HOME 国内

2024.02.15

3月16日の米国「The TEN」に塩尻和也、太田智樹、田澤廉、 駒大勢らがエントリー
3月16日の米国「The TEN」に塩尻和也、太田智樹、田澤廉、 駒大勢らがエントリー

2023年日本選手権10000mで1位、2位、4位だった塩尻和也(富士通、右)、太田智樹(トヨタ自動車、左)、田澤廉(トヨタ自動車)

3月16日に米国・カリフォルニア州ロサンゼルスで行われる中長距離の競技会「The TEN」の一部が発表されている。

「The TEN」は世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・シルバーに指定されている大会。パリ五輪出場を目指す選手が集まった「Paris 男子10000m」には、日本勢から9選手がエントリー。日本記録(27分09秒88)保持者の塩尻和也(富士通)、同歴代2位(27分12秒53)の太田智樹(トヨタ自動車)、同4位(27分22秒33)の田澤廉(同)、同5位(27分25秒33)の伊藤達彦(Honda)らそうそうたる顔ぶれがそろった。

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪の参加標準記録(27分00秒00)も見据えたレースとあって、海外勢も26分33秒84を持つオレゴン世界選手権4位のグラント・フィッシャー(米国)、世界選手権4大会連続入賞のモハメド・アーメド(カナダ)、5000mの北米記録(12分51秒61)保持者・ウーディ・キンケード(米国)ら強力な名前が並んだ。

学生では駒大から日本人学生歴代2位、3位、5位の自己ベストを持つ佐藤圭汰(2年)、鈴木芽吹(4年)、篠原倖太朗(3年)がエントリー。その他には日本歴代8位の27分28秒92を持つ田村和希(住友電工)や清水歓太(SUBARU)もリストに名を連ねている。

「Paris 女子10000m」には日本勢でただ1人、矢田みくに(エディオン)がエントリー。ブダペスト世界選手権5位で30分03秒82のベストを持つアリシア・モンソン(米国)、30分04秒45のツィゲ・ゲブレセラマ(エチオピア)らと同じレースで戦うことになる。女子のパリ五輪参加標準記録は30分40秒00。

それ以外の組にも日本勢が出場。男子10000mには長谷川柊(Kao)、鈴木塁人(SGホールディングス)、溜池一太(中大)がエントリーしている。

広告の下にコンテンツが続きます
3月16日に米国・カリフォルニア州ロサンゼルスで行われる中長距離の競技会「The TEN」の一部が発表されている。 「The TEN」は世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・シルバーに指定されている大会。パリ五輪出場を目指す選手が集まった「Paris 男子10000m」には、日本勢から9選手がエントリー。日本記録(27分09秒88)保持者の塩尻和也(富士通)、同歴代2位(27分12秒53)の太田智樹(トヨタ自動車)、同4位(27分22秒33)の田澤廉(同)、同5位(27分25秒33)の伊藤達彦(Honda)らそうそうたる顔ぶれがそろった。 パリ五輪の参加標準記録(27分00秒00)も見据えたレースとあって、海外勢も26分33秒84を持つオレゴン世界選手権4位のグラント・フィッシャー(米国)、世界選手権4大会連続入賞のモハメド・アーメド(カナダ)、5000mの北米記録(12分51秒61)保持者・ウーディ・キンケード(米国)ら強力な名前が並んだ。 学生では駒大から日本人学生歴代2位、3位、5位の自己ベストを持つ佐藤圭汰(2年)、鈴木芽吹(4年)、篠原倖太朗(3年)がエントリー。その他には日本歴代8位の27分28秒92を持つ田村和希(住友電工)や清水歓太(SUBARU)もリストに名を連ねている。 「Paris 女子10000m」には日本勢でただ1人、矢田みくに(エディオン)がエントリー。ブダペスト世界選手権5位で30分03秒82のベストを持つアリシア・モンソン(米国)、30分04秒45のツィゲ・ゲブレセラマ(エチオピア)らと同じレースで戦うことになる。女子のパリ五輪参加標準記録は30分40秒00。 それ以外の組にも日本勢が出場。男子10000mには長谷川柊(Kao)、鈴木塁人(SGホールディングス)、溜池一太(中大)がエントリーしている。

The TENの主なエントリー選手

右は自己記録 ●Paris男子10000m G.フィッシャー(英国)  26.33.84 M.アーメド(カナダ)   26.34.14 W.キンケード(米国)   27.06.37 J.クレッカー(米国)   27.07.57 塩尻和也(富士通)    27.09.80 太田智樹(トヨタ自動車) 27.12.53 J.レイナー(豪州)    27.15.35 田澤廉(トヨタ自動車)  27.22.33 [adinserter block="4"]I.キメリ(ベルギー)   27.22.70 E.ボル(米国)      27.22.80 A.キオコ(ケニア)    27.23.34 P.ディバー(英国)    27.23.88 伊藤達彦(Honda)     27.25.33 佐藤圭汰(駒大)     27.28.50 田村和希(住友電工)   27.28.92 鈴木芽吹(駒大)     27.30.69 清水歓汰(SUBARU)    27.31.27 篠原倖太朗(駒大)    27.38.66 [adinserter block="4"]●男子10000m 鈴木塁人(SGホールディングス) 28.08.04 長谷川柊(Kao)      28.20.57 溜池一太(中大)     28.26.77 ●Paris女子10000m A.モンソン(米国)    30.03.82 T.ゲブレセラマ(エチオピア)30.04.45 J.ワーナー・ジュド(英国)30.35.93 E.へネス(米国)     30.48.26 矢田みくに(エディオン) 31.34.39

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top