HOME 国内

2023.09.13

世界最高峰ダイヤモンドリーグファイナルに北口榛花、泉谷駿介、田中希実、三浦龍司、橋岡優輝の5人がエントリー!
世界最高峰ダイヤモンドリーグファイナルに北口榛花、泉谷駿介、田中希実、三浦龍司、橋岡優輝の5人がエントリー!

DLファイナルにエントリーした田中希実、三浦龍司、北口榛花、泉谷駿介、橋岡優輝

9月16日、17日に米国・オレゴン州ユージンで開かれるダイヤモンドリーグ・ファイナルのスタートリストが更新された。

年間を通じて争われるリーグ戦で、ポイントを獲得した上位のみが出場。年間チャンピオンを決定する、まさに『世界最高峰』の舞台と言える。

前回、日本人として女子やり投の北口榛花(JAL)と男子3000m障害の三浦龍司(順大)が初めてファイナルに進出。北口は3位、三浦は4位と活躍した。

今年もその2人に加え、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)がポイントで6位となり出場が決定。さらに、上位選手のエントリー状況の結果、女子5000mの田中希実(New Balance)と男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が決まり、夢の舞台に日本から5人が出場することになった。

北口は昨年DL初参戦となったパリ大会で日本人初優勝の快挙。そこから今年のブリュッセル大会まで通算5勝(今季3勝)で、すべてトップ3をキープする安定ぶり。今季はブダペスト世界選手権で金メダル、日本記録も2度更新(67m38)しており、2度目のDLファイナルは世界リスト1位として堂々の優勝候補として臨む。

三浦はDLパリ大会で8分09秒91と自身の日本記録を0.01秒更新して2位。さらにDL廈門大会でも7位となり2年連続でのファイナルを決めた。

世界選手権で6位入賞の泉谷は今季DLに初参戦。6月のローザンヌ大会で男子日本人DL初優勝を飾ると、7月のロンドン大会でも13秒06で2位。廈門は体調不良で欠場したが、無事に初ファイナルを決めた。

5000mでファイナルに進んだ田中。ブダペスト世界選手権5000m予選で14分37秒98の日本新、決勝でも8位に入った。この種目初DLとなったブリュッセル大会で14分29秒18とさらに日本記録を塗り替えて3位に食い込んでいる。

橋岡は初DLだったローザンヌ大会で7m98の3位。ケガが続きブダペスト世界選手権ではシニア世界大会初の予選落ちとなったが、リベンジの舞台となる。

女子やり投が初日最初の種目として現地11時に競技開始。13時19分に男子3000m障害が行われる。2日目の11時48分に男子走幅跳、12時39分に女子5000m、13時52分に男子110mハードルが実施される。

9月16日、17日に米国・オレゴン州ユージンで開かれるダイヤモンドリーグ・ファイナルのスタートリストが更新された。 年間を通じて争われるリーグ戦で、ポイントを獲得した上位のみが出場。年間チャンピオンを決定する、まさに『世界最高峰』の舞台と言える。 前回、日本人として女子やり投の北口榛花(JAL)と男子3000m障害の三浦龍司(順大)が初めてファイナルに進出。北口は3位、三浦は4位と活躍した。 今年もその2人に加え、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)がポイントで6位となり出場が決定。さらに、上位選手のエントリー状況の結果、女子5000mの田中希実(New Balance)と男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が決まり、夢の舞台に日本から5人が出場することになった。 北口は昨年DL初参戦となったパリ大会で日本人初優勝の快挙。そこから今年のブリュッセル大会まで通算5勝(今季3勝)で、すべてトップ3をキープする安定ぶり。今季はブダペスト世界選手権で金メダル、日本記録も2度更新(67m38)しており、2度目のDLファイナルは世界リスト1位として堂々の優勝候補として臨む。 三浦はDLパリ大会で8分09秒91と自身の日本記録を0.01秒更新して2位。さらにDL廈門大会でも7位となり2年連続でのファイナルを決めた。 世界選手権で6位入賞の泉谷は今季DLに初参戦。6月のローザンヌ大会で男子日本人DL初優勝を飾ると、7月のロンドン大会でも13秒06で2位。廈門は体調不良で欠場したが、無事に初ファイナルを決めた。 5000mでファイナルに進んだ田中。ブダペスト世界選手権5000m予選で14分37秒98の日本新、決勝でも8位に入った。この種目初DLとなったブリュッセル大会で14分29秒18とさらに日本記録を塗り替えて3位に食い込んでいる。 橋岡は初DLだったローザンヌ大会で7m98の3位。ケガが続きブダペスト世界選手権ではシニア世界大会初の予選落ちとなったが、リベンジの舞台となる。 女子やり投が初日最初の種目として現地11時に競技開始。13時19分に男子3000m障害が行われる。2日目の11時48分に男子走幅跳、12時39分に女子5000m、13時52分に男子110mハードルが実施される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top