HOME 国内、世界陸上、日本代表
110mH泉谷駿介、高山峻野ら日本勢初ファイナルなるか 男子400mH準決勝に黒川、女子400mH予選に山本&宇都宮が登場/世界陸上Day3みどころ
110mH泉谷駿介、高山峻野ら日本勢初ファイナルなるか 男子400mH準決勝に黒川、女子400mH予選に山本&宇都宮が登場/世界陸上Day3みどころ

左から黒川、泉谷、高山、山本

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が8月19日から8月27日まで、ハンガリー・ブダペストの国立競技場で行われている。

日本とハンガリーとの時差は7時間。現地の午前セッションは日本時間の昼過ぎから20時頃まで、午後セッションは深夜から未明にかけて実施される。

広告の下にコンテンツが続きます

午後セッションのみが開催されるDay3(日本時間22日)の注目は、準決勝と決勝が行われる男子110mハードルだ。

日本勢からは泉谷駿介(住友電工)、高山峻野(ゼンリン)、横地大雅(Team SSP)の3人が準決勝に出場。泉谷と高山は予選を着順を突破し、横地は隣のレーンの選手の転倒に巻き込まれ、救済されるかたちで駒を進めた。

なかでも泉谷は今年の日本選手権で13秒04の日本新記録を樹立し、6月末のダイヤモンドリーグ・ローザンヌ大会では13秒22(-1.0)で優勝。7月のロンドン大会では世界王者グラント・ホロウェイ(米国)に次ぐ13秒06(+1.3)で2位と、世界の強豪とも渡り合ってきた。

13秒04は今季世界リスト5位タイで、十分に決勝進出は狙える位置につけている。メダル獲得も決して夢ではない。

広告の下にコンテンツが続きます

高山も7月のアジア選手権を制して勢いに乗る。準決勝で自己記録(13秒10)を更新、もしくは近いタイムで乗り切れば、決勝進出が見えてくる。

予選で思わぬ妨害を受けた横地は、まず自己記録(13秒33)を更新して少しでも世界の強豪相手に食らいつきたいところだ。

優勝候補は3連覇が懸かるホロウェイ、東京五輪覇者のハンスル・パーチメント(ジャマイカ)、全米選手権覇者のダニエル・ロバーツあたりか。準決勝は日本時間3時05分、決勝は4分40分に行われる。

2時35分からの男子400mハードル準決勝には、黒川和樹(法大)が登場する。前日の予選はシーズンベストの48秒71で5組3着で着順通過。昨年のオレゴン大会も準決勝進出を果たしており、日本勢では2005年の為末大(銅メダル)以来の決勝進出が懸かる。

広告の下にコンテンツが続きます

1時50分からは女子400mハードル予選が行われ、日本勢は追加代表入りとなった山本亜美(立命大)と宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が世界に挑む。ともに初出場。2011年テグ大会の久保倉里美以来となる準決勝進出となるか。

このほか、この日は女子100mの準決勝(日本時間3時35分)・決勝(4時50分)が実施。3大会連続6度目の大会制覇を狙うシェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)、全米選手権覇者で予選トップタイム(10秒92/+0.4)だったシャカリ・リチャードソン、世界歴代5位タイの10秒65を持つシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)、ダイヤモンドリーグ4勝と好調のM.J.タル―(コートジボワール)らがぶつかり合う。

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が8月19日から8月27日まで、ハンガリー・ブダペストの国立競技場で行われている。 日本とハンガリーとの時差は7時間。現地の午前セッションは日本時間の昼過ぎから20時頃まで、午後セッションは深夜から未明にかけて実施される。 午後セッションのみが開催されるDay3(日本時間22日)の注目は、準決勝と決勝が行われる男子110mハードルだ。 日本勢からは泉谷駿介(住友電工)、高山峻野(ゼンリン)、横地大雅(Team SSP)の3人が準決勝に出場。泉谷と高山は予選を着順を突破し、横地は隣のレーンの選手の転倒に巻き込まれ、救済されるかたちで駒を進めた。 なかでも泉谷は今年の日本選手権で13秒04の日本新記録を樹立し、6月末のダイヤモンドリーグ・ローザンヌ大会では13秒22(-1.0)で優勝。7月のロンドン大会では世界王者グラント・ホロウェイ(米国)に次ぐ13秒06(+1.3)で2位と、世界の強豪とも渡り合ってきた。 13秒04は今季世界リスト5位タイで、十分に決勝進出は狙える位置につけている。メダル獲得も決して夢ではない。 高山も7月のアジア選手権を制して勢いに乗る。準決勝で自己記録(13秒10)を更新、もしくは近いタイムで乗り切れば、決勝進出が見えてくる。 予選で思わぬ妨害を受けた横地は、まず自己記録(13秒33)を更新して少しでも世界の強豪相手に食らいつきたいところだ。 優勝候補は3連覇が懸かるホロウェイ、東京五輪覇者のハンスル・パーチメント(ジャマイカ)、全米選手権覇者のダニエル・ロバーツあたりか。準決勝は日本時間3時05分、決勝は4分40分に行われる。 2時35分からの男子400mハードル準決勝には、黒川和樹(法大)が登場する。前日の予選はシーズンベストの48秒71で5組3着で着順通過。昨年のオレゴン大会も準決勝進出を果たしており、日本勢では2005年の為末大(銅メダル)以来の決勝進出が懸かる。 1時50分からは女子400mハードル予選が行われ、日本勢は追加代表入りとなった山本亜美(立命大)と宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が世界に挑む。ともに初出場。2011年テグ大会の久保倉里美以来となる準決勝進出となるか。 このほか、この日は女子100mの準決勝(日本時間3時35分)・決勝(4時50分)が実施。3大会連続6度目の大会制覇を狙うシェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)、全米選手権覇者で予選トップタイム(10秒92/+0.4)だったシャカリ・リチャードソン、世界歴代5位タイの10秒65を持つシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)、ダイヤモンドリーグ4勝と好調のM.J.タル―(コートジボワール)らがぶつかり合う。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top