HOME 国内、大学

2023.11.02

室伏広治スポーツ庁長官「全力を挙げてインテグリティの向上に取り組む」大学スポーツの相次ぐ不祥事受け
室伏広治スポーツ庁長官「全力を挙げてインテグリティの向上に取り組む」大学スポーツの相次ぐ不祥事受け

室伏広治氏

スポーツ庁は11月2日、大学スポーツの不祥事が相次ぐな、室伏広治長官が「スポーツにおけるインテグリティの確保」に関するメッセージを発表した。

室伏長官は昨今の薬物事件や部活動内での暴力・ハラスメントなどが続くことを受け、「大学スポーツにおいて、薬物事案、ハラスメント等の不祥事が相次いで発生している状況はゆゆしき事態であり、断じて許されることではありません」と厳しく指摘。「スポーツ基本法の精神へと立ち返り、スポーツが持つ本来的な意義と目的を改めて心に刻み、総力を挙げて、インテグリティ(誠実性・健全性・高潔性)を高めていくことが必要不可欠」と思いを綴る。

スポーツ庁でも「全力を挙げてインテグリティの向上に取り組んでまいります」とし、現場に向けて「不祥事の根絶に向けた真摯な取組を強くお願いします」と求めている。

室伏長官は男子ハンマー投でアテネ五輪、テグ世界選手権の金メダリストで、アジア記録・日本記録保持者。2016年6月の日本選手権で一線を退き、2020年10月から現職。25年9月まで任期更新が決まっている。

スポーツ庁は11月2日、大学スポーツの不祥事が相次ぐな、室伏広治長官が「スポーツにおけるインテグリティの確保」に関するメッセージを発表した。 室伏長官は昨今の薬物事件や部活動内での暴力・ハラスメントなどが続くことを受け、「大学スポーツにおいて、薬物事案、ハラスメント等の不祥事が相次いで発生している状況はゆゆしき事態であり、断じて許されることではありません」と厳しく指摘。「スポーツ基本法の精神へと立ち返り、スポーツが持つ本来的な意義と目的を改めて心に刻み、総力を挙げて、インテグリティ(誠実性・健全性・高潔性)を高めていくことが必要不可欠」と思いを綴る。 スポーツ庁でも「全力を挙げてインテグリティの向上に取り組んでまいります」とし、現場に向けて「不祥事の根絶に向けた真摯な取組を強くお願いします」と求めている。 室伏長官は男子ハンマー投でアテネ五輪、テグ世界選手権の金メダリストで、アジア記録・日本記録保持者。2016年6月の日本選手権で一線を退き、2020年10月から現職。25年9月まで任期更新が決まっている。

室伏広治スポーツ庁長官のメッセージ全文

近時、大学スポーツにおいて、薬物事案、ハラスメント等の不祥事が相次いで発生している状況はゆゆしき事態であり、断じて許されることではありません。 スポーツとは、スポーツ基本法に明記されているとおり、心身の健全な発達、健康・体力の増進、精神的な充足感の獲得、自立心を養うために行うものであり、他者を尊重する精神、公正さと規律を尊ぶ態度等の人格形成に資するものです。 私は、大学スポーツ関係者はもとより、スポーツに携わる全ての者が基本法の精神へと立ち返り、スポーツが持つ本来的な意義と目的を改めて心に刻み、総力を挙げて、インテグリティ(誠実性・健全性・高潔性)を高めていくことが必要不可欠であると考えています。 スポーツ庁においても、全力を挙げてインテグリティの向上に取り組んでまいります。関係の皆様におかれましても、不祥事の根絶に向けた真摯な取組を強くお願いします。 令和5年11月2日 スポーツ庁長官 室伏 広治

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top