HOME 学生長距離

2023.12.28

箱根駅伝Stories/中大・吉居大和「優勝を狙えるチームになってきた」28年ぶり総合V狙う名門の絶対エース
箱根駅伝Stories/中大・吉居大和「優勝を狙えるチームになってきた」28年ぶり総合V狙う名門の絶対エース

中大のエースとして最後の箱根駅伝に挑む(チーム提供)

「やっと優勝を狙えるチームになってきた」

実業団選手だった両親を持つ吉居は中学時代から全国大会で活躍。宮城・仙台育英高時代は故障に苦しみながらも、3年時にはインターハイ5000mで日本人トップに輝くと、全国高校駅伝では日本一も経験した。

中大に進学すると、1年時は5000mでU20日本記録を2度も更新。冬季にはバウワーマントラッククラブ(BTC)の練習に参加するなど、世界を本気で目指してきた。その一方で大学1年時に藤原正和駅伝監督から「第100回大会の箱根駅伝で優勝を目指そう!」という言葉を聞き、吉居も”同じ夢”を追い求めるようになった。

広告の下にコンテンツが続きます

「箱根駅伝を目指すチームの一員になり、年々、第100回大会で優勝したい気持ちが強くなってきたんです」

目標にしていた5000mでの世界大会出場はかなわなかったが、今季は10月1日の世界ロードランニング選手権5kmに出場。箱根駅伝だけでなく、スピードを磨き、世界への挑戦も続けてきた。

8月下旬にコロナ感染した影響もあり、出雲駅伝は欠場。全日本大学駅伝も3区で区間11位と振るわなかった。それでも吉居は自身の成長を感じている。

「今季は凄く良い記録を出すことはできなかったんですけど、シーズンを通して5000mは13分30秒前後で安定して走れました。練習も2・3時と比べてできるようになっています」

チーム力が上がり「優勝を目指せる」と実感(チーム提供)

広告の下にコンテンツが続きます

吉居は11月25日の八王子ロングディスタンス10000mに出場した。駒大のエース3人が27分20~30秒台で駆け抜けたレースで28分01秒02。わずかだが自己ベスト(28分03秒90)を更新している。

「僕のターゲットは27分50秒~28分切りだったんです。ペースメーカーが予定より速くなり、中盤から自分で引っ張るような展開になりました。最後は少しペースを落としてしまいましたが、悪くはなかったと思っています。駒大勢ですか? 自分たちのやるべきことをやるだけなので、あまり意識していません。僕らの一番の目標は1月2日・3日の箱根駅伝ですから」

10000mのレースとしては駒大勢に”完敗”したかたちだが、箱根駅伝に向けての調整は成功したと感じているようだ。最後の箱根駅伝で吉居は何区に登場するのだろうか。

「前回経験していますし、頑張りポイントもわかったので、自分としては2区がいいんじゃないかなと思います」。目標タイムについては「自分は前半突っ込むタイプなので、1時間5分30秒を切るような勢いでいきたいです」。

広告の下にコンテンツが続きます

箱根駅伝の予選会を2度経験するも、吉居が入学して中大は急上昇を始めた。最後の学生駅伝で大学4年間のすべてを懸ける。

「やっと箱根駅伝で優勝を狙えるチーム状況になってきました。駒大は強いですけど、自分や中野が駒大の芽吹、篠原、佐藤圭汰にしっかり勝ちたい。個人としては区間賞・区間新記録を目標にして、チームの優勝に貢献したいと思っています」

赤いタスキを渡した先に、パリ五輪と東京選手権を見つめている吉居大和。中大の絶対エースが伝統の「C」に情熱の炎を灯す。

文/酒井政人

広告の下にコンテンツが続きます
新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。 2020年。当時1年生だった彼らが4年生で迎える100回大会は、どんな大会となるのだろうか。三浦龍司(順大)、吉居大和(中大)、石原翔太郎(東海大)。“最強世代”が迎える最後の箱根路の物語――。

駅伝主将として過ごした1年

吉居大和(中大4)の走りには何度も驚かされてきた。特に箱根駅伝の快走は衝撃的だった。1区に登場した前々回は6km過ぎに抜け出すと、10kmを27分台で通過。20kmを56分30秒台という驚異的なタイムで駆け抜ける。終盤もペースを落とすことなく突っ走り、1時間0分40秒の区間記録を樹立。箱根路では最古となっていた東海大・佐藤悠基(現・SGホールディングス)が保持していた区間記録を26秒も塗り替えて、後続に39秒以上の大差をつけたのだ。 そして前回は花の2区で信じられない走りを見せた。エース区間を言い渡されたのは3週間前で、「最初はマジか?」と思ったという。 「当初は3区を走りたい気持ちがありましたし、2区は上りが強い中野(翔太)のほうが向いていると思っていました。でも3週間前は中野より自分の状態が良かったので、すぐに気持ちを切り替えたんです。本当に苦しくて、最後まで持たないかと思いましたが、一緒に頑張ってきた仲間が待っていてくれたので、最後は思い切りいきました」 トップと18秒差の4位でタスキを受けた吉居は3.2kmで明大をかわしてトップに立つと、10kmを28分00秒で通過した。その後はペースが鈍り、12.2kmで駒大・田澤廉(現・トヨタ自動車)に並ばれて、引き離される。しかし、青学大・近藤幸太郎(現・SGホールディングス)の背後につくと、息を吹き返した。田澤、近藤とのデッドヒートを強烈スパートで制圧。中大としては20年ぶりに戸塚中継所をトップで通過して、吉居は区間歴代8位の1時間6分22秒で区間賞に輝いた。

「やっと優勝を狙えるチームになってきた」

実業団選手だった両親を持つ吉居は中学時代から全国大会で活躍。宮城・仙台育英高時代は故障に苦しみながらも、3年時にはインターハイ5000mで日本人トップに輝くと、全国高校駅伝では日本一も経験した。 中大に進学すると、1年時は5000mでU20日本記録を2度も更新。冬季にはバウワーマントラッククラブ(BTC)の練習に参加するなど、世界を本気で目指してきた。その一方で大学1年時に藤原正和駅伝監督から「第100回大会の箱根駅伝で優勝を目指そう!」という言葉を聞き、吉居も"同じ夢"を追い求めるようになった。 「箱根駅伝を目指すチームの一員になり、年々、第100回大会で優勝したい気持ちが強くなってきたんです」 目標にしていた5000mでの世界大会出場はかなわなかったが、今季は10月1日の世界ロードランニング選手権5kmに出場。箱根駅伝だけでなく、スピードを磨き、世界への挑戦も続けてきた。 8月下旬にコロナ感染した影響もあり、出雲駅伝は欠場。全日本大学駅伝も3区で区間11位と振るわなかった。それでも吉居は自身の成長を感じている。 「今季は凄く良い記録を出すことはできなかったんですけど、シーズンを通して5000mは13分30秒前後で安定して走れました。練習も2・3時と比べてできるようになっています」 [caption id="attachment_124862" align="alignnone" width="800"] チーム力が上がり「優勝を目指せる」と実感(チーム提供)[/caption] 吉居は11月25日の八王子ロングディスタンス10000mに出場した。駒大のエース3人が27分20~30秒台で駆け抜けたレースで28分01秒02。わずかだが自己ベスト(28分03秒90)を更新している。 「僕のターゲットは27分50秒~28分切りだったんです。ペースメーカーが予定より速くなり、中盤から自分で引っ張るような展開になりました。最後は少しペースを落としてしまいましたが、悪くはなかったと思っています。駒大勢ですか? 自分たちのやるべきことをやるだけなので、あまり意識していません。僕らの一番の目標は1月2日・3日の箱根駅伝ですから」 10000mのレースとしては駒大勢に"完敗"したかたちだが、箱根駅伝に向けての調整は成功したと感じているようだ。最後の箱根駅伝で吉居は何区に登場するのだろうか。 「前回経験していますし、頑張りポイントもわかったので、自分としては2区がいいんじゃないかなと思います」。目標タイムについては「自分は前半突っ込むタイプなので、1時間5分30秒を切るような勢いでいきたいです」。 箱根駅伝の予選会を2度経験するも、吉居が入学して中大は急上昇を始めた。最後の学生駅伝で大学4年間のすべてを懸ける。 「やっと箱根駅伝で優勝を狙えるチーム状況になってきました。駒大は強いですけど、自分や中野が駒大の芽吹、篠原、佐藤圭汰にしっかり勝ちたい。個人としては区間賞・区間新記録を目標にして、チームの優勝に貢献したいと思っています」 赤いタスキを渡した先に、パリ五輪と東京選手権を見つめている吉居大和。中大の絶対エースが伝統の「C」に情熱の炎を灯す。 文/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

「自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった」 箱根以降、近田は自分を見つめ直した。自覚した弱さ、大舞台で力を発揮する選手との違い。「今やらなければならないことは何か」。 まずは走行距離を伸ばした。ポイント練習も、ジョ […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

男子5000mの出場選手をチェック! (○は既に発表済み) キエラン・トゥンティワテ(タイ) ○佐藤圭汰(駒大) ○遠藤日向(住友電工) キプロノ・シトニク(黒崎播磨) ○塩尻和也(富士通) マシュー・ラムズデン(オース […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top