HOME 駅伝

2023.08.08

日本人エース区間は2区に!ニューイヤー駅伝の区間割が変更「日本最速駅伝の醍醐味」をより前面に
日本人エース区間は2区に!ニューイヤー駅伝の区間割が変更「日本最速駅伝の醍醐味」をより前面に

23年元日のニューイヤー駅伝の様子

日本実業団連合は8月7日、来年1月1日に開催予定のニューイヤー駅伝の区間割とコースの一部見直しを行うことを発表した。

1区は変わらないが、従来の2区(8.3km)と3区(13.6km)を合算して21.9kmの新2区を設け、「日本人エース区間」とする。

広告の下にコンテンツが続きます

また、22.4kmだった従来の4区を分割して新しい中継所が設置され、約15kmの新3区、約8kmの新4区に。これまで2区だった外国人選手を起用できるインターナショナル区間は新4区となる。

同連合は、「ニューイヤー駅伝の改革を継続的に検討」してきたという。その中で、今回の区間割見直しは「日本最速駅伝としての大会の醍醐味や、真剣に競技に取り組む選手の姿をより一層表出化させる」ことを目指してのものだ。

エース区間を序盤にすることで、4区だと差がついた状況になりやすかったエースたちの対決が、より近い位置に集まりやすく、さらに白熱したものとなる。その流れから、優勝争いもより激戦になることが予想される。

また、従来の4区のコースに位置する東武伊勢崎線(境町駅~剛志駅間)第469号踏切道について、安全上の理由から、同踏切道を通らないコースへの変更の要請があり、それを了承。近隣の高架道を通るコースに変更するが、それによって約500m増加することとなるため、6区のコースを短縮することで全体の総距離を100kmのままに保つという。

広告の下にコンテンツが続きます

新しく生まれ変わるニューイヤー駅伝。来年の正月はどんな熱戦が繰り広げられるのか。

日本実業団連合は8月7日、来年1月1日に開催予定のニューイヤー駅伝の区間割とコースの一部見直しを行うことを発表した。 1区は変わらないが、従来の2区(8.3km)と3区(13.6km)を合算して21.9kmの新2区を設け、「日本人エース区間」とする。 また、22.4kmだった従来の4区を分割して新しい中継所が設置され、約15kmの新3区、約8kmの新4区に。これまで2区だった外国人選手を起用できるインターナショナル区間は新4区となる。 同連合は、「ニューイヤー駅伝の改革を継続的に検討」してきたという。その中で、今回の区間割見直しは「日本最速駅伝としての大会の醍醐味や、真剣に競技に取り組む選手の姿をより一層表出化させる」ことを目指してのものだ。 エース区間を序盤にすることで、4区だと差がついた状況になりやすかったエースたちの対決が、より近い位置に集まりやすく、さらに白熱したものとなる。その流れから、優勝争いもより激戦になることが予想される。 また、従来の4区のコースに位置する東武伊勢崎線(境町駅~剛志駅間)第469号踏切道について、安全上の理由から、同踏切道を通らないコースへの変更の要請があり、それを了承。近隣の高架道を通るコースに変更するが、それによって約500m増加することとなるため、6区のコースを短縮することで全体の総距離を100kmのままに保つという。 新しく生まれ変わるニューイヤー駅伝。来年の正月はどんな熱戦が繰り広げられるのか。

ニューイヤー駅伝の新旧区間距離

   現 行   見直し後 1区  12.3km → 12.3km 2区※ 8.3km → 21.9km 3区  13.6km → 約15km 4区  22.4km → 約8km 5区  15.8km → 約15.8km 6区  11.9km → 約11.5km 7区  15.7km → 約15.5km 合計 100km   100km ※外国人選手が出場可能な区間

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top