HOME 駅伝

2023.06.18

城西大が雪辱の1位通過!! 東農大は前田和摩の快走で14年ぶり出場権 10位明大の連続出場は「15」でストップ/全日本大学駅伝関東選考会
城西大が雪辱の1位通過!! 東農大は前田和摩の快走で14年ぶり出場権 10位明大の連続出場は「15」でストップ/全日本大学駅伝関東選考会

全日本大学駅伝関東選考会でU20歴代2位の28分03秒51をマークした前田和摩

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)

第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知県名古屋市~三重県伊勢市)の関東学連推薦校選考会が行われた。昨年の全日本大学駅伝でシード権を獲得している8校(駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大)を除く学校のうち、書類選考で出場が認められた20チームが参加。10000mのタイムレースを4組行い、各組2人、合計8人の総合記録で上位7チームが本大会の出場権を手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

1位で通過したのは城西大。スローペースとなった1組目で林晃耀(3年)が30分03秒40で1着に入り、3組目でも野村颯斗(4年)が29分40秒85と組1着でフィニッシュした。最終組では今年の箱根駅伝5区区間賞の山本唯翔(4年)と留学生のV.キムタイ(2年)が28分台にまとめ、総合3時間57分35秒40で3大会ぶり10回目の出場を決めた。

主将を務める野村は「前回、スローペースのなかで抑えてしまったので、今回は自分でレースを動かそうと思った」とコメント。40秒差で全日本出場を逃した前回大会の雪辱を果たし、「今年のチームは目標をクリアし続けているので、これからもこの流れを続けていければ」と秋の駅伝シーズンに向けて、さらなる飛躍を誓った。

2位の大東大は前半勝負の作戦がピタリ。2組目ではP.ワンジル(3年)が途中で他の選手を全員周回遅れにする快走を見せるなどして、総合でも3組まで1位をキープ。最終組でも久保田徹(4年)と大谷章紘(3年)が貯金を守り、2大会連続44回目の出場を決めている。

エントリー時点での総合タイムトップだった東海大は、8人中6人が組10着以内でフィニッシュするなど、手堅くまとめて3位。特に留学生が多く出走した4組目ではエースの石原翔太郎(4年)と花岡寿哉(2年)が28分37秒33、28分46秒38と実力のあるところを見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

4位の東京国際大はA.ベット(1年)が今大会唯一の27分台となる27分59秒45でタイムを稼ぎ、5大会連続の出場を決めている。

5位・東農大は14大会ぶりの選考会突破。4組目で1年生の前田和摩が選考会における日本人最高タイムの28分03秒51の激走。留学生や各校のエースにも負けない走りで観客の度肝を抜いた。また、並木寧音(4年)も29分02秒22と粘りの走りを見せ、4組目のみの合計タイムでは20校中最速タイムを叩きだし、3組終了時点で12位からの大逆転となった。

また、6位帝京大は2大会ぶり、7位国士大は7大会ぶりの本戦出場となっている。

一方、初出場を目指した立教大が8位。3組目までは出場圏内につけていたが、最終組で逆転され、14.30秒差で涙をのんだ。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、10位の明大は主要メンバーを欠いたことが響き、連続出場が15でストップ。10大会連続出場中だった中央学大は最終組でエースの吉田礼志(3年)が、途中で蛇行するようなかたちとなり、トラックの内側を走行としたとして失格。29分14秒前後でフィニッシュしたもののチームとしては記録なしとなった。

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知県名古屋市~三重県伊勢市)の関東学連推薦校選考会が行われた。昨年の全日本大学駅伝でシード権を獲得している8校(駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大)を除く学校のうち、書類選考で出場が認められた20チームが参加。10000mのタイムレースを4組行い、各組2人、合計8人の総合記録で上位7チームが本大会の出場権を手にした。 1位で通過したのは城西大。スローペースとなった1組目で林晃耀(3年)が30分03秒40で1着に入り、3組目でも野村颯斗(4年)が29分40秒85と組1着でフィニッシュした。最終組では今年の箱根駅伝5区区間賞の山本唯翔(4年)と留学生のV.キムタイ(2年)が28分台にまとめ、総合3時間57分35秒40で3大会ぶり10回目の出場を決めた。 主将を務める野村は「前回、スローペースのなかで抑えてしまったので、今回は自分でレースを動かそうと思った」とコメント。40秒差で全日本出場を逃した前回大会の雪辱を果たし、「今年のチームは目標をクリアし続けているので、これからもこの流れを続けていければ」と秋の駅伝シーズンに向けて、さらなる飛躍を誓った。 2位の大東大は前半勝負の作戦がピタリ。2組目ではP.ワンジル(3年)が途中で他の選手を全員周回遅れにする快走を見せるなどして、総合でも3組まで1位をキープ。最終組でも久保田徹(4年)と大谷章紘(3年)が貯金を守り、2大会連続44回目の出場を決めている。 エントリー時点での総合タイムトップだった東海大は、8人中6人が組10着以内でフィニッシュするなど、手堅くまとめて3位。特に留学生が多く出走した4組目ではエースの石原翔太郎(4年)と花岡寿哉(2年)が28分37秒33、28分46秒38と実力のあるところを見せた。 4位の東京国際大はA.ベット(1年)が今大会唯一の27分台となる27分59秒45でタイムを稼ぎ、5大会連続の出場を決めている。 5位・東農大は14大会ぶりの選考会突破。4組目で1年生の前田和摩が選考会における日本人最高タイムの28分03秒51の激走。留学生や各校のエースにも負けない走りで観客の度肝を抜いた。また、並木寧音(4年)も29分02秒22と粘りの走りを見せ、4組目のみの合計タイムでは20校中最速タイムを叩きだし、3組終了時点で12位からの大逆転となった。 また、6位帝京大は2大会ぶり、7位国士大は7大会ぶりの本戦出場となっている。 一方、初出場を目指した立教大が8位。3組目までは出場圏内につけていたが、最終組で逆転され、14.30秒差で涙をのんだ。 このほか、10位の明大は主要メンバーを欠いたことが響き、連続出場が15でストップ。10大会連続出場中だった中央学大は最終組でエースの吉田礼志(3年)が、途中で蛇行するようなかたちとなり、トラックの内側を走行としたとして失格。29分14秒前後でフィニッシュしたもののチームとしては記録なしとなった。

【動画】驚異のスーパールーキ-!東農大・前田和摩の走りをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top