HOME 国内

2024.02.13

日本選手権クロカンのエントリー発表! 坂東悠汰、服部弾馬、川口桃佳、谷本七星らが登録 U20には折田壮太、永原颯磨が出場
日本選手権クロカンのエントリー発表! 坂東悠汰、服部弾馬、川口桃佳、谷本七星らが登録 U20には折田壮太、永原颯磨が出場

左からU20日本選手権クロカンに出場する折田壮太、日本選手権クロカンに出場の坂東悠汰、服部弾馬、川口桃佳

福岡クロカン事務局は、2月25日に開催される第107回⽇本選⼿権クロカンならびに、第39回U20⽇本選⼿権クロカンのスタートリストを発表した。

10kmで争われる日本選手権男子には、13日時点で132人が出場を予定。東京五輪代表の坂東悠汰(富士通)のほか、昨年の世界クロカン選手権に出場した服部弾馬(NTT西日本)、⻑⾕川柊(Kao)がエントリーしている。このほか、村山紘太(GMOインターネットグループ)や田村友伸(⿊崎播磨)、鈴木塁人(SGホールディングス)、⽻⽣拓⽮(トヨタ紡織)、今井正人(トヨタ⾃動⾞九州)、井川龍⼈(旭化成)らが名を連ねた。

広告の下にコンテンツが続きます

学生では山口智規(早大)、斎藤将也(城西大)、吉田響(創価大)、⻄村真周(東洋大)、高槻芳照(東農大)など箱根駅伝出場選手も登録している。

女子では23年世界クロカン代表の川口桃佳(ユニクロ)を筆頭に、逸木和香菜(九電工)、鷲⾒梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)、酒井美玖(肥後銀⾏)、学生の谷本七星(名城大)などがエントリーした。

また、U20日本選手権は5000m高校歴代2位13分28秒78の記録を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)をはじめ、3000m障害高校記録保持者の永原颯磨(佐久長聖高・長野)、都道府県駅伝1区区間賞の川原琉⼈(五島南高・長崎)など、23年度の高校長距離界をにぎわせた選手たちが多数エントリー。女子も全国高校駅伝1区区間賞の奥本菜瑠海(大分東明高)、同区間2位の山本釉未(立命館宇治高・京都)や、社会人の水本佳菜(エディオン)といったメンバーが顔を揃えている。

今大会は3月30日にセルビア・ベオグラードで行われる世界クロカン選手権の選考を兼ねて実施。レースは福岡市の海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催される。

広告の下にコンテンツが続きます
福岡クロカン事務局は、2月25日に開催される第107回⽇本選⼿権クロカンならびに、第39回U20⽇本選⼿権クロカンのスタートリストを発表した。 10kmで争われる日本選手権男子には、13日時点で132人が出場を予定。東京五輪代表の坂東悠汰(富士通)のほか、昨年の世界クロカン選手権に出場した服部弾馬(NTT西日本)、⻑⾕川柊(Kao)がエントリーしている。このほか、村山紘太(GMOインターネットグループ)や田村友伸(⿊崎播磨)、鈴木塁人(SGホールディングス)、⽻⽣拓⽮(トヨタ紡織)、今井正人(トヨタ⾃動⾞九州)、井川龍⼈(旭化成)らが名を連ねた。 学生では山口智規(早大)、斎藤将也(城西大)、吉田響(創価大)、⻄村真周(東洋大)、高槻芳照(東農大)など箱根駅伝出場選手も登録している。 女子では23年世界クロカン代表の川口桃佳(ユニクロ)を筆頭に、逸木和香菜(九電工)、鷲⾒梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)、酒井美玖(肥後銀⾏)、学生の谷本七星(名城大)などがエントリーした。 また、U20日本選手権は5000m高校歴代2位13分28秒78の記録を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)をはじめ、3000m障害高校記録保持者の永原颯磨(佐久長聖高・長野)、都道府県駅伝1区区間賞の川原琉⼈(五島南高・長崎)など、23年度の高校長距離界をにぎわせた選手たちが多数エントリー。女子も全国高校駅伝1区区間賞の奥本菜瑠海(大分東明高)、同区間2位の山本釉未(立命館宇治高・京都)や、社会人の水本佳菜(エディオン)といったメンバーが顔を揃えている。 今大会は3月30日にセルビア・ベオグラードで行われる世界クロカン選手権の選考を兼ねて実施。レースは福岡市の海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催される。

日本選手権クロカンの主なエントリー選手

日本選手権男子(10km) 羽生拓矢(トヨタ紡織) 佐藤敏也(トヨタ自動車) 内田隼太(トヨタ自動車) 岡田浩平(安川電機) 漆畑瑠人(安川電機) 吉田響(創価大) 西久保遼(九電工) 高槻芳照(東農大) 西村真周(東洋大) 緒方澪那斗(東洋大) 上野裕一郎(ひらまつ病院) 荻久保寛也(ひらまつ病院) [adinserter block="4"]井川龍人(旭化成) 阿部弘輝(住友電工) 稲田翔威(コモディイイダ) 服部弾馬(NTT西本) 田村友伸(黒崎播磨) 坂東悠汰(富士通) 椎野修羅(富士通) 柴戸遼太(帝京大学) 今井篤弥(トヨタ自動車九州) 藤曲寛人(トヨタ自動車九州) 今井正人(トヨタ自動車九州) 砂岡拓磨(コニカミノルタ) 山崎丞(日体大) 村山紘太(GMOインターネットグループ) 長谷川柊(Kao) 鈴木塁人(SGホールディングス) [adinserter block="4"] 日本選手権女子(8km) 向井優香(ベアーズ) 猿見田裕香(ダイソー) 加藤美咲(ダイソー) 髙橋優菜(しまむら) 山ノ内みなみ(しまむら) 新井沙希(拓大) 逸木和香菜(九電工) 三原梓(ルートインホテルズ) [adinserter block="4"] 田浦英理歌(積水化学) 酒井美玖(肥後銀行) 平井見季(ユニクロ) 市川碧花(筑波大) 谷本七星(名城大) 小坂井智絵(日本郵政グループ) 太田咲雪(立命大) 鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント) 出水田眞紀(第一生命グループ) 倉岡奈々(鹿児島銀行) [adinserter block="4"] U20日本選手権男子(8km) 福冨翔(須磨学園) 堀野正太(須磨学園) 折田壮太(須磨学園) 栗村凌(学法石川) 増子陽太(学法石川) 衣川勇太(西脇工) 田中颯真(西脇工) 新妻遼己(西脇工) 新妻昂己(西脇工) 佐伯優月(西脇工) [adinserter block="4"] 岡田開成(洛南) 井上朋哉(洛南) 松井海斗(埼玉栄) 尾熊迅斗(東京実) 坂元南紬太(洛北) 桑田駿介(倉敷) 谷本昂士郎(大牟田) 山口翔輝(大牟田) 上田悠晴(西京) 山本悠(八千代松陰) 永原颯磨(佐久長聖) 佐々木哲(佐久長聖) [adinserter block="4"] 篠和真(佐久長聖) 濵口大和(佐久長聖) 飯國新太(國學院久我山) 小野真忠(仙台育英) 大濱逞真(仙台育英) 青木丈侑(東農大二) 徳本陽(東農大二) 坂口雄哉(世羅) 井上史琉(世羅) 川原琉人(五島南) [adinserter block="4"] 日本選手権女子(6km) 名和夏乃子(長野東) 池野絵莉(須磨学園) 水本佳菜(エディオン) 吉田莉帆(豊田自動織機) 塩﨑彩理(西脇工) 古田島彩(白鵬女) 塚本夕藍(薫英女学院) 西本佑菜(山梨学院) 武田胡春(小倉) 松本明莉(積水化学) 奥本菜瑠海(大分東明) [adinserter block="4"]穗岐山芽衣(山田) 廣瀬梛(立命館宇治) 山本釉未(立命館宇治) 深田望友(立命館宇治) 森安桃風(銀河学院) 田島愛梨(日本郵政グループ) 今西紗世(成田) 村上美優(成田) 下森美咲(北九州市立) 橘山莉乃(仙台育英) 長岡みさき(仙台育英) 細川あおい(仙台育英)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top