HOME 国内、世界陸上、日本代表
やり投・北口榛花「メダルを取りに行く」今季世界リスト1位も変わらず「自分のパフォーマンスをしっかりできるように」/ブダペスト世界陸上
やり投・北口榛花「メダルを取りに行く」今季世界リスト1位も変わらず「自分のパフォーマンスをしっかりできるように」/ブダペスト世界陸上

ブダペスト世界選手権で初の金メダルを狙う女子やり投の北口榛花

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。

充実の時を迎えている。女子やり投の北口榛花(JAL)は、ダイヤモンドリーグ(DL)シレジア大会で67m04をマークして優勝した。自身が2019年に作った日本記録を4年ぶりに更新。堂々の世界リストトップで3度目の世界選手権に乗り込む。

広告の下にコンテンツが続きます

「アベレージは確実に上がっているのに、どんなに良い条件でも(大きな)一本が出ないのはすごく気にしていました」。そうした“モヤモヤ”をようやく払拭する一撃。「大会前から初めてと言えるくらい練習で調子が良かったんです。これまで2回試合をして2回とも勝っている競技場。相性も良くて、不安なく臨めたのが大きかったです」と振り返る。それでも、「65mくらいかなと思っていたので、67mまで飛んでいるとは思っていませんでした。ビックリです」と笑った。

今年6月の日本選手権では斉藤真理菜(スズキ)に次ぐまさかの2位。「負けたことは反省しないといけないですし、終わってからコーチとトレーナーさんと原因について考えました」。もちろん、「勝てばうれしいし、負ければ悔しい」。大粒の涙を浮かべていた。しかし、「試合も続きましたし、日本選手権で負けたくらいで下を向いている場合じゃない」と、すぐに切り替えて欧州転戦に入った。

その「原因」とは、「身体が硬くなっていたこと」。冬季はウエイトトレーニングのマックスも上がるなど、数値的にも出力的にも「調子が良かった」。ただ、肝心のやり投になると動きがうまくいかなかったという。

「練習をすればするだけ記録が出るわけではなくて、思うように動く状態でいるのが大事。私は『姿勢』を大事にしていて、人間としていないといけな“ポジション”に近づけるかを意識しています」

広告の下にコンテンツが続きます

そこで、日本選手権後に「ウエイトトレーニングをマックスの7割くらい」に抑え、身体のケアで持ち味である「大きさと柔軟性」を生かせるように調整していった。DLパリで優勝すると、その後のシレジアへの日本新に向けて徐々に調子を上げてくことに成功する。

国際試合でも常に優勝争いを繰り広げている北口。前回、銅メダルという実績も含めて、海外メディアからも「(目指すのは)金メダルでしょ」と振られることも多いという。だが、昨年のオレゴン後に立てた「狙ってメダルを取る」という目標は変わらない。

「68mくらいまでは想像の範囲内で、すべての条件がそろえば出ると思います。試合前は私も不安になりますが、相手同じくらい私も努力しているだろう、と思って臨んでいます。またちょっとでもいいので日本記録を更新して、自分の目標であるメダル獲得ができるように準備していきます」

予選は日本時間の8月23日、決勝は8月25日深夜3時20分にスタート。

広告の下にコンテンツが続きます

「1投目をしっかり投げて、どれだけ相手にプレッシャーを与えられるか。誰が上がってくるか私もわかりません。自分がやれることをやれば良い勝負ができると思います」

北口は「初めてなので美しい街並みを見るのが楽しみ」と語るブダペストで、自分らしい最高のパフォーマンスを見せる。

文/向永拓史

■女子やり投(※日本時間)
予選 8月23日(水) A組17時20分~、B組18時55分~
決勝 8月25日(金) 深夜3時20分~

広告の下にコンテンツが続きます
8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。 充実の時を迎えている。女子やり投の北口榛花(JAL)は、ダイヤモンドリーグ(DL)シレジア大会で67m04をマークして優勝した。自身が2019年に作った日本記録を4年ぶりに更新。堂々の世界リストトップで3度目の世界選手権に乗り込む。 「アベレージは確実に上がっているのに、どんなに良い条件でも(大きな)一本が出ないのはすごく気にしていました」。そうした“モヤモヤ”をようやく払拭する一撃。「大会前から初めてと言えるくらい練習で調子が良かったんです。これまで2回試合をして2回とも勝っている競技場。相性も良くて、不安なく臨めたのが大きかったです」と振り返る。それでも、「65mくらいかなと思っていたので、67mまで飛んでいるとは思っていませんでした。ビックリです」と笑った。 今年6月の日本選手権では斉藤真理菜(スズキ)に次ぐまさかの2位。「負けたことは反省しないといけないですし、終わってからコーチとトレーナーさんと原因について考えました」。もちろん、「勝てばうれしいし、負ければ悔しい」。大粒の涙を浮かべていた。しかし、「試合も続きましたし、日本選手権で負けたくらいで下を向いている場合じゃない」と、すぐに切り替えて欧州転戦に入った。 その「原因」とは、「身体が硬くなっていたこと」。冬季はウエイトトレーニングのマックスも上がるなど、数値的にも出力的にも「調子が良かった」。ただ、肝心のやり投になると動きがうまくいかなかったという。 「練習をすればするだけ記録が出るわけではなくて、思うように動く状態でいるのが大事。私は『姿勢』を大事にしていて、人間としていないといけな“ポジション”に近づけるかを意識しています」 そこで、日本選手権後に「ウエイトトレーニングをマックスの7割くらい」に抑え、身体のケアで持ち味である「大きさと柔軟性」を生かせるように調整していった。DLパリで優勝すると、その後のシレジアへの日本新に向けて徐々に調子を上げてくことに成功する。 国際試合でも常に優勝争いを繰り広げている北口。前回、銅メダルという実績も含めて、海外メディアからも「(目指すのは)金メダルでしょ」と振られることも多いという。だが、昨年のオレゴン後に立てた「狙ってメダルを取る」という目標は変わらない。 「68mくらいまでは想像の範囲内で、すべての条件がそろえば出ると思います。試合前は私も不安になりますが、相手同じくらい私も努力しているだろう、と思って臨んでいます。またちょっとでもいいので日本記録を更新して、自分の目標であるメダル獲得ができるように準備していきます」 予選は日本時間の8月23日、決勝は8月25日深夜3時20分にスタート。 「1投目をしっかり投げて、どれだけ相手にプレッシャーを与えられるか。誰が上がってくるか私もわかりません。自分がやれることをやれば良い勝負ができると思います」 北口は「初めてなので美しい街並みを見るのが楽しみ」と語るブダペストで、自分らしい最高のパフォーマンスを見せる。 文/向永拓史 ■女子やり投(※日本時間) 予選 8月23日(水) A組17時20分~、B組18時55分~ 決勝 8月25日(金) 深夜3時20分~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top