HOME 国内、特集、日本代表
【竹澤健介の視点】アジアの壁に阻まれた田澤廉と塩尻和也 残り1000mの勝負を見たかった/アジア大会
【竹澤健介の視点】アジアの壁に阻まれた田澤廉と塩尻和也 残り1000mの勝負を見たかった/アジア大会

アジア大会で今年6レース目の10000mに挑んだ田澤廉

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の2日目午後セッションに行われた男子10000m。日本の田澤廉(トヨタ自動車)は28分18分66秒で4位、塩尻和也(富士通)が28分35秒02で5位に入賞した。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、レースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

東京五輪5000m6位入賞のビルハヌ・イェマタウ・バレウ選手(バーレーン)という実力者をはじめ、出場選手のレベルは7月のアジア選手権と比べて格段に上がっていました。そのため、日本勢にとってはどのようにレースを展開すればいいか、非常に難しい状況だったと思います。

結果的に、田澤選手、塩尻選手が交互に引っ張るかたちとなり、バーレーン、インド勢に「うまく使われた」という流れになりました。途中でガンと上げても良かったのかもしれませんが、それで簡単に振り切れるような相手ではなく、何より自分が疲れてしまうでしょう。

バーレーン、インド勢はラストが強いことは、容易に想像できます。そういった選手たちを相手にどう順位を狙うのか。残り3000mで思い切って飛び出すか、ラスト1000mあたりからのロングスパートを仕掛けるかといった策が思い浮かびますが、そういった意味でも残り3周を切ってから塩尻選手が転倒に巻き込まれたのは残念でした。

田澤選手も、塩尻選手もグッと押していくタイプなので、2人で一緒に残り1000mを上げていければインド勢は振り切れたかもしれません。塩尻選手は今季、なだらかに上げながら後続を引き離す強さを見せていたので、どんなレースができていたのか見てみたかったですね。

広告の下にコンテンツが続きます

田澤選手については、これが今年に入って6本目の10000mレース。その疲れは間違いなくあったでしょう。世界陸上後というスケジュール的な難しさがあり、しかもパリ五輪に向けて順位ポイントを確実に取らないといけない。その中で、スローペースの展開から28分10秒台にまとめ、4位に入ったことは健闘と言えます。

アジア大会はアジア選手権よりも、より「国の戦い」という意識が強くなります。各国とも、オリンピックのアジア版と捉え、国の威信を懸けて臨んでくる。中国勢は、各種目で世界選手権よりもこちらに仕上げてきた印象です。

次回の2026年は、日本での開催(愛知・名古屋)です。アジアの勢力図は、2014年の韓国・仁川大会あたりからあまり変わらず、バーレーンを中心に、インド勢が絡んでくるという状況です。

世界を見ると、そのバーレーン勢でも入賞のボーダーラインと言えるでしょう。つまり、アジアで勝つ力をつけないと、世界とは戦えないということ。アジアを制することは簡単なことではありませんが、どんどんチャレンジし、世界への道を開いていってほしいと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

◎竹澤健介(たけざわ・けんすけ)
摂南大陸上競技部ヘッドコーチ。早大3年時の2007年に大阪世界選手権10000m、同4年時の08年北京五輪5000m、10000mに出場。箱根駅伝では2年時から3年連続区間賞を獲得した。日本選手権はエスビー食品時代の10年に10000mで優勝している。自己ベストは500m13分19秒00(日本人学生最高)、10000m27分45秒59。

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の2日目午後セッションに行われた男子10000m。日本の田澤廉(トヨタ自動車)は28分18分66秒で4位、塩尻和也(富士通)が28分35秒02で5位に入賞した。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、レースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 東京五輪5000m6位入賞のビルハヌ・イェマタウ・バレウ選手(バーレーン)という実力者をはじめ、出場選手のレベルは7月のアジア選手権と比べて格段に上がっていました。そのため、日本勢にとってはどのようにレースを展開すればいいか、非常に難しい状況だったと思います。 結果的に、田澤選手、塩尻選手が交互に引っ張るかたちとなり、バーレーン、インド勢に「うまく使われた」という流れになりました。途中でガンと上げても良かったのかもしれませんが、それで簡単に振り切れるような相手ではなく、何より自分が疲れてしまうでしょう。 バーレーン、インド勢はラストが強いことは、容易に想像できます。そういった選手たちを相手にどう順位を狙うのか。残り3000mで思い切って飛び出すか、ラスト1000mあたりからのロングスパートを仕掛けるかといった策が思い浮かびますが、そういった意味でも残り3周を切ってから塩尻選手が転倒に巻き込まれたのは残念でした。 田澤選手も、塩尻選手もグッと押していくタイプなので、2人で一緒に残り1000mを上げていければインド勢は振り切れたかもしれません。塩尻選手は今季、なだらかに上げながら後続を引き離す強さを見せていたので、どんなレースができていたのか見てみたかったですね。 田澤選手については、これが今年に入って6本目の10000mレース。その疲れは間違いなくあったでしょう。世界陸上後というスケジュール的な難しさがあり、しかもパリ五輪に向けて順位ポイントを確実に取らないといけない。その中で、スローペースの展開から28分10秒台にまとめ、4位に入ったことは健闘と言えます。 アジア大会はアジア選手権よりも、より「国の戦い」という意識が強くなります。各国とも、オリンピックのアジア版と捉え、国の威信を懸けて臨んでくる。中国勢は、各種目で世界選手権よりもこちらに仕上げてきた印象です。 次回の2026年は、日本での開催(愛知・名古屋)です。アジアの勢力図は、2014年の韓国・仁川大会あたりからあまり変わらず、バーレーンを中心に、インド勢が絡んでくるという状況です。 世界を見ると、そのバーレーン勢でも入賞のボーダーラインと言えるでしょう。つまり、アジアで勝つ力をつけないと、世界とは戦えないということ。アジアを制することは簡単なことではありませんが、どんどんチャレンジし、世界への道を開いていってほしいと思います。 ◎竹澤健介(たけざわ・けんすけ) 摂南大陸上競技部ヘッドコーチ。早大3年時の2007年に大阪世界選手権10000m、同4年時の08年北京五輪5000m、10000mに出場。箱根駅伝では2年時から3年連続区間賞を獲得した。日本選手権はエスビー食品時代の10年に10000mで優勝している。自己ベストは500m13分19秒00(日本人学生最高)、10000m27分45秒59。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top