月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】男子10000m日本人トップは田澤 西山も復調/日本IC

10000m日本人トップは田澤廉(右端)。中央は塩澤、その右隣は手嶋

日本インカレ男子10000mが行われ、駿河台大の留学生、ジェームズ・ブヌガが28分05秒66で優勝した。

日本人トップ(4位)は、28分22秒48をマークした田澤廉(駒大2年)。続く日本人2番手には東洋大4年の西山和弥が28分43秒17で食い込んだ。
復調の兆しを見せた西山(10番)、その前は中谷雄飛(早大早大)

田澤「もう少しで留学生を倒して表彰台に入れたので悔しいほうが大きい。10点満点で7点。途中、日本人トップを狙うレースではなく留学生についていけたと思います」

西山「後半粘ろうと思っていたが、5000m通過からは一人だけになってしまった。余裕もあったのでもう少しついていけばよかった。ケガもあって自信も失っていたが、コロナ禍の期間でリハビリに専念して、もう一度強い走りに戻そうという期間にしてきました」

■日本インカレ男子10000m入賞
28.05.66 ジェームズ・ブヌガ(駿河台大)
28.06.52 フィリップ・ムルワ(創価大)
28.14.13 レダマ・キサイサ(桜美林大)
28.22.48 田澤 廉(駒大)
28.43.17 西山和弥(東洋大)
28.55.70 藤木宏太(國學院大)
28.59.53 塩澤稀夕(東海大)
29.02.30 手嶋杏丞(明大)

【関連ページ】
日本インカレ リザルト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com