HOME 駅伝

2024.01.14

宮城・悲願の29年ぶりV「毎年優勝を目指して努力している」/都道府県女子駅伝
宮城・悲願の29年ぶりV「毎年優勝を目指して努力している」/都道府県女子駅伝

24年都道府県女子駅伝で29年ぶり優勝を飾った宮城

◇皇后盃第42回全国都道府県対抗女子駅伝(1月14日/京都・西京極陸上競技場発着9区間:42.195km)

第42回都道府県対抗女子駅伝が行われ、宮城が2時間16分30秒で1995年の第13回以来、29年ぶり2度目の優勝を果たした。

2位でタスキを受けたアンカーの小海遥(第一生命グループ)。前回は新潟から出場して1区区間賞、今回は高校時代に過ごした宮城の一員としてタスキをつないだ。前の中学生区間で男乕結衣(五城中)が区間賞の快走でトップ・兵庫と9秒差タスキを持ってきた。

「思ったよりも前と詰めてきてくれたのでビックリしました」と小海。後ろとの差は「正直わからなかった」。それよりも「優勝を目指して、確実に勝ち切ろうと思って、プランなどは考えずにレースを進めていきました」と言う。

2kmを過ぎて兵庫に追いつき、並走のあと5km過ぎに突き放したが、後ろから京都が猛然と追いかけてきた。「もう少し余裕を持ってゴールしたかったのですが、早めにスパートしないと抜かれる可能性があるなと思って」ペースアップして振り切った。

1区の細川あおい、2区の壁谷衿奈、5区の長岡みさき、6区の橘山莉乃が仙台育英高、そして4区の佐々木梨七(積水化学)と小海は同校の卒業生。「やっぱり高校駅伝でも優勝を目標に本当に努力をしているというのが走りに出ていると思いますし、私も勉強になります」と強さの秘訣を語る。

昨年末はフィニッシュ直前で神村学園(鹿児島)にかわされて2位。その悔しさも同じ舞台で晴らして見せた。

同校の釜石慶太監督と合流して「ありがとう!」と声をかけられると、アジア選手権10000m金メダリストの表情は高校生に戻った。

29年ぶりの頂点に「生まれていないので信じられません」と目をまん丸にしつつ「その瞬間にアンカーを走らせていただいてうれしいです」と笑顔を浮かべた小海。佐藤広樹監督は「全員が尽くしてくれました」と称える。

38回大会が2位、中止を挟んで前々回は3位。そして前回10位から、悔しさを晴らした悲願の駅伝日本一だった。

◇皇后盃第42回全国都道府県対抗女子駅伝(1月14日/京都・西京極陸上競技場発着9区間:42.195km) 第42回都道府県対抗女子駅伝が行われ、宮城が2時間16分30秒で1995年の第13回以来、29年ぶり2度目の優勝を果たした。 2位でタスキを受けたアンカーの小海遥(第一生命グループ)。前回は新潟から出場して1区区間賞、今回は高校時代に過ごした宮城の一員としてタスキをつないだ。前の中学生区間で男乕結衣(五城中)が区間賞の快走でトップ・兵庫と9秒差タスキを持ってきた。 「思ったよりも前と詰めてきてくれたのでビックリしました」と小海。後ろとの差は「正直わからなかった」。それよりも「優勝を目指して、確実に勝ち切ろうと思って、プランなどは考えずにレースを進めていきました」と言う。 2kmを過ぎて兵庫に追いつき、並走のあと5km過ぎに突き放したが、後ろから京都が猛然と追いかけてきた。「もう少し余裕を持ってゴールしたかったのですが、早めにスパートしないと抜かれる可能性があるなと思って」ペースアップして振り切った。 1区の細川あおい、2区の壁谷衿奈、5区の長岡みさき、6区の橘山莉乃が仙台育英高、そして4区の佐々木梨七(積水化学)と小海は同校の卒業生。「やっぱり高校駅伝でも優勝を目標に本当に努力をしているというのが走りに出ていると思いますし、私も勉強になります」と強さの秘訣を語る。 昨年末はフィニッシュ直前で神村学園(鹿児島)にかわされて2位。その悔しさも同じ舞台で晴らして見せた。 同校の釜石慶太監督と合流して「ありがとう!」と声をかけられると、アジア選手権10000m金メダリストの表情は高校生に戻った。 29年ぶりの頂点に「生まれていないので信じられません」と目をまん丸にしつつ「その瞬間にアンカーを走らせていただいてうれしいです」と笑顔を浮かべた小海。佐藤広樹監督は「全員が尽くしてくれました」と称える。 38回大会が2位、中止を挟んで前々回は3位。そして前回10位から、悔しさを晴らした悲願の駅伝日本一だった。

2024年都道府県女子駅伝Vメンバーをチェック

宮城 1区 細川あおい(仙台育英高) 区間9位 2区 壁谷衿奈(仙台育英高) 区間11位 3区 林楓夏(高砂中) 区間18位 4区 佐々木梨七(積水化学) 区間2位 5区 長岡みさき(仙台育英高) 区間6位 6区 橘山莉乃(仙台育英高) 区間2位 7区 力丸楓(名城大)  区間8位 8区 男乕結衣(五城中) 区間1位 9区 小海遥(第一生命グループ) 区間2位

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top