HOME 国内、世界陸上、日本代表
やり投・北口、35km競歩・川野がメダル!過去最高の入賞11「最強メンバー」証明 パリ五輪、25年東京へ弾み/世界陸上
やり投・北口、35km競歩・川野がメダル!過去最高の入賞11「最強メンバー」証明 パリ五輪、25年東京へ弾み/世界陸上

ブダペスト世界選手権女子やり投で金メダルに輝いた北口榛花(JAL)

8月19日から27日の日程で行われているブダペスト世界選手権、最終日の午後セッションは日本代表の出場種目はなし。早朝に実施された男子マラソンですべての種目を終えた。

日本はメダル2個を含む、入賞11。入賞の数は2013年モスクワ、22年オレゴンの9を上回る過去最高の成績となる。出発前に日本陸連の山崎一彦強化委員長が「史上最強メンバー」と称していたが、それを物語る結果をなった。

広告の下にコンテンツが続きます

金メダルは女子やり投の北口榛花(JAL)。五輪・世界選手権においてマラソンを除く女子初の金メダル獲得だった。男子35km競歩では川野将虎(旭化成)が銅メダルを手にした。北口、川野ともに前回(銅、銀)に続く表彰台。北口は日本陸連が定めるパリ五輪代表選考基準を満たしてパリ五輪代表に内定し、ディフェンディング・チャンピオンに与えられるワイルドカードで25年東京世界選手権の出場資格も得た。

男子100mではサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が前回オレゴンの7位に続き6位入賞の快挙。そのサニブラウンが4走を務め、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)とつないだ4×100mリレーも2大会ぶりに決勝に進んで5位に入った。

こちらも快挙だったのが男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)。ダイヤモンドリーグ(DL)優勝の勢いそのままに日本勢初の決勝に進むと、脚をつりながら走って5位に食い込んだ。男子3000m障害の三浦龍司(順大)は東京五輪(7位)に続く6位入賞。いずれもDLでも活躍しているように海外トップ選手であることを証明した。いずれも日本勢初の入賞となる。

男子のフィールド種目では走高跳の赤松諒一(アワーズ)が8位タイ。前回の真野友博(九電工)に続いて日本勢連続入賞となった。

広告の下にコンテンツが続きます

女子のトラックでは第一人者の2人が魅せた。大会初日の10000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位に入って今大会の日本初入賞。同種目での入賞の13年モスクワの新谷仁美以来5大会ぶり。東京五輪(7位)に続く入賞で、両大会入賞は千葉真子(96年アトランタ五輪5位/97年アテネ世界選手権銅メダル)に次いで2人目だった。

8日目の5000mでは田中希実(New Balance)が8位。この種目では97年アテネの弘山晴美(8位)以来、26年ぶりの入賞だった。

複数メダル・入賞が期待されていた競歩陣。男子20km競歩ではメダル・入賞を逃す苦しい結果となったが、川野が銅メダルを手にしたほか、35km競歩は男子で野田明宏(自衛隊体育学校)が6位、女子は園田世玲奈(NTN)が7位と健闘した。

日本新記録は2つ。男子400mの予選で佐藤拳太郎(富士通)が44秒77をマーク。髙野進の日本記録を32年ぶりに0.01秒塗り替えた。また、佐藤風雅(ミズノ)も予選で44秒97、準決勝で44秒88と日本人3人目の44秒台をマークしている。女子5000mの田中は予選で14分37秒98の日本新。これまでの記録(14分52秒84/廣中)を15秒近くも更新している。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会で新たにサニブラウン、佐藤拳、佐藤風、400mハードルの黒川和樹(法大)、田中(5000m)の5人がパリ五輪の参加標準記録を突破。来年のパリ五輪、そして25年東京世界選手権に向けて弾みをつける結果となった。

8月19日から27日の日程で行われているブダペスト世界選手権、最終日の午後セッションは日本代表の出場種目はなし。早朝に実施された男子マラソンですべての種目を終えた。 日本はメダル2個を含む、入賞11。入賞の数は2013年モスクワ、22年オレゴンの9を上回る過去最高の成績となる。出発前に日本陸連の山崎一彦強化委員長が「史上最強メンバー」と称していたが、それを物語る結果をなった。 金メダルは女子やり投の北口榛花(JAL)。五輪・世界選手権においてマラソンを除く女子初の金メダル獲得だった。男子35km競歩では川野将虎(旭化成)が銅メダルを手にした。北口、川野ともに前回(銅、銀)に続く表彰台。北口は日本陸連が定めるパリ五輪代表選考基準を満たしてパリ五輪代表に内定し、ディフェンディング・チャンピオンに与えられるワイルドカードで25年東京世界選手権の出場資格も得た。 男子100mではサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が前回オレゴンの7位に続き6位入賞の快挙。そのサニブラウンが4走を務め、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)とつないだ4×100mリレーも2大会ぶりに決勝に進んで5位に入った。 こちらも快挙だったのが男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)。ダイヤモンドリーグ(DL)優勝の勢いそのままに日本勢初の決勝に進むと、脚をつりながら走って5位に食い込んだ。男子3000m障害の三浦龍司(順大)は東京五輪(7位)に続く6位入賞。いずれもDLでも活躍しているように海外トップ選手であることを証明した。いずれも日本勢初の入賞となる。 男子のフィールド種目では走高跳の赤松諒一(アワーズ)が8位タイ。前回の真野友博(九電工)に続いて日本勢連続入賞となった。 女子のトラックでは第一人者の2人が魅せた。大会初日の10000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位に入って今大会の日本初入賞。同種目での入賞の13年モスクワの新谷仁美以来5大会ぶり。東京五輪(7位)に続く入賞で、両大会入賞は千葉真子(96年アトランタ五輪5位/97年アテネ世界選手権銅メダル)に次いで2人目だった。 8日目の5000mでは田中希実(New Balance)が8位。この種目では97年アテネの弘山晴美(8位)以来、26年ぶりの入賞だった。 複数メダル・入賞が期待されていた競歩陣。男子20km競歩ではメダル・入賞を逃す苦しい結果となったが、川野が銅メダルを手にしたほか、35km競歩は男子で野田明宏(自衛隊体育学校)が6位、女子は園田世玲奈(NTN)が7位と健闘した。 日本新記録は2つ。男子400mの予選で佐藤拳太郎(富士通)が44秒77をマーク。髙野進の日本記録を32年ぶりに0.01秒塗り替えた。また、佐藤風雅(ミズノ)も予選で44秒97、準決勝で44秒88と日本人3人目の44秒台をマークしている。女子5000mの田中は予選で14分37秒98の日本新。これまでの記録(14分52秒84/廣中)を15秒近くも更新している。 今大会で新たにサニブラウン、佐藤拳、佐藤風、400mハードルの黒川和樹(法大)、田中(5000m)の5人がパリ五輪の参加標準記録を突破。来年のパリ五輪、そして25年東京世界選手権に向けて弾みをつける結果となった。

ブダペスト世界陸上 日本代表入賞一覧

●男子 100m 6位 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) 110mH 5位 泉谷駿介(住友電工) 3000m障害 6位 三浦龍司(順大) 4×100mR 5位 日本(坂井、栁田、小池、サニブラウン) 走高跳 8位タイ 赤松諒一(アワーズ) 35km競歩 3位 川野将虎(旭化成) 6位 野田明宏(自衛隊体育学校) ●女子 5000m 8位 田中希実(New Balance) 10000m 7位 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 35km競歩 7位 園田世玲奈(NTN) やり投 優勝 北口榛花(JAL)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top