HOME 国内、日本代表

2023.09.26

5000m、10000m出場の廣中璃梨佳 女子主将として「走りでチームを引っ張り、メダルは確実に取りたい」/アジア大会
5000m、10000m出場の廣中璃梨佳 女子主将として「走りでチームを引っ張り、メダルは確実に取りたい」/アジア大会

廣中璃梨佳(日本郵政グループ)

杭州アジア大会(9月29日~10月5日)の陸上日本選手団が9月26日、現地に向けて出発。東京・羽田空港で女子主将を務める廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が取材に応じた。

ブダペスト世界選手権10000mで7位入賞を果たした廣中。初出場となるアジア大会には、5000mと10000mの2種目に出場する。「世界陸上が終わって励みにしてきた大会。パリ五輪を目指して自信をつけていきたいです」と意気込みを語った。

9月に入って2週間ほど米・ボルダーでトレーニング。疲れを取りながらも、女子マラソンに出場する大西ひかりや10月15日のパリ五輪マラソン代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップに出場する鈴木亜由子、太田琴菜といったチームメイトに刺激を受けて調整してきた。「お互い高みを目指していく中でモチベーションになったのは良かったです」。

1歳年上の田中希実(New Balandce)が9月8日に5000mで14分29秒18の日本新をマーク。翌週のダイヤモンドリーグファイナルで6位に入った。「すごいなという気持ちもありますが、新たな歴史を切り開き、14分半を切れば世界で戦えるんだと見せてもらったので、そこに向かって背中を追う気持ちでやっていきたい」と話している。

女子主将の話があったのはボルダーから帰国した9月20日頃。「私でいいのかな」と思ったそうだが、「ありがたい」と引き受けた。陸上初日(9月29日)には10000mが控える。「走りでチームを引っ張れるものを出せたら良いな」と語り、出場5日目の5000mと合わせて「メダルは確実に取りたい」と意気込んでいた。

杭州アジア大会(9月29日~10月5日)の陸上日本選手団が9月26日、現地に向けて出発。東京・羽田空港で女子主将を務める廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が取材に応じた。 ブダペスト世界選手権10000mで7位入賞を果たした廣中。初出場となるアジア大会には、5000mと10000mの2種目に出場する。「世界陸上が終わって励みにしてきた大会。パリ五輪を目指して自信をつけていきたいです」と意気込みを語った。 9月に入って2週間ほど米・ボルダーでトレーニング。疲れを取りながらも、女子マラソンに出場する大西ひかりや10月15日のパリ五輪マラソン代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップに出場する鈴木亜由子、太田琴菜といったチームメイトに刺激を受けて調整してきた。「お互い高みを目指していく中でモチベーションになったのは良かったです」。 1歳年上の田中希実(New Balandce)が9月8日に5000mで14分29秒18の日本新をマーク。翌週のダイヤモンドリーグファイナルで6位に入った。「すごいなという気持ちもありますが、新たな歴史を切り開き、14分半を切れば世界で戦えるんだと見せてもらったので、そこに向かって背中を追う気持ちでやっていきたい」と話している。 女子主将の話があったのはボルダーから帰国した9月20日頃。「私でいいのかな」と思ったそうだが、「ありがたい」と引き受けた。陸上初日(9月29日)には10000mが控える。「走りでチームを引っ張れるものを出せたら良いな」と語り、出場5日目の5000mと合わせて「メダルは確実に取りたい」と意気込んでいた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top