HOME 国内

2023.07.13

田島記念のエントリー発表!走高跳・真野友博、走幅跳・城山正太郎、吉田弘道らが世界選手権出場を懸け最後の戦い
田島記念のエントリー発表!走高跳・真野友博、走幅跳・城山正太郎、吉田弘道らが世界選手権出場を懸け最後の戦い

田島記念にエントリーされた髙島真織子、真野友博、城山正太郎、吉田弘道

田島直人記念(7月29日~30日/山口・維新みらいふスタジアム)の実行委員会は13日、大会の招待選手選手ならびにエントリー選手を発表し、オレゴン世界選手権男子走高跳8位の真野友博(九電工)らが登録された。

男子走高跳では真野のほか、13日時点でブダペスト世界選手権の出場圏内につける瀬古優斗(滋賀陸協)もエントリー。男子400mハードルは48秒77のベストを持つ児玉悠作(ノジマ)やベテランの岸本鷹幸(富士通)が出場を予定するほか、招待選手として日本選手権優勝の小川大輝(東洋大)、東京五輪代表の山内大夢(東邦銀行)らも登録されており、日本選手権の再現となりそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

男子走幅跳には日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が招待され、5月に8m26をマークした吉田弘道(神崎郡陸協)もエントリー。同三段跳にはアジア選手権代表の伊藤陸(スズキ)、池畠旭佳瑠(駿河台大AC)のほか、U20アジア選手権で優勝している宮尾真仁(東洋大)も出場する。

また、女子では三段跳でアジア選手権4位の髙島真織子(九電工)が招待。100mでは地元山口出身でアジア選手権代表の藏重みう(甲南大)がエントリーされた。

日本グランプリシリーズのグレード2に位置づけられる田島記念。8月のブダペスト世界選手権に参加するための資格期限が7月末までとなっていることから、世界選手権への出場を大きく左右する大事な一戦となる。

田島直人記念(7月29日~30日/山口・維新みらいふスタジアム)の実行委員会は13日、大会の招待選手選手ならびにエントリー選手を発表し、オレゴン世界選手権男子走高跳8位の真野友博(九電工)らが登録された。 男子走高跳では真野のほか、13日時点でブダペスト世界選手権の出場圏内につける瀬古優斗(滋賀陸協)もエントリー。男子400mハードルは48秒77のベストを持つ児玉悠作(ノジマ)やベテランの岸本鷹幸(富士通)が出場を予定するほか、招待選手として日本選手権優勝の小川大輝(東洋大)、東京五輪代表の山内大夢(東邦銀行)らも登録されており、日本選手権の再現となりそうだ。 男子走幅跳には日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が招待され、5月に8m26をマークした吉田弘道(神崎郡陸協)もエントリー。同三段跳にはアジア選手権代表の伊藤陸(スズキ)、池畠旭佳瑠(駿河台大AC)のほか、U20アジア選手権で優勝している宮尾真仁(東洋大)も出場する。 また、女子では三段跳でアジア選手権4位の髙島真織子(九電工)が招待。100mでは地元山口出身でアジア選手権代表の藏重みう(甲南大)がエントリーされた。 日本グランプリシリーズのグレード2に位置づけられる田島記念。8月のブダペスト世界選手権に参加するための資格期限が7月末までとなっていることから、世界選手権への出場を大きく左右する大事な一戦となる。

第20回田島直人記念 主なエントリー選手

<男子> 200m 上山紘輝(住友電工) 鈴木碧斗(東洋大) 400m 佐藤風雅(ミズノ) 佐藤拳太郎(富士通) 川端魁人(中京大クラブ) 400mH 山内大夢(東邦銀行) 小川大輝(東洋大) 山本竜大(SEKI.AC) 児玉悠作(ノジマ) 岸本鷹幸(富士通) 走高跳 真野友博(九電工) 長谷川直人(新潟アルビレックスRC) 瀬古優斗(滋賀陸協) 走幅跳 城山正太郎(ゼンリン) 小田大樹(ヤマダホールディングス) 吉田弘道(神崎郡陸協) 津波響樹(大塚製薬) 三段跳 宮尾真仁(東洋大) 池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 伊藤陸(スズキ) 安立雄斗(福岡大院) 砲丸投 奥村仁志(東京陸協) 岩佐隆時 (TeamSSP) アツオビン・ジェイソン(福岡大) ハンマー投 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 福田翔大(日大院) <女子> 100m 藏重みう(甲南大) 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 200m 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 300m 久保山晴菜(今村病院) 松本奈菜子(東邦銀行) 400mH 梅原紗月(住友電工) 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 走高跳 津田シェリアイ(築地銀だこAC) 棒高跳 諸田実咲(アットホーム) 那須眞由(KAGOTANI) 三段跳 髙島真織子(九電工) 砲丸投 尾山和華(今村病院) 大野史佳(筑波大院) ハンマー投 小舘充華(染めQ)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top