HOME 国内、大学、日本代表
栁田大輝が100mでアジアの頂点!日本歴代7位タイの10秒02で9秒台に肉薄/アジア選手権
栁田大輝が100mでアジアの頂点!日本歴代7位タイの10秒02で9秒台に肉薄/アジア選手権

アジア選手権男子100mを10秒02で制した栁田大輝

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目

アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、男子100mで栁田大輝(東洋大)が日本歴代7位タイ、学生歴代2位の10秒02(±0)をマークして金メダルに輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

スタートから力強く飛び出すと、加速局面で早くも前へ。そのままアジアのライバルたちを圧倒するスプリントを見せた。7月1日の実業団・学生対抗と、この大会の予選で出した自己ベスト10秒10を大舞台で一気に0.08秒も短縮し、19歳にしてアジア最速王者に君臨した。

日本勢の男子100m優勝は前回(2019年)のドーハ大会、東洋大の先輩である桐生祥秀(日本生命)に続いて2大会連続2回目。ブダペスト世界陸上の参加標準記録(10秒00)、日本人5人目の9秒台にはわずかに届かなかったが、ワールドランキングでの個人初の世界大会出場はほぼ間違いない。

日本スプリント界のホープが、いよいよ世界の舞台に挑む。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目 アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、男子100mで栁田大輝(東洋大)が日本歴代7位タイ、学生歴代2位の10秒02(±0)をマークして金メダルに輝いた。 スタートから力強く飛び出すと、加速局面で早くも前へ。そのままアジアのライバルたちを圧倒するスプリントを見せた。7月1日の実業団・学生対抗と、この大会の予選で出した自己ベスト10秒10を大舞台で一気に0.08秒も短縮し、19歳にしてアジア最速王者に君臨した。 日本勢の男子100m優勝は前回(2019年)のドーハ大会、東洋大の先輩である桐生祥秀(日本生命)に続いて2大会連続2回目。ブダペスト世界陸上の参加標準記録(10秒00)、日本人5人目の9秒台にはわずかに届かなかったが、ワールドランキングでの個人初の世界大会出場はほぼ間違いない。 日本スプリント界のホープが、いよいよ世界の舞台に挑む。

男子100m日本歴代10傑

9.95  2.0 山縣 亮太(セイコー)   2021. 6. 6 9.97  0.8 サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大) 2019. 6. 7 9.98  1.8 桐生 祥秀(東洋大4)   2017. 9. 9 9.98  0.5 小池 祐貴(住友電工)   2019. 7.20 10.00 1.9 伊東 浩司(富士通)    1998.12.13 10.01 2.0 多田 修平(住友電工)   2021. 6. 6 10.02 2.0 朝原 宣治(大阪ガス)   2001. 7.13 10.02 1.1 坂井隆一郎(大阪ガス)   2022. 6.26 10.02 0.0 栁田 大輝(東洋大)    2023. 7.14        10.03 1.8 末續 慎吾(ミズノ)    2003. 5. 5 10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike)  2020. 8.29

男子100m学生歴代10傑

9.98 1.8 桐生 祥秀(東洋大4) 2017. 9. 9 10.02 0.0 栁田 大輝(東洋大2) 2023. 7.14 10.05 1.9 末續 慎吾(東海大4) 2002. 5. 6 10.07 1.9 江里口匡史(早大3)  2009. 6.28 10.07 1.3 山縣 亮太(慶大2)  2012. 8. 4 10.07 1.8 多田 修平(関学大3) 2017. 9. 9 10.10 2.0 和田  遼(東洋大4) 2022. 7.16 10.11 0.3 川畑 伸吾(法大4)  2000. 9. 2 10.11 2.0 原田  暁(福岡大4) 2022. 7.31 10.12 1.0 坂井隆一郎(関大4)  2019. 6. 8 10.12 1.4 本郷 汰樹(名大M2) 2022.11. 3

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top