HOME 国内

2024.02.15

名古屋ウィメンズマラソンの招待選手発表 パリへのラストチャンスに鈴木亜由子、細田あい、加世田梨花、安藤友香らが参戦
名古屋ウィメンズマラソンの招待選手発表 パリへのラストチャンスに鈴木亜由子、細田あい、加世田梨花、安藤友香らが参戦

名古屋ウィメンズマラソンにエントリーした細田あいと鈴木亜由子

日本陸連は2月15日、愛知県名古屋市で行われる名古屋ウィメンズマラソン(3月10日)の招待選手を発表した。招待選手は国内6人、海外7人の計13人。今大会はパリ五輪のマラソン代表選考を懸けたMGCファイナルチャレンジの女子最終戦として行われる。

国内招待選手には東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)やMGC3位の細田あい(エディオン)らが招待選手として登録された。

広告の下にコンテンツが続きます

鈴木は昨秋のMGCでは2時間31分33秒の12位に敗れたが、前回大会で自己記録(2時間21分52秒)を出した名古屋で3大会連続の五輪代表を目指す。また、細田は4回目となる名古屋に挑む。

このほか、2時間21分台のベストを持つ加世田梨花(ダイハツ)や安藤友香(ワコール)もエントリー。昨年の大阪で2時間23分08秒をマークし、日本人トップとなった渡邉桃子(天満屋)、杭州アジア大会マラソン代表の大西ひかり(日本郵政グループ)も出場を予定している。

海外勢では22年世界選手権金メダリストのゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア)、23年ロッテルダム優勝者のユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)らが登録された。

パリ五輪の女子マラソン代表選考は昨年のMGCで優勝した鈴木優花(第一生命グループ)、と2位の一山麻緒(資生堂)が代表に内定。残る1枠は現時点で1月の大阪国際女子で2時間18分59秒の日本記録を樹立した前田穂南(天満屋)が内定条件をクリアしている。

広告の下にコンテンツが続きます

名古屋ウィメンズマラソンに出場する選手がパリ五輪代表となるには日本人最上位で前田の日本記録を上回ることが必要となる。

レースはバンテリンドームナゴヤを発着点とするコースで実施。3月10日の午前9時10分にスタートする。

日本陸連は2月15日、愛知県名古屋市で行われる名古屋ウィメンズマラソン(3月10日)の招待選手を発表した。招待選手は国内6人、海外7人の計13人。今大会はパリ五輪のマラソン代表選考を懸けたMGCファイナルチャレンジの女子最終戦として行われる。 国内招待選手には東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)やMGC3位の細田あい(エディオン)らが招待選手として登録された。 鈴木は昨秋のMGCでは2時間31分33秒の12位に敗れたが、前回大会で自己記録(2時間21分52秒)を出した名古屋で3大会連続の五輪代表を目指す。また、細田は4回目となる名古屋に挑む。 このほか、2時間21分台のベストを持つ加世田梨花(ダイハツ)や安藤友香(ワコール)もエントリー。昨年の大阪で2時間23分08秒をマークし、日本人トップとなった渡邉桃子(天満屋)、杭州アジア大会マラソン代表の大西ひかり(日本郵政グループ)も出場を予定している。 海外勢では22年世界選手権金メダリストのゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア)、23年ロッテルダム優勝者のユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)らが登録された。 パリ五輪の女子マラソン代表選考は昨年のMGCで優勝した鈴木優花(第一生命グループ)、と2位の一山麻緒(資生堂)が代表に内定。残る1枠は現時点で1月の大阪国際女子で2時間18分59秒の日本記録を樹立した前田穂南(天満屋)が内定条件をクリアしている。 名古屋ウィメンズマラソンに出場する選手がパリ五輪代表となるには日本人最上位で前田の日本記録を上回ることが必要となる。 レースはバンテリンドームナゴヤを発着点とするコースで実施。3月10日の午前9時10分にスタートする。

名古屋ウィメンズマラソンのエントリー選手

■招待選手 細田あい(エディオン) 鈴木亜由子(日本郵政グループ) 加世田梨花(ダイハツ) 安藤友香(ワコール) 渡邉桃子(天満屋) 大西ひかり(日本郵政グループ) [adinserter block="4"]ゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア) ユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン) デルバインレリン・メリンガー(ルーマニア) ビオラ・チェプトゥー(ケニア) ジョバンナ・エピス(イタリア) エロイーズ・ウェリングズ(豪州) カミール・フレンチ(ニュージーランド) [adinserter block="4"]■エリートの部 李芷萱(中国) 森田香織(パナソニック パウリン・カムル(ルートインホテルズ) 唐沢ゆり(九電工) 棚池穂乃香(大塚製薬) 筒井咲帆(ヤマダホールディングス) 夏雨雨(中国) 竹山楓菜(センコー) 中村優希(パナソニック) ビバリー・ラモス(プエルトリコ) 光恒悠里(十八親和銀行) 李井芬(中国) 曹純玉(東京陸協) [adinserter block="4"]朝比奈亜妃乃(センコー) 大森菜月(ダイハツ) 和田優香里(センコー) アビゲール・ノードバーグ(豪州) 澤畠朋美(埼玉陸協) 藤澤舞(札幌エクセルAC) 大塚英梨子(キヤノン) 吉田香澄(愛知電機) 永友優雅(南島原市陸協) ロージーイザベル・ウェバー(豪州) デビールイーズ・ドナルド(ニュージーランド) 清宮由香里(甲府市陸協) 古賀夕貴(庄内RT) 廣川風佳(OBRS) [adinserter block="4"]小柳美王(大阪長居AC) 小澤瑠里子(PTC) 菊地優子(しまむら) 豊田由希(愛媛銀行) 中村瑠花(SNOW) 秋山穂乃果(長野県警察) 安川沙弥香(awake) 川﨑由理奈(RUNARX) 南口冴香(サウルスジャパン) 駒形陽子(ドリームアシストクラブ東京) 山内麻代(大阪長居AC)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top