HOME 国内、日本代表

2023.10.06

W銀メダルの廣中璃梨佳が帰国「経験値が上がった大会となった」/アジア大会
W銀メダルの廣中璃梨佳が帰国「経験値が上がった大会となった」/アジア大会

アジア大会から帰国し、記者会見に臨んだ廣中璃梨佳

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の日本代表が10月6日の午後に帰国。女子主将で5000m、10000mで銀メダルを獲得した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が帰国会見に応じた。

2レースの疲れも見せず笑顔を見せた廣中は、「10000mの前は不安もありましたが、後半の5000mで自分らしい走りができたことが自信になりました。5000mでは悔しい負け方になりましたが、これも1つの経験として、自分の中で経験値が上がったアジア大会でした」と大会を振り返った。

今季はシーズン前の冬にアキレス腱を痛め、5月のゴールデンゲームズinのべおかの10000mでは4位、6月の日本選手権5000mでは21位と不振にあえいだ。「4月から思うように結果が伸びずに苦しんだ時期もあった」が、夏を前に徐々に調子を上げると、8月の世界選手権では10000mで7位に入賞の快挙を達成している。

アジア大会でも結果を残し、「世界選手権、そしてアジア大会と2種目戦えたことは自信になる」と手応えをつかんだ廣中。今後は12月にはパリ五輪の選考も掛かる日本選手権10000mが控えており、「気持ちを切らさずにしっかりと走りながら、大会にあわせていきたい」と話す。

また、スピード化が進む世界の女子長距離に対しては「ここ何年間かは練習や環境などは変えずに来ているのですが、自分の中では環境を変えてみたいという気持ちもあります」といい、「世界の選手と一緒に練習したり、1人で海外での合宿を行うなどしてみたい」とさらなるステップアップに向けての希望も語った。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の日本代表が10月6日の午後に帰国。女子主将で5000m、10000mで銀メダルを獲得した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が帰国会見に応じた。 2レースの疲れも見せず笑顔を見せた廣中は、「10000mの前は不安もありましたが、後半の5000mで自分らしい走りができたことが自信になりました。5000mでは悔しい負け方になりましたが、これも1つの経験として、自分の中で経験値が上がったアジア大会でした」と大会を振り返った。 今季はシーズン前の冬にアキレス腱を痛め、5月のゴールデンゲームズinのべおかの10000mでは4位、6月の日本選手権5000mでは21位と不振にあえいだ。「4月から思うように結果が伸びずに苦しんだ時期もあった」が、夏を前に徐々に調子を上げると、8月の世界選手権では10000mで7位に入賞の快挙を達成している。 アジア大会でも結果を残し、「世界選手権、そしてアジア大会と2種目戦えたことは自信になる」と手応えをつかんだ廣中。今後は12月にはパリ五輪の選考も掛かる日本選手権10000mが控えており、「気持ちを切らさずにしっかりと走りながら、大会にあわせていきたい」と話す。 また、スピード化が進む世界の女子長距離に対しては「ここ何年間かは練習や環境などは変えずに来ているのですが、自分の中では環境を変えてみたいという気持ちもあります」といい、「世界の選手と一緒に練習したり、1人で海外での合宿を行うなどしてみたい」とさらなるステップアップに向けての希望も語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top