HOME 大学

2023.06.12

仙台大が4×100mRで39秒89の東北学生新V 男子110mHでは似内陸斗が26年ぶりの東北学生新!/東北IC
仙台大が4×100mRで39秒89の東北学生新V 男子110mHでは似内陸斗が26年ぶりの東北学生新!/東北IC

男子110mハードルで13秒95をマークし、東北学生記録を26年ぶりに更新した似内陸斗(岩手大2)

◇第76回 東北インカレ(6月9日~11日/北上総合運動公園北上競技場)

東北インカレが6月9日から11日まで行われ、2つの東北学生新を含む4つの大会新が誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子4×100mリレーでは、仙台大が日本選手権100m準決勝進出の大上直起(M2)をアンカーに置いたオーダーで挑み、39秒89の東北学生新で完勝。仙台大は4×400mリレーでも3分12秒50で制している。4走を務めた小沼史弥(2年)は47秒71で400mトップに輝き、2冠を手にした。

男子110mハードルの似内陸斗(岩手大2)は予選で14秒14(-0.7)の大会新を出すと、決勝で13秒95(-1.3)までタイムを短縮。花沢元が1997年に樹立した東北学生記録を26年ぶりに更新した。

男子棒高跳では小泉宗士(福島大3)が4m90を1回でクリアして優勝を決めると、次の5m01も1回目で成功し、大会記録を樹立した。チームメイトの平原蒼汰(3年)も4m80で2位に入り、福島大が1、2位を占めた。

女子の5000mは、村山愛美沙 (東北福祉大1) が16分39秒14の大会新で快勝。大会記録(16分47秒17)を10年ぶりに塗り替えた。

広告の下にコンテンツが続きます

女子短距離では岡田悠(山形大4)が100mを11秒97(+0.2)、200mを24秒92(-0.7)で制覇。2走を務めた4×100mリレーでも山形大は47秒46で制し、3種目に優勝を果たした。

女子円盤投は40m16で大内世捺(仙台大3)が1位、後輩の安田友香(2年)が35m24、田近嵯季(3年)が34m87で2、3位と続き、仙台大が上位を独占。仙台大は女子七種競技でも小野寺涼(4年)が4791点でトップ、佐藤叶(4年)が3970点、植木玲奈(3年)が3921点で続き、表彰台を占めた。

総合争いは男女ともに仙台大が優勝。男子が153点、女子が174点で2位以下に大差をつけた。

◇第76回 東北インカレ(6月9日~11日/北上総合運動公園北上競技場) 東北インカレが6月9日から11日まで行われ、2つの東北学生新を含む4つの大会新が誕生した。 男子4×100mリレーでは、仙台大が日本選手権100m準決勝進出の大上直起(M2)をアンカーに置いたオーダーで挑み、39秒89の東北学生新で完勝。仙台大は4×400mリレーでも3分12秒50で制している。4走を務めた小沼史弥(2年)は47秒71で400mトップに輝き、2冠を手にした。 男子110mハードルの似内陸斗(岩手大2)は予選で14秒14(-0.7)の大会新を出すと、決勝で13秒95(-1.3)までタイムを短縮。花沢元が1997年に樹立した東北学生記録を26年ぶりに更新した。 男子棒高跳では小泉宗士(福島大3)が4m90を1回でクリアして優勝を決めると、次の5m01も1回目で成功し、大会記録を樹立した。チームメイトの平原蒼汰(3年)も4m80で2位に入り、福島大が1、2位を占めた。 女子の5000mは、村山愛美沙 (東北福祉大1) が16分39秒14の大会新で快勝。大会記録(16分47秒17)を10年ぶりに塗り替えた。 女子短距離では岡田悠(山形大4)が100mを11秒97(+0.2)、200mを24秒92(-0.7)で制覇。2走を務めた4×100mリレーでも山形大は47秒46で制し、3種目に優勝を果たした。 女子円盤投は40m16で大内世捺(仙台大3)が1位、後輩の安田友香(2年)が35m24、田近嵯季(3年)が34m87で2、3位と続き、仙台大が上位を独占。仙台大は女子七種競技でも小野寺涼(4年)が4791点でトップ、佐藤叶(4年)が3970点、植木玲奈(3年)が3921点で続き、表彰台を占めた。 総合争いは男女ともに仙台大が優勝。男子が153点、女子が174点で2位以下に大差をつけた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top