HOME 特集

2023.08.10

【ドキュメント】今年も福井の夏空に上がった好記録連発の“花火” 来年は「もっと楽しんでもらえるように」/福井ナイトゲームズ
【ドキュメント】今年も福井の夏空に上がった好記録連発の“花火” 来年は「もっと楽しんでもらえるように」/福井ナイトゲームズ

110mHで好記録を出した村竹ラシッドがファンと交流

2019年に始まって以降、「Athlete Night Games」は福井の夏の“風物詩”的な競技会となった。1回目は日本記録が連発。その後も毎年のようにハイパフォーマンスが繰り広げられている。

クラウドファンディングのリターン席として、トラック脇や走幅跳・やり投のピット脇で観戦できるスタイルにリピーターは多い。今年も7月29日に開催された。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、今年は大会前に不穏な空気が漂った。海外遠征やブダペスト世界選手権までのコンディション調整のため、出場を予定していたトップ選手たちにキャンセルが相次ぐ。もちろん関係者の間でも不安が広がった。

しかし、福井陸協の木原靖之・専務理事は「元々、大きな記録を出そうとした大会ではない。原点に戻ろう」と声をかけたという。

始まりは2017年の日本インカレ。当時・東洋大4年だった桐生祥秀(現・日本生命)が、100mで日本人初の9秒台をマークした時に、「あの盛り上がりをもう一度」という思いが湧き、「海外のようにナイター競技会にして、観客も選手も楽しめるようにしよう」「クラウドファンディングで募った資金は選手の賞金に充てよう」と次々とアイディアを出して開催に至った。

その1回目には“主役”とも言うべき桐生も参戦。大いに盛り上げた。

広告の下にコンテンツが続きます

それから早5年。今年は日本グランプリシリーズにも加盟し、「企業からの協力は得やすくなった」一方で、スタンド観戦も含めたチケット販売数は「苦戦した」と木原専務理事は言う。

ただ、そうした不安材料を吹き飛ばしたのは、選手たちのパフォーマンスであり、高校生補助員を含めた地元・福井の人たち。そして、それを支えた観客だった。

大会前日、強い追い風が競技場に吹いていた。相次ぐトップ選手の出場辞退に、少しのんびりした空気感。探り探りだった1回目に近い雰囲気だった。「これは明日、何か起こりますよ。競技場が“ゾーン”に入っていますから」。木原専務理事はニヤリと笑った。

男子やり投で小椋健司(エイジェックスポーツ)が今季初の大台となる80m13。もちろん、選手のテントと横並びにいる観客は間近でそのビッグスローに酔いしれた。男子110mハードルでは、ケガから復帰の村竹ラシッド(順大)と野本周成(愛媛陸協)が、ともに自己新でパリ五輪の参加標準記録を突破。最終種目の男子100mでは、春は不調にあえいでいた多田修平(住友電工)が復活を示す10秒10をマークして優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

大会終了後は選手とファンの交流会も4年ぶりに復活。写真やサインに応じて、選手もファンも笑顔であふれていた。

節目の5回目を終え、収穫も課題もあった。「来年は集客の面で、クラウドファンディングを活用するかどうかも含めて検討していきたい」と木原専務理事。ただ、「ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会は50000人が集まった。我々がやっているのはそういう競技なんだから自信を持とうと思えました。続けることが大事。来年は前からプランにあるように、いろいろな競技やイベント、観光とコラボレーションして、出場する選手に関係なく、もっと楽しんでもらえるようにできればと思っています」と語った。

大会終了後、中心となって進めている役員の多くは、休む間もなく教え子とともにインターハイが行われる北海道へ。創ることも、続けることも、決して簡単ではない。ただ、選手と観客の笑顔がある限り、福井陸協の情熱が消えることはない。

文/向永拓史

広告の下にコンテンツが続きます
2019年に始まって以降、「Athlete Night Games」は福井の夏の“風物詩”的な競技会となった。1回目は日本記録が連発。その後も毎年のようにハイパフォーマンスが繰り広げられている。 クラウドファンディングのリターン席として、トラック脇や走幅跳・やり投のピット脇で観戦できるスタイルにリピーターは多い。今年も7月29日に開催された。 ただ、今年は大会前に不穏な空気が漂った。海外遠征やブダペスト世界選手権までのコンディション調整のため、出場を予定していたトップ選手たちにキャンセルが相次ぐ。もちろん関係者の間でも不安が広がった。 しかし、福井陸協の木原靖之・専務理事は「元々、大きな記録を出そうとした大会ではない。原点に戻ろう」と声をかけたという。 始まりは2017年の日本インカレ。当時・東洋大4年だった桐生祥秀(現・日本生命)が、100mで日本人初の9秒台をマークした時に、「あの盛り上がりをもう一度」という思いが湧き、「海外のようにナイター競技会にして、観客も選手も楽しめるようにしよう」「クラウドファンディングで募った資金は選手の賞金に充てよう」と次々とアイディアを出して開催に至った。 その1回目には“主役”とも言うべき桐生も参戦。大いに盛り上げた。 それから早5年。今年は日本グランプリシリーズにも加盟し、「企業からの協力は得やすくなった」一方で、スタンド観戦も含めたチケット販売数は「苦戦した」と木原専務理事は言う。 ただ、そうした不安材料を吹き飛ばしたのは、選手たちのパフォーマンスであり、高校生補助員を含めた地元・福井の人たち。そして、それを支えた観客だった。 大会前日、強い追い風が競技場に吹いていた。相次ぐトップ選手の出場辞退に、少しのんびりした空気感。探り探りだった1回目に近い雰囲気だった。「これは明日、何か起こりますよ。競技場が“ゾーン”に入っていますから」。木原専務理事はニヤリと笑った。 男子やり投で小椋健司(エイジェックスポーツ)が今季初の大台となる80m13。もちろん、選手のテントと横並びにいる観客は間近でそのビッグスローに酔いしれた。男子110mハードルでは、ケガから復帰の村竹ラシッド(順大)と野本周成(愛媛陸協)が、ともに自己新でパリ五輪の参加標準記録を突破。最終種目の男子100mでは、春は不調にあえいでいた多田修平(住友電工)が復活を示す10秒10をマークして優勝した。 大会終了後は選手とファンの交流会も4年ぶりに復活。写真やサインに応じて、選手もファンも笑顔であふれていた。 節目の5回目を終え、収穫も課題もあった。「来年は集客の面で、クラウドファンディングを活用するかどうかも含めて検討していきたい」と木原専務理事。ただ、「ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会は50000人が集まった。我々がやっているのはそういう競技なんだから自信を持とうと思えました。続けることが大事。来年は前からプランにあるように、いろいろな競技やイベント、観光とコラボレーションして、出場する選手に関係なく、もっと楽しんでもらえるようにできればと思っています」と語った。 大会終了後、中心となって進めている役員の多くは、休む間もなく教え子とともにインターハイが行われる北海道へ。創ることも、続けることも、決して簡単ではない。ただ、選手と観客の笑顔がある限り、福井陸協の情熱が消えることはない。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top