HOME 国内、日本代表

2023.07.14

秦澄美鈴「まだ信じられません」女子走幅跳17年ぶり日本新はワールドクラスの快記録 /アジア選手権
秦澄美鈴「まだ信じられません」女子走幅跳17年ぶり日本新はワールドクラスの快記録 /アジア選手権

23年アジア選手権走幅跳で6m97の日本新を樹立した秦澄美鈴

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目

アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(シバタ工業)が6m97(+0.5)の日本新で金メダルに輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

ついに、その瞬間が訪れた。2位でトップ8に入り、4回目の6m74(+1.7)で首位に。迎えた最終跳躍は、「助走も良くて、踏み切り板も遠くも近くもなくて、パコーンと」踏み切りが決まった。

弾けるように空中へ跳び出すと、今までよりも一段大きな放物線を描き、「7m」の表示付近に着地した。今季、ここまでに同じシーンが2度あったが、いずれもファウルの赤旗が上がっている。しかし、今回は白旗が上がった。そして、記録が表示される。「6m97」――。

何度もガッツポーズを繰り返し、飛び上がって歓喜を爆発させた秦。2006年に池田久美子(スズキ)が作った日本記録を17年ぶりに更新。日本女子走幅跳待望の大台にあと3cmと迫る大ジャンプは、ブダペスト世界陸上参加標準記録(6m85)を軽々と突破し、パリ五輪の同記録(6m86)をもクリアした。今季世界リストでは4位、昨年のオレゴン世界選手権では3位に相当する大飛躍だ。

「今までは高く浮くだけ、前に抜けるだけという跳躍が多かった」と言うが、「それが両方できた感じ」とその跳躍を振り返り、「まだ信じられません」。

広告の下にコンテンツが続きます

これで、2大会連続の世界陸上は決定的に。初出場だった昨年のオレゴン世界陸上では、力を発揮し切れずに予選敗退に終わった。世界での経験不足を痛感し、今年は冬から積極的に国内外の試合をこなしてきた。

2月のアジア室内選手権では6m62の室内日本新で金メダルを獲得し、その後は豪州やシンガポールなどの遠征もこなす。国内では5月3日の静岡国際で、日本歴代4位だった当時自己記録を8cm更新する6m75をジャンプ。4月の兵庫リレーカーニバルや、5月のセイコーゴールデングランプリでは、ファウルながら7m付近に着地するジャンプを繰り出していた。

ただ、日本選手権は3連覇を飾ったものの、「記録を意識し過ぎて」走りのタイミングやリズムを崩していたという。今大会までに技術的な修正と、冷静に臨むことを確認。アジアの舞台で、「自分の跳躍だけに集中できました」と胸を張る。

それでも、改めて「これで世界と戦うスタートライン」と足元を確認する。この日も3回目を終えて2位だったように、「まだ3回目までに記録を残せていない」と反省。そのうえで、「6m70~80を安定させた」と課題を口にした。

広告の下にコンテンツが続きます

1年かけてスケールアップし、再び世界の舞台へと戻る。目指すはファイナル。この日のように「自分の跳躍」をすれば、おのずと道は開けるはずだ。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目 アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(シバタ工業)が6m97(+0.5)の日本新で金メダルに輝いた。 ついに、その瞬間が訪れた。2位でトップ8に入り、4回目の6m74(+1.7)で首位に。迎えた最終跳躍は、「助走も良くて、踏み切り板も遠くも近くもなくて、パコーンと」踏み切りが決まった。 弾けるように空中へ跳び出すと、今までよりも一段大きな放物線を描き、「7m」の表示付近に着地した。今季、ここまでに同じシーンが2度あったが、いずれもファウルの赤旗が上がっている。しかし、今回は白旗が上がった。そして、記録が表示される。「6m97」――。 何度もガッツポーズを繰り返し、飛び上がって歓喜を爆発させた秦。2006年に池田久美子(スズキ)が作った日本記録を17年ぶりに更新。日本女子走幅跳待望の大台にあと3cmと迫る大ジャンプは、ブダペスト世界陸上参加標準記録(6m85)を軽々と突破し、パリ五輪の同記録(6m86)をもクリアした。今季世界リストでは4位、昨年のオレゴン世界選手権では3位に相当する大飛躍だ。 「今までは高く浮くだけ、前に抜けるだけという跳躍が多かった」と言うが、「それが両方できた感じ」とその跳躍を振り返り、「まだ信じられません」。 これで、2大会連続の世界陸上は決定的に。初出場だった昨年のオレゴン世界陸上では、力を発揮し切れずに予選敗退に終わった。世界での経験不足を痛感し、今年は冬から積極的に国内外の試合をこなしてきた。 2月のアジア室内選手権では6m62の室内日本新で金メダルを獲得し、その後は豪州やシンガポールなどの遠征もこなす。国内では5月3日の静岡国際で、日本歴代4位だった当時自己記録を8cm更新する6m75をジャンプ。4月の兵庫リレーカーニバルや、5月のセイコーゴールデングランプリでは、ファウルながら7m付近に着地するジャンプを繰り出していた。 ただ、日本選手権は3連覇を飾ったものの、「記録を意識し過ぎて」走りのタイミングやリズムを崩していたという。今大会までに技術的な修正と、冷静に臨むことを確認。アジアの舞台で、「自分の跳躍だけに集中できました」と胸を張る。 それでも、改めて「これで世界と戦うスタートライン」と足元を確認する。この日も3回目を終えて2位だったように、「まだ3回目までに記録を残せていない」と反省。そのうえで、「6m70~80を安定させた」と課題を口にした。 1年かけてスケールアップし、再び世界の舞台へと戻る。目指すはファイナル。この日のように「自分の跳躍」をすれば、おのずと道は開けるはずだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top