HOME 国内

2023.11.24

男子は相澤晃、田澤廉、伊藤達彦の日本歴代1~3位が集結!女子は廣中璃梨佳が五輪即時内定に挑戦、五島、木村らも登録/日本選手権10000m
男子は相澤晃、田澤廉、伊藤達彦の日本歴代1~3位が集結!女子は廣中璃梨佳が五輪即時内定に挑戦、五島、木村らも登録/日本選手権10000m

日本選手権10000mにエントリーした相澤晃、田澤廉、廣中璃梨佳、五島莉乃

日本陸連は11月24日、パリ五輪代表選考会を兼ねて行われる第107回日本選手権10000m(12月10日/国立競技場)のエントリー選手を発表した。参加標準記録(男子27分00秒00/女子30分40秒00)を突破して優勝した選手がパリ五輪代表に内定する。

男子は11月17日に前回王者の相澤晃(旭化成)。ブダペスト世界選手権5000m代表の塩尻和也、同東京五輪代表の松枝博輝(ともに富士通)は発表済み。

広告の下にコンテンツが続きます

そこに加えて、世界選手権2大会連続出場中の田澤廉(トヨタ自動車)、21年東京五輪、22年オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦(Honda)が名を連ねた。日本歴代1~3位が一堂に会するレースとなる。

田澤は3月に米国のThe TENに出場したのを皮切りに、これが今年7本目の10000mレース。初の五輪代表に向けて、アジア大会では「記録にチャレンジする」と意気込みを語っていた。伊藤は、今季は5000mを中心にスピード強化を図り、10000mはThe TEN以来となる。

このほか、6月の日本選手権5000m3位の清水歓太(SUBARU)、トラック、ロードで好記録を連発している太田智樹(トヨタ自動車)らが登録。5000mで日本選手権優勝実績のある服部弾馬(NTT西日本)、アジア大会マラソン6位の池田耀平(Kao)の走りにも注目が集まりそうだ。

女子ではブダペスト世界選手権で7位入賞を果たした廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が登録した。世界選手権入賞者として、今大会で五輪参加標準記録を突破すれば、順位にかかわらずその時点で代表に即時内定する。

広告の下にコンテンツが続きます

シーズン序盤はアキレス腱の痛みなどもあって苦しい時期があったが、ブダペストの後も9月末のアジア大会で銀メダルを獲得するなど復調。11月26日に全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を経て臨むスケジュールだが、2大会連続の五輪を決めることができるか。

11月14日に加世田梨花(ダイハツ)らのエントリーが発表されているが、それに加えて世界選手権2大会連続出場の五島莉乃(資生堂)、木村友香(積水化学)らがエントリーした。

トラックで好調の樺沢和佳奈(三井住友海上)、ワールドユニバーシティゲームズ5000m銅メダルの山﨑りさ(日体大)ら学生4人が登録し、実業団勢に挑む。

3年前の2020年も、東京五輪代表選考会として12月上旬に日本選手権が開催(この時は5000m、3000m障害も含む)。男子は相澤、伊藤がともに五輪参加標準記録を突破する日本新(27分18秒75、27分25秒73)をマークし、優勝した相澤が代表に内定した。

広告の下にコンテンツが続きます

女子は新谷仁美(積水化学)が30分20秒44の日本新をマークして代表内定と、歴史的一戦となった。

その再現はなるか。レースは女子が16時03分、男子が16時43分にスタートする。

レースの模様はNHK BSで生中継される予定。観戦チケットは日本陸連サイトにて販売中だ。

日本陸連は11月24日、パリ五輪代表選考会を兼ねて行われる第107回日本選手権10000m(12月10日/国立競技場)のエントリー選手を発表した。参加標準記録(男子27分00秒00/女子30分40秒00)を突破して優勝した選手がパリ五輪代表に内定する。 男子は11月17日に前回王者の相澤晃(旭化成)。ブダペスト世界選手権5000m代表の塩尻和也、同東京五輪代表の松枝博輝(ともに富士通)は発表済み。 そこに加えて、世界選手権2大会連続出場中の田澤廉(トヨタ自動車)、21年東京五輪、22年オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦(Honda)が名を連ねた。日本歴代1~3位が一堂に会するレースとなる。 田澤は3月に米国のThe TENに出場したのを皮切りに、これが今年7本目の10000mレース。初の五輪代表に向けて、アジア大会では「記録にチャレンジする」と意気込みを語っていた。伊藤は、今季は5000mを中心にスピード強化を図り、10000mはThe TEN以来となる。 このほか、6月の日本選手権5000m3位の清水歓太(SUBARU)、トラック、ロードで好記録を連発している太田智樹(トヨタ自動車)らが登録。5000mで日本選手権優勝実績のある服部弾馬(NTT西日本)、アジア大会マラソン6位の池田耀平(Kao)の走りにも注目が集まりそうだ。 女子ではブダペスト世界選手権で7位入賞を果たした廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が登録した。世界選手権入賞者として、今大会で五輪参加標準記録を突破すれば、順位にかかわらずその時点で代表に即時内定する。 シーズン序盤はアキレス腱の痛みなどもあって苦しい時期があったが、ブダペストの後も9月末のアジア大会で銀メダルを獲得するなど復調。11月26日に全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を経て臨むスケジュールだが、2大会連続の五輪を決めることができるか。 11月14日に加世田梨花(ダイハツ)らのエントリーが発表されているが、それに加えて世界選手権2大会連続出場の五島莉乃(資生堂)、木村友香(積水化学)らがエントリーした。 トラックで好調の樺沢和佳奈(三井住友海上)、ワールドユニバーシティゲームズ5000m銅メダルの山﨑りさ(日体大)ら学生4人が登録し、実業団勢に挑む。 3年前の2020年も、東京五輪代表選考会として12月上旬に日本選手権が開催(この時は5000m、3000m障害も含む)。男子は相澤、伊藤がともに五輪参加標準記録を突破する日本新(27分18秒75、27分25秒73)をマークし、優勝した相澤が代表に内定した。 女子は新谷仁美(積水化学)が30分20秒44の日本新をマークして代表内定と、歴史的一戦となった。 その再現はなるか。レースは女子が16時03分、男子が16時43分にスタートする。 レースの模様はNHK BSで生中継される予定。観戦チケットは日本陸連サイトにて販売中だ。

第107回日本選手権10000mエントリー選手

■男子 田澤廉(トヨタ自動車) 清水歓太(SUBARU) 伊藤達彦(Honda) 太田智樹(トヨタ自動車) 相澤晃(旭化成) 田村友佑(黒崎播磨) 塩尻和也(富士通) 市田孝(旭化成) 難波天(トーエネック) 岡本雄大(サンベルクス) 今江勇人(GMOインターネットグループ) 菊地駿弥(中国電力) 大池達也(トヨタ紡織) 横田玖磨(トヨタ自動車九州) 大石港与(トヨタ自動車) 松枝博輝(富士通) 小林歩(NTT西日本) 森山真伍(YKK) 中村大聖(ヤクルト) 服部大暉(トヨタ紡織) 太田直希(ヤクルト) 大川歩夢(プレス工業) 服部弾馬(NTT西日本) 池田耀平(Kao) 北﨑拓矢(NTT西日本) 風岡永吉(JFEスチール) 梶原有高(コモディイイダ) 清水颯大(大塚製薬) 山﨑諒介(戸上電機製作所) オープン シトニック・キプロノ(黒崎播磨) ■女子 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 五島莉乃(資生堂) 加世田梨花(ダイハツ) 木村友香(積水化学) 柳谷日菜(ワコール) 川口桃佳(ユニクロ) 逸木和香菜(九電工) 高島由香(資生堂) 小海遥(第一生命グループ) 中野円花(岩谷産業) 矢田みくに(エディオン) 林田美咲(九電工) 吉川侑美(ユニクロ) 川村楓(岩谷産業) 村松灯(立命大) 永長里緒(大阪学大) 小川陽香(立教大) 大森菜月(ダイハツ) 樺沢和佳奈(三井住友海上) 渡邊菜々美(パナソニック) 森智香子(積水化学) 下田平渚(センコー) 山﨑りさ(日体大) 山ノ内みなみ(しまむら) 菅田雅香(日本郵政グループ) 楠莉奈(積水化学) 兼友良夏(京セラ) オープン ジュディ・ジェプンゲティチ(資生堂)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top