HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.03

中大・吉居駿恭が7区区間賞!「最初から突っ込んだ」歴代3位の1時間2分27秒/箱根駅伝
中大・吉居駿恭が7区区間賞!「最初から突っ込んだ」歴代3位の1時間2分27秒/箱根駅伝

24年箱根駅伝7区で区間賞に輝いた吉居駿恭

◇第100回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

第100回箱根駅伝の復路が行われ、7区は中大の吉居駿恭(2年)が区間賞を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

一斉スタートだった中大。見た目の順位で9番目でタスキを受けると、グイグイと前を追って中盤までで4人を抜いた。15km付近では兄・大和から給水を受けて背中を押されると、ラストは東洋大もかわして4番目で平塚中継所に飛び込んだ。1時間2分27秒は区間歴代3位の好記録だった。

優勝候補の一角だった中大だが、直前に体調不良が続出して往路は13位と苦戦。それでも、名門の次期エースが圧巻の走りで盛り返した。総合順位ではシード権獲得内の10位を守っている。

区間賞を狙っていたという吉居。「順位が順位だったので、最初から突っ込んだところでダメージがあった」と、差し込みから脇腹を押さえる仕草もあったが、兄からの給水で「ペースが落ちていた。頑張れよと言われて」力がみなぎった。「(区間賞を)取れて良かったです」と笑顔を見せた。

吉居は昨年9月に5000mで今季日本人最速となる13分22秒01をマーク。全日本大学駅伝では1区3位だった。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第100回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 第100回箱根駅伝の復路が行われ、7区は中大の吉居駿恭(2年)が区間賞を獲得した。 一斉スタートだった中大。見た目の順位で9番目でタスキを受けると、グイグイと前を追って中盤までで4人を抜いた。15km付近では兄・大和から給水を受けて背中を押されると、ラストは東洋大もかわして4番目で平塚中継所に飛び込んだ。1時間2分27秒は区間歴代3位の好記録だった。 優勝候補の一角だった中大だが、直前に体調不良が続出して往路は13位と苦戦。それでも、名門の次期エースが圧巻の走りで盛り返した。総合順位ではシード権獲得内の10位を守っている。 区間賞を狙っていたという吉居。「順位が順位だったので、最初から突っ込んだところでダメージがあった」と、差し込みから脇腹を押さえる仕草もあったが、兄からの給水で「ペースが落ちていた。頑張れよと言われて」力がみなぎった。「(区間賞を)取れて良かったです」と笑顔を見せた。 吉居は昨年9月に5000mで今季日本人最速となる13分22秒01をマーク。全日本大学駅伝では1区3位だった。

箱根駅伝7区区間成績

1位 吉居駿恭(中大)   1時間02分27秒 2位 小野隆一朗(帝京大) 1時間02分44秒 3位 山内健登(青学大)  1時間02分46秒 4位 安原太陽(駒大)   1時間03分13秒 5位 林晃耀(城西大)   1時間03分24秒 6位 小田恭平(大東大)  1時間03分27秒 7位 田中愛睦(國學院大) 1時間03分29秒 8位 石丸惇那(創価大)  1時間03分42秒 [adinserter block="4"]9位 矢原倖瑛(法大)   1時間03分44秒 9位 田島駿介(日体大)  1時間03分44秒 11位 瀬川翔誠(国士大)  1時間03分51秒 12位 工藤巧夢(中央学大) 1時間04分00秒 13位 前田和摩(東農大)  1時間04分13秒 14位 諸冨湧(早大)    1時間04分30秒 15位 石原翔太郎(東海大) 1時間04分36秒 16位 尾﨑健斗(明大)   1時間04分38秒 [adinserter block="4"]17位 下尾悠真(日大)   1時間04分42秒 18位 新妻玲旺(神奈川大) 1時間04分57秒 19位 熊﨑貴哉(東洋大)  1時間05分03秒 19位 吉屋佑晟(立教大)  1時間05分03秒 21位 藤井空大(駿河台大) 1時間05分39秒 22位 内田征冶(順大)   1時間05分56秒 23位 徳田秋斗(山梨学大) 1時間06分31秒

箱根駅伝7区間歴代10傑

1.01.40 阿部弘輝(明大4) 20年 1.02.16 林奎介(青学大3) 18年 1.02.27 吉居駿恭(中大2) 24年 1.02.32 設楽悠太(東洋大2)12年 1.02.35 佐藤悠基(東海大3)08年 1.02.39 岸本大紀(青学大3)22年 1.02.40 小椋裕介(青学大3)15年 1.02.41 阪口竜平(東海大3)19年 1.02.43 葛西潤(創価大4) 23年 1.02.43 杉彩文海(明大3) 23年

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top