HOME 高校

2023.06.20

2年生・杉本心結が女子スプリント4冠達成!「全種目で全力を尽くしたい」イチフナ新エース覚醒/IH南関東
2年生・杉本心結が女子スプリント4冠達成!「全種目で全力を尽くしたい」イチフナ新エース覚醒/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)最終日

夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、女子4×400mリレーの激闘を市船橋(千葉)が3分42秒08で制覇。2走を務めた杉本心結(2年)が100m、200m、4×100mリレーを併せた4冠を達成した。

広告の下にコンテンツが続きます

前日までの3種目にフル回転した2年生エース。その疲れを微塵も感じさせず、最後の4×400mにピカイチのパフォーマンスをもってきた。

大会前の持ちタイム1位、および前日に行われた予選のトップ通過は相洋(神奈川)。市船橋の予選タイムは全体の3番目で、相洋との差は3秒ほど。ただし予選の市船橋は杉本を温存していた。

決勝の2走に加わった杉本。400mハードル2位の志水芹菜(3年)から好位置でバトンを受けると、「前半は抑える作戦。200mでも後半が得意なので、そのイメージで走りました」とトップに浮上した。

これを足掛かりに、3、4走の激闘を制した市船橋。400m優勝の宮地利璃香(3年)が相洋を抜いてトップでゴールした瞬間、杉本の4冠が達成された。

広告の下にコンテンツが続きます

「200mとマイルは自信があったので、ポイントは100mでした。100mで1位を取れたことで、(4冠への)流れをつかみました」と杉本は言う。

2年前の全中100m6位の好素材ながら、昨年はケガで苦しんだ。南関東大会には出場すらしていない。そんな雌伏の時もあったが、冬季にひ弱だった身体の強化すると、たちまち開花した。

6月4日のU20日本選手権200mでは、1年前のインターハイ覇者・藏重みう(甲南大)と同記録着差ありとなる「MIU決戦」に勝利。指導する後藤彰英監督すら、「ブレイクの予兆はありましたが、これほど突き抜けるとは」と驚く。

「イチフナの冬季をやり切った自信があるので、インターハイは全種目で全力を尽くしたいです。目標は4種目入賞です」と杉本。どれかの種目に気持ちを偏らせるのでなく、「ぜんぶがんばる」。インターハイの舞台を瑞々しく、そして逞しく走り抜く。

広告の下にコンテンツが続きます

写真/船越陽一郎

◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)最終日 夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、女子4×400mリレーの激闘を市船橋(千葉)が3分42秒08で制覇。2走を務めた杉本心結(2年)が100m、200m、4×100mリレーを併せた4冠を達成した。 前日までの3種目にフル回転した2年生エース。その疲れを微塵も感じさせず、最後の4×400mにピカイチのパフォーマンスをもってきた。 大会前の持ちタイム1位、および前日に行われた予選のトップ通過は相洋(神奈川)。市船橋の予選タイムは全体の3番目で、相洋との差は3秒ほど。ただし予選の市船橋は杉本を温存していた。 決勝の2走に加わった杉本。400mハードル2位の志水芹菜(3年)から好位置でバトンを受けると、「前半は抑える作戦。200mでも後半が得意なので、そのイメージで走りました」とトップに浮上した。 これを足掛かりに、3、4走の激闘を制した市船橋。400m優勝の宮地利璃香(3年)が相洋を抜いてトップでゴールした瞬間、杉本の4冠が達成された。 「200mとマイルは自信があったので、ポイントは100mでした。100mで1位を取れたことで、(4冠への)流れをつかみました」と杉本は言う。 2年前の全中100m6位の好素材ながら、昨年はケガで苦しんだ。南関東大会には出場すらしていない。そんな雌伏の時もあったが、冬季にひ弱だった身体の強化すると、たちまち開花した。 6月4日のU20日本選手権200mでは、1年前のインターハイ覇者・藏重みう(甲南大)と同記録着差ありとなる「MIU決戦」に勝利。指導する後藤彰英監督すら、「ブレイクの予兆はありましたが、これほど突き抜けるとは」と驚く。 「イチフナの冬季をやり切った自信があるので、インターハイは全種目で全力を尽くしたいです。目標は4種目入賞です」と杉本。どれかの種目に気持ちを偏らせるのでなく、「ぜんぶがんばる」。インターハイの舞台を瑞々しく、そして逞しく走り抜く。 写真/船越陽一郎

インターハイ南関東地区大会の優勝者をチェック

●男子 100m 武藏大地(板橋3東京)    10秒59(-0.9) 200m 山﨑天心(城西2東京)    21秒12(+2.0) 400m 正野巧磨(東海大浦安3千葉) 47秒19 800m 寺田向希(國學院久我山3東京) 1分53秒64 1500m 吉倉ナヤブ直希(早稲田実3東京)3分49秒97 5000m 平井璃空(拓大一3東京)  14分19秒17 110mH 山中恭介(市船橋3千葉)  14秒14(-1.1) 400mH 志村 武(日本工大駒場3東京) 50秒92 3000m障害 辻 昂介(拓大一3東京)9分03秒29 5000m競歩 向井優太郎(我孫子3千葉)  22分14秒01 4×100mR 城西(東京)       39秒95=大会新 4×400m 城西(東京)       3分10秒31 走高跳 福士 湊(明星学園3東京)  2m17 棒高跳 村社亮太(日体大柏3千葉) 5m21 走幅跳 北浪佑磨(幕張総合2千葉) 7m38(+4.1) 三段跳 小口 海(東京学館船橋3千葉) 14m98(+0.4) 砲丸投 草場孜温(身延3山梨)   15m08 円盤投 亀井 翔(上野原3山梨)  46m40 ハンマー投 古谷聖人(小田原城北工3神奈川) 61m56 やり投 國安大悟(片倉3東京)    60m54 八種競技 宮下輝一(市船橋1千葉)5682点 ●女子 100m 杉本心結(市船橋2千葉)  12秒08(-1.9) 200m 杉本心結(市船橋2千葉)   24秒29(-0.4) 400m 宮地利璃香(市船橋3千葉)55秒07 800m 田村遥香(法政二3神奈川)  2分12秒45 1500m ジェシンタ・ニョカビ(白鵬女2神奈川)4分17秒31 3000m カジェシンタ・ニョカビ(白鵬女2神奈川)9分10秒70 100mH 及川理子(法政二3神奈川)14秒04(-3.0) 400mH 村松瑠奈(八王子2東京)  59秒77 5000m競歩 須本春菜(成田3千葉)24分56秒69 4×100mR 市船橋(千葉)      46秒13 4×400mR 宮崎商 3分46秒75 走高跳 中村菜結(法政二2神奈川)1m67 棒高跳 吉澤珠理(日体大柏3千葉) 3m91=大会新 走幅跳 宮本里乃亜(東京3東京)  6m12(+0.9)=大会新 三段跳 中村咲良(八王子3東京)12m45(+3.3) 砲丸投 オボルディ衣乃帆(成田3千葉)13m55 円盤投 桑原安那(平塚江南3神奈川) 38m43 ハンマー投 小野寺結菜(木更津総合2千葉)45m40 やり投 谷山彩葉(野津田3東京) 45m59 七種競技 下元香凜(白梅学園3東京)5078点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top