HOME 海外

2023.09.08

世界ロードランニング選手権のケニア代表が発表!キピエゴンが初実施の女子1マイルに出場 ヤクルトのワイザカも選出
世界ロードランニング選手権のケニア代表が発表!キピエゴンが初実施の女子1マイルに出場 ヤクルトのワイザカも選出

23年世界選手権1500m、5000mの2種目に優勝したキピエゴン

7日、世界ロードランニング選手権(10月1日/ラトビア・リガ)のケニア代表選手が発表され、女子1500m、5000mの世界記録保持者で、両種目のブダペスト世界選手権金メダリストのF.キピエゴン(ケニア)が1マイルに出場することが分かった。

キピエゴンはロードレースの公認レースに出場するのが初。ロード1マイルでは今年9月1日から世界陸連(WA)が世界記録を公認することが決まっており、現時点では今年4月にN.ヒルツ(米国)がマークした4分27秒97が暫定的な世界記録となっている。キピエゴンは今季、トラックの1マイルで4分07秒64の世界記録を樹立しており、出場すれば記録更新は確実とみられている。

また女子1マイルには3000m障害の世界記録保持者B.チェプコエチも代表に選ばれた。

そのほか、女子5kmにはオレゴン世界選手権5000m銀メダルで世界クロカン優勝のB.チェベト、ハーフマラソンに東京五輪金メダルのP.ジェプチルチルらが出場を予定。男子ハーフマラソンにはブダペスト世界選手権10000m銀メダルのD.S.エベニョらが選ばれたほか、昨年のオレゴン世界選手権10000m2位でヤクルトに所属するS.ワイザカが5kmの代表に選出された。

世界ロードランニング選手権は、20年まで世界ハーフマラソン選手権として行われてきた大会に、1マイルと5kmの2種目を加えて新しい大会としてスタート。日本からは田中希実(New Balance)が1マイル、5kmの2種目にエントリーし、男子ハーフマラソンは太田智樹(トヨタ自動車)と近藤亮太(三菱重工)が出場する。

7日、世界ロードランニング選手権(10月1日/ラトビア・リガ)のケニア代表選手が発表され、女子1500m、5000mの世界記録保持者で、両種目のブダペスト世界選手権金メダリストのF.キピエゴン(ケニア)が1マイルに出場することが分かった。 キピエゴンはロードレースの公認レースに出場するのが初。ロード1マイルでは今年9月1日から世界陸連(WA)が世界記録を公認することが決まっており、現時点では今年4月にN.ヒルツ(米国)がマークした4分27秒97が暫定的な世界記録となっている。キピエゴンは今季、トラックの1マイルで4分07秒64の世界記録を樹立しており、出場すれば記録更新は確実とみられている。 また女子1マイルには3000m障害の世界記録保持者B.チェプコエチも代表に選ばれた。 そのほか、女子5kmにはオレゴン世界選手権5000m銀メダルで世界クロカン優勝のB.チェベト、ハーフマラソンに東京五輪金メダルのP.ジェプチルチルらが出場を予定。男子ハーフマラソンにはブダペスト世界選手権10000m銀メダルのD.S.エベニョらが選ばれたほか、昨年のオレゴン世界選手権10000m2位でヤクルトに所属するS.ワイザカが5kmの代表に選出された。 世界ロードランニング選手権は、20年まで世界ハーフマラソン選手権として行われてきた大会に、1マイルと5kmの2種目を加えて新しい大会としてスタート。日本からは田中希実(New Balance)が1マイル、5kmの2種目にエントリーし、男子ハーフマラソンは太田智樹(トヨタ自動車)と近藤亮太(三菱重工)が出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top