HOME 国内、高校

2023.10.01

インターハイ400mH女王の瀧野未来56秒90 8年ぶりの高校新「ラストチャンスで出すことができた」/新潟ACC
インターハイ400mH女王の瀧野未来56秒90 8年ぶりの高校新「ラストチャンスで出すことができた」/新潟ACC

高校新記録をマークした瀧野未来(京都橘高3)

女子400mH高校歴代10傑

56.90 瀧野 未来(京都橘3京都) 2023.10.01
57.09 石塚 晴子(東大阪大敬愛3大阪) 2015. 7.31
57.43 山本 亜美(京都橘3京都) 2020.10. 3
57.65 山形依希子(敦賀3福井) 1992. 6.13
57.73 大野 瑞奈(埼玉栄3埼玉) 2020.11. 3
57.85 千葉 史織(仙台一3宮城) 2023. 8. 4
57.90 江口 幸子(横浜雙葉3神奈川) 2001. 6.10
57.98 タネル舞璃乃(埼玉栄3埼玉) 2021. 7.30
58.01 河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪) 2021. 7.18
58.03 小山 佳奈(川崎橘3神奈川) 2016. 6.25

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンスタジアム) 日本グランプリシリーズ新潟大会のアスレチックスチャレンジカップの2日目が行われ、女子400mハードルで瀧野未来(京都橘高3)が高校新記録の56秒90で優勝を果たした。 「高校新を狙っていたので、出すことができてよかったです」を笑顔を見せていた瀧野。これまで3台目までハードル間15歩だったが、今回は4台目までとした。そこから5、6台目まで16歩として、7台目以降は17歩で行くつもりだったが、7台目も16歩に。「逆脚になってしまうので、次も16歩にしました」と振り返った。「歩数はめちゃくちゃになってしまった」と言いながらも、2015年和歌山インターハイで石塚晴子(東大阪大敬愛高)がマークした高校記録57秒09を8年ぶりに塗り替えた。 今季の目標は高校記録更新と前年に続くインターハイ優勝。北海道インターハイでは自己新の57秒45で連覇を達成したものの、「高校記録を更新できず悔しかったです」。秋は国体が300mハードルとなり、この新潟大会が高校での最後の400mハードルレースだった。それだけに「ラストチャンスで出すことができて良かったです」と話していた。 京都橘高の3年上の先輩で、今夏の世界選手権に出場した山本亜美(立命大)を尊敬している。「次のステージでもよりタイムを出して先輩と戦っていけるようになりたい。世界で日の丸をつけたいです」と意気込んでいた。

女子400mH高校歴代10傑

56.90 瀧野 未来(京都橘3京都) 2023.10.01 57.09 石塚 晴子(東大阪大敬愛3大阪) 2015. 7.31 57.43 山本 亜美(京都橘3京都) 2020.10. 3 57.65 山形依希子(敦賀3福井) 1992. 6.13 57.73 大野 瑞奈(埼玉栄3埼玉) 2020.11. 3 57.85 千葉 史織(仙台一3宮城) 2023. 8. 4 57.90 江口 幸子(横浜雙葉3神奈川) 2001. 6.10 57.98 タネル舞璃乃(埼玉栄3埼玉) 2021. 7.30 58.01 河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪) 2021. 7.18 58.03 小山 佳奈(川崎橘3神奈川) 2016. 6.25

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

“ミドル”で勝負したい ――陸上はいつ、どんなきっかけで始めましたか。 落合 小学校の頃にトライアスロンをやっていて、なかでも走るのが1番好きだったので、中学(今津中)に入学して陸上部に入りました。5つ上の兄が陸上をやっ […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top