HOME 国内、世界陸上、日本代表
100mの坂井隆一郎「調子は上がっている」と手応え 4継は「チーム一丸となってメダルを」/世界陸上
100mの坂井隆一郎「調子は上がっている」と手応え 4継は「チーム一丸となってメダルを」/世界陸上

坂井隆一郎(大阪ガス)

ブダペスト世界選手権(8月19日~27日)の日本代表第一陣が8月12日、東京・羽田空港から現地に向けて出発した。

第一陣は坂井隆一郎(大阪ガス)、三浦龍司(順大)、中島佑気ジョセフ(東洋大)、高山峻野(ゼンリン)、真野友博(九電工)、後藤夢(ユニクロ)、五島莉乃(資生堂)ら。同日深夜に日本を経ち、フィンランド・ヘルシンキ経由でブダペスト入りする。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100m代表の坂井は取材に応じ「家出る時からドキドキして緊張していました。レースのことを考えています」と話した。

それは、「自分が(世界選手権で)どこまで行けるか」という期待と、6月の日本選手権のあと、アキレス腱に痛みが出て思うように練習できなかった不安から来るもの。だが、7月中旬のアジア選手権では決勝まで3レースを経験した。その後、7月23日のダイヤモンドリーグロンドン大会では4×100mリレーの1走を務めて37秒80をマーク。ブダペスト行きを決めている。

「調子は上がっている」と坂井。自身の自己ベスト(10秒02/22年)を更新する9秒台突入にも「条件次第で出るんじゃないかなと思います。手応えは感じています」と語った。

昨年11月に結婚。家族ができて、「自分が競技で活躍していかない支えていかないと」思うようになった。ブダペストへ向けて家を出る前には、妻からは「リラックスして走ってほしい」と送り出されたという。妻も現地で観戦する予定だ。

広告の下にコンテンツが続きます

世界選手権初出場だった昨年のオレゴン大会は準決勝に進んだ。そのレースで金メダリストのフレッド・カーリー(米国)と一緒に走っている。「スタートではしっかり通用することができたが、中盤以降は話にならなかったです」と振り返った坂井。そのうえで「その部分(中盤以降)を1年間かけて改善してきたと思っているので、それをレースで確かめたい」と語った。

また、4継についても「ロンドンではしっかり走れました。メンバー的にも強い選手がそろっていると思うので、欲を言えば金メダル。チーム一丸となってメダルを取りにいきたいです」と力を込めた。

男子100mは現地時間で8月19日に予備予選と予選を、20日に準決勝と決勝を行う。男子4×100mリレーは予選が25日、決勝は26日に実施される。

ブダペスト世界選手権(8月19日~27日)の日本代表第一陣が8月12日、東京・羽田空港から現地に向けて出発した。 第一陣は坂井隆一郎(大阪ガス)、三浦龍司(順大)、中島佑気ジョセフ(東洋大)、高山峻野(ゼンリン)、真野友博(九電工)、後藤夢(ユニクロ)、五島莉乃(資生堂)ら。同日深夜に日本を経ち、フィンランド・ヘルシンキ経由でブダペスト入りする。 男子100m代表の坂井は取材に応じ「家出る時からドキドキして緊張していました。レースのことを考えています」と話した。 それは、「自分が(世界選手権で)どこまで行けるか」という期待と、6月の日本選手権のあと、アキレス腱に痛みが出て思うように練習できなかった不安から来るもの。だが、7月中旬のアジア選手権では決勝まで3レースを経験した。その後、7月23日のダイヤモンドリーグロンドン大会では4×100mリレーの1走を務めて37秒80をマーク。ブダペスト行きを決めている。 「調子は上がっている」と坂井。自身の自己ベスト(10秒02/22年)を更新する9秒台突入にも「条件次第で出るんじゃないかなと思います。手応えは感じています」と語った。 昨年11月に結婚。家族ができて、「自分が競技で活躍していかない支えていかないと」思うようになった。ブダペストへ向けて家を出る前には、妻からは「リラックスして走ってほしい」と送り出されたという。妻も現地で観戦する予定だ。 世界選手権初出場だった昨年のオレゴン大会は準決勝に進んだ。そのレースで金メダリストのフレッド・カーリー(米国)と一緒に走っている。「スタートではしっかり通用することができたが、中盤以降は話にならなかったです」と振り返った坂井。そのうえで「その部分(中盤以降)を1年間かけて改善してきたと思っているので、それをレースで確かめたい」と語った。 また、4継についても「ロンドンではしっかり走れました。メンバー的にも強い選手がそろっていると思うので、欲を言えば金メダル。チーム一丸となってメダルを取りにいきたいです」と力を込めた。 男子100mは現地時間で8月19日に予備予選と予選を、20日に準決勝と決勝を行う。男子4×100mリレーは予選が25日、決勝は26日に実施される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top