HOME 高校

2023.11.02

鹿児島城西13年ぶり大会新で2018年以来の都大路 女子は神村学園が1時間7分38秒で8連覇/鹿児島県高校駅伝

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた鹿児島県高校駅伝が11月2日、指宿市営陸上競技場発着コースで行われ、男子(7区間42.195km)は鹿児島城西が大会新記録の2時間4分30秒で5年ぶり2回目の制覇。女子(5区間21.0975km)は神村学園が1時間7分38秒で8年連続30回目の優勝を果たした。

男子の鹿児島城西は、2連覇中だった出水中央との激しく競り合った末に、5年ぶり2回目の都大路切符を手にした。1区(10km)は出水中央・玉目陸(3年)が29分40秒の区間賞で鹿児島城西は22秒差の2位発進だったが、2区(3km)の小園竜成(2年)が8分26秒の区間賞で逆転。3区(8.1075km)で出水中央のチェマイマク・ムサ(1年)が区間タイ記録の23分53秒で追い上げながらも、鹿児島城西は国体少年共通800m覇者・立迫大徳がトップを守り、1秒先着した。

4区で2位に下がったものの、7秒差でタスキを受けた5区(3km)の山口寛太郎(2年)が8分31秒の区間タイ記録で再び抜き返す。さらに、6区(5km)小田夕琥(3年)が14分35秒の区間新記録でリードを47秒に広げてそのまま逃げ切った。2010年に鹿児島実がマークした大会記録(2時間4分41秒)を13年ぶりに更新。出水中央は2時間5分07秒で2位に入った。

女子は昨年の全国高校駅伝3位の神村学園がその力を見せた。1区(6km)の瀬戸口凜(1年)が20分36秒で飛び出すと、2区の黒神璃菜(2年)、3区の野口紗喜音(1年)、4区の小倉陽菜(2年)も連続区間賞で後続を突き放し、独走する。5区(5km)ではインターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(3年)が自身の持つ区間記録を25秒更新する14分33秒で走破。8年連続30回目の全国大会出場を決めた。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた鹿児島県高校駅伝が11月2日、指宿市営陸上競技場発着コースで行われ、男子(7区間42.195km)は鹿児島城西が大会新記録の2時間4分30秒で5年ぶり2回目の制覇。女子(5区間21.0975km)は神村学園が1時間7分38秒で8年連続30回目の優勝を果たした。 男子の鹿児島城西は、2連覇中だった出水中央との激しく競り合った末に、5年ぶり2回目の都大路切符を手にした。1区(10km)は出水中央・玉目陸(3年)が29分40秒の区間賞で鹿児島城西は22秒差の2位発進だったが、2区(3km)の小園竜成(2年)が8分26秒の区間賞で逆転。3区(8.1075km)で出水中央のチェマイマク・ムサ(1年)が区間タイ記録の23分53秒で追い上げながらも、鹿児島城西は国体少年共通800m覇者・立迫大徳がトップを守り、1秒先着した。 4区で2位に下がったものの、7秒差でタスキを受けた5区(3km)の山口寛太郎(2年)が8分31秒の区間タイ記録で再び抜き返す。さらに、6区(5km)小田夕琥(3年)が14分35秒の区間新記録でリードを47秒に広げてそのまま逃げ切った。2010年に鹿児島実がマークした大会記録(2時間4分41秒)を13年ぶりに更新。出水中央は2時間5分07秒で2位に入った。 女子は昨年の全国高校駅伝3位の神村学園がその力を見せた。1区(6km)の瀬戸口凜(1年)が20分36秒で飛び出すと、2区の黒神璃菜(2年)、3区の野口紗喜音(1年)、4区の小倉陽菜(2年)も連続区間賞で後続を突き放し、独走する。5区(5km)ではインターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(3年)が自身の持つ区間記録を25秒更新する14分33秒で走破。8年連続30回目の全国大会出場を決めた。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top