HOME 国内、日本代表

2024.02.20

60m多田修平が6秒56で銀メダル! 七種競技の丸山優真は2連覇 走高跳は赤松、瀬古がワンツー/アジア室内
60m多田修平が6秒56で銀メダル! 七種競技の丸山優真は2連覇 走高跳は赤松、瀬古がワンツー/アジア室内

多田修平(住友電工)

◇アジア室内選手権(2月17~19日/イラン・テヘラン)3日目

2月19日、第11回アジア室内選手権の3日目の午後セッションが行われ、男子60mの多田修平(住友電工)は6秒56で銀メダルを獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

前日の準決勝で日本タイ記録の6秒53をマークしていた多田。決勝ではさらなる記録更新を狙い、抜群のスタートで飛び出すと序盤をリードを奪う。しかし、準決勝で6秒50をマークしているアリ・アンワル・アリ・アル・バルシ(オマーン)がフィニッシュ直前に多田をかわし、6秒52で優勝。0.04秒差で多田が入り、6秒66の3位には100mで10秒28の北朝鮮記録を持つジョ・キムリョンが続いた。

多田は1月の世界陸連室内ツアー・ゴールドのアスタナ室内でも6秒58で2位に入っており、室内競技会でワールドランキングに必要なポイントを大きく加点している。

男子走高跳は昨年のブダペスト世界選手権8位入賞の赤松諒一(アワーズ)が2m19で大会連覇を達成。瀬古優斗(滋賀陸協)も同じ2m19を跳んだが、2m15での試技内容差で銀メダルとなった。

前日から2日間にわたって行われた男子七種競技は、丸山優真(住友電工)が圧倒的な強さで大会連覇。7種目中6種目でトップを占め、2位に414点差をつける5767点を獲得している。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)が15m88で4位。男子3000mの吉居駿恭(中大)が8分20秒34で5位となった。

アジア室内は3日間の全日程が終了。日本勢は金メダル3、銀メダル4、銅メダル1と計8個のメダルを獲得した。

◇アジア室内選手権(2月17~19日/イラン・テヘラン)3日目 2月19日、第11回アジア室内選手権の3日目の午後セッションが行われ、男子60mの多田修平(住友電工)は6秒56で銀メダルを獲得した。 前日の準決勝で日本タイ記録の6秒53をマークしていた多田。決勝ではさらなる記録更新を狙い、抜群のスタートで飛び出すと序盤をリードを奪う。しかし、準決勝で6秒50をマークしているアリ・アンワル・アリ・アル・バルシ(オマーン)がフィニッシュ直前に多田をかわし、6秒52で優勝。0.04秒差で多田が入り、6秒66の3位には100mで10秒28の北朝鮮記録を持つジョ・キムリョンが続いた。 多田は1月の世界陸連室内ツアー・ゴールドのアスタナ室内でも6秒58で2位に入っており、室内競技会でワールドランキングに必要なポイントを大きく加点している。 男子走高跳は昨年のブダペスト世界選手権8位入賞の赤松諒一(アワーズ)が2m19で大会連覇を達成。瀬古優斗(滋賀陸協)も同じ2m19を跳んだが、2m15での試技内容差で銀メダルとなった。 前日から2日間にわたって行われた男子七種競技は、丸山優真(住友電工)が圧倒的な強さで大会連覇。7種目中6種目でトップを占め、2位に414点差をつける5767点を獲得している。 このほか、男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)が15m88で4位。男子3000mの吉居駿恭(中大)が8分20秒34で5位となった。 アジア室内は3日間の全日程が終了。日本勢は金メダル3、銀メダル4、銅メダル1と計8個のメダルを獲得した。

【動画】男子60m決勝

(多田は手前から2人目の2レーン。3レーンが優勝のアル・バルシ)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top