目で越えた。その後、今季の目標に掲げた1m90は失敗したが、今月2度目となる自己記録を塗り替えた。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、男子走高跳では22年世界選手権8位の真野友博(九電工)が2m27で優勝。2位には衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)が2m24で続き、3位は2m20で瀬古優斗(滋賀陸協)が入るなど、6位までを日本勢が占めた。

男子100mは本郷汰樹(オノテック)が10秒22(+1.3)でV。200mは日本勢が男女ともに追い風参考ながら自己記録を上回るパフォーマンスで制し、男子は西裕大(早大)が20秒55(+3.5)、女子は鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が23秒06(+3.3)だった。

このほか、男子ハンマー投で福田翔大(日大院)が67m31で、女子100mハードルは清山ちさと(いちご)が13秒21(+1.5)で、女子三段跳は髙島真織子(九電工)が13m70(+1.9)でそれぞれ優勝している。

また、女子走幅跳では竹内真弥(ミズノ)が追い風参考ながら自己記録を10cm上回る6m43(+2.5)で2位。男子円盤投は湯上剛輝(トヨタ自動車)が59m24を放って5位だった。

広告の下にコンテンツが続きます
世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日本歴代8位の1m87をマークして2位に入った。 髙橋のこれまでの自己ベストは、2月4日の日本選手権室内でマークした1m86で、1cm更新した。髙橋は1m72、1m77を1回で成功したあと、1m81は2回目でクリア。1m84を1回で跳ぶと、1m87も1回目で越えた。その後、今季の目標に掲げた1m90は失敗したが、今月2度目となる自己記録を塗り替えた。 このほか、男子走高跳では22年世界選手権8位の真野友博(九電工)が2m27で優勝。2位には衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)が2m24で続き、3位は2m20で瀬古優斗(滋賀陸協)が入るなど、6位までを日本勢が占めた。 男子100mは本郷汰樹(オノテック)が10秒22(+1.3)でV。200mは日本勢が男女ともに追い風参考ながら自己記録を上回るパフォーマンスで制し、男子は西裕大(早大)が20秒55(+3.5)、女子は鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が23秒06(+3.3)だった。 このほか、男子ハンマー投で福田翔大(日大院)が67m31で、女子100mハードルは清山ちさと(いちご)が13秒21(+1.5)で、女子三段跳は髙島真織子(九電工)が13m70(+1.9)でそれぞれ優勝している。 また、女子走幅跳では竹内真弥(ミズノ)が追い風参考ながら自己記録を10cm上回る6m43(+2.5)で2位。男子円盤投は湯上剛輝(トヨタ自動車)が59m24を放って5位だった。

日本勢の成績をチェック

【男子】 ●100m(+1.3) 1位 本郷汰樹(オノテック)10秒22 2位 藤原寛人(中大)10秒50 ●200m(+3.5) 1位 西裕大(早大)20秒55 2位 山下潤(ANA)20秒78 6位 藤原寛人(中大)21秒33 ●110mH(+2.0) 1位 阿部竜希(順大) 13秒71 2位 西徹朗(早大)13秒73 [adinserter block="4"] ●走高跳 1位 真野友博(九電工)2m27 2位 衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)2m24 3位 瀬古優斗(滋賀陸協)2m20 4位 長谷川直人(新潟アルビレックスRC)2m16 5位 勝田将(三重教員AC)2m11 6位 佐藤凌(タカトミクラブ) ●走幅跳 2位 津波響樹(大塚製薬)7m62(+2.4) 3位 藤原孝輝(東洋大)7m60(+2.3) ●三段跳 5位 山下祐樹(富士防)16m11(+2.6) ●円盤投 5位 湯上剛輝(トヨタ自動車)59m23 ●ハンマー投 1位 福田翔大(日大院)67m31 [adinserter block="4"] 【女子】 ●100m(+2.5) 2位 兒玉芽生(ミズノ)11秒52 4位 君嶋亜梨沙(土木管理総合)11秒66 ●200m(+3.3) 1位 鶴田玲美(南九州ファミリーマート)23秒06 ●100mH(+1.5) 1位 清山ちさと(いちご)13秒21 ●走高跳 2位 髙橋渚(センコー)1m87 ●走幅跳 3位 竹内真弥(ミズノ)6m43(+2.5) 5位 髙良彩花(JAL)6m09(+2.3) [adinserter block="4"] ●三段跳 1位 髙島真織子(九電工)13m70(+1.9) ●円盤投 8位 山本実果(コンドーテック)47m69 9位 辻川美乃利(内田洋行AC)46m70 10位 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)46m23 ●ハンマー投 3位 村上来花(九州共立大)60m51

女子走高跳 日本歴代10傑

■女子走高跳 日本歴代10傑 1.96 今井美希(ミズノ) 2001. 9.15 1.95 佐藤恵(福岡大) 1987. 5.17 1.95 太田陽子(ミキハウス) 2002. 7.21 1.93 福光久代(大昭和製紙) 1981. 6. 7 1.92 青山幸(吹田一中教) 2004. 7. 3 1.90 八木たまみ(関東学園大) 1978.10.19 1.90 貞廣千波(中京女大) 1994.11. 2 1.87 髙橋渚(センコー) 2024. 2.24 1.86 松井昌美(桃山高教) 1988. 7. 9 1.86 岩切麻衣湖(プレジャー企画) 2001. 5.26

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top