HOME 国内

2024.02.09

全日本実業団ハーフ 世界陸上代表・西山和弥、NY駅伝1区区間賞の太田直希、6年ぶりハーフの樺沢和佳奈らに注目
全日本実業団ハーフ 世界陸上代表・西山和弥、NY駅伝1区区間賞の太田直希、6年ぶりハーフの樺沢和佳奈らに注目

全日本実業団ハーフにエントリーした太田直希、西山和弥、樺沢和佳奈

第52回全日本実業団ハーフマラソンが2月11日に開催される。パリ五輪を目指す選手や2024年の飛躍を誓うランナーにとってステップアップへの重要な一戦となる。

男子の招待選手は近藤亮太(三菱重工)、茂木圭次郎(旭化成)、難波天(トーエネック)の3人だったが、茂木と難波は欠場する。近藤は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)こそ出走できなかったが、昨年11月には10000mで28分16秒14の自己新。5000mでも13分45秒45と自己記録を出すなど、着実に力をつけている。

一般参加にはブダペスト世界選手権マラソン代表の西山和弥(トヨタ自動車)が出場。3月の東京マラソンに向けてどんなレースを見せるか。他にも全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)1区区間賞と好調の太田直希(ヤクルト)、大阪ハーフマラソン(1月)で1時間1分41秒を出して2位の四釜峻佑(ロジスティード)も注目だ。

女子の招待選手は前回2、3、6位の吉薗栞(天満屋)、逸木和香菜(九電工)、唐沢ゆり(同)だったが、そのうち吉薗と逸木は欠場。注目は樺沢和佳奈(三井住友海上)だ。もともと中学時代から中距離を得意としてきた世代トップランナーが、徐々に距離を延ばして5000m15分18秒76、10000m31分45秒19まで記録を短縮している。慶大1年時以来、6年ぶりのハーフでどんな記録を出すか。

持ち記録トップの飛田凜香(第一生命グループ)、19年ドーハ世界選手権10000m代表の山ノ内みなみ(しまむら)、高卒3年目の酒井美玖(肥後銀行)らが上位争いとなりそう。女子10kmの部には森智香子(積水化学)や川口桃佳(ユニクロ)らがエントリーしている。

レースは2月11日、男子は10時、女子10時05分にスタート。14時からTBS系列28局で放送される。

第52回全日本実業団ハーフマラソンが2月11日に開催される。パリ五輪を目指す選手や2024年の飛躍を誓うランナーにとってステップアップへの重要な一戦となる。 男子の招待選手は近藤亮太(三菱重工)、茂木圭次郎(旭化成)、難波天(トーエネック)の3人だったが、茂木と難波は欠場する。近藤は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)こそ出走できなかったが、昨年11月には10000mで28分16秒14の自己新。5000mでも13分45秒45と自己記録を出すなど、着実に力をつけている。 一般参加にはブダペスト世界選手権マラソン代表の西山和弥(トヨタ自動車)が出場。3月の東京マラソンに向けてどんなレースを見せるか。他にも全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)1区区間賞と好調の太田直希(ヤクルト)、大阪ハーフマラソン(1月)で1時間1分41秒を出して2位の四釜峻佑(ロジスティード)も注目だ。 女子の招待選手は前回2、3、6位の吉薗栞(天満屋)、逸木和香菜(九電工)、唐沢ゆり(同)だったが、そのうち吉薗と逸木は欠場。注目は樺沢和佳奈(三井住友海上)だ。もともと中学時代から中距離を得意としてきた世代トップランナーが、徐々に距離を延ばして5000m15分18秒76、10000m31分45秒19まで記録を短縮している。慶大1年時以来、6年ぶりのハーフでどんな記録を出すか。 持ち記録トップの飛田凜香(第一生命グループ)、19年ドーハ世界選手権10000m代表の山ノ内みなみ(しまむら)、高卒3年目の酒井美玖(肥後銀行)らが上位争いとなりそう。女子10kmの部には森智香子(積水化学)や川口桃佳(ユニクロ)らがエントリーしている。 レースは2月11日、男子は10時、女子10時05分にスタート。14時からTBS系列28局で放送される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top