HOME 国内

2023.06.04

男子800mは川元奨がV 30年ぶり大会新に「まだ走れる、勝てるという気持ちが強い」/日本選手権
男子800mは川元奨がV 30年ぶり大会新に「まだ走れる、勝てるという気持ちが強い」/日本選手権

1分46秒18の大会新で23年日本選手権男子800mに優勝した川元奨

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の4日目に男子800mが行われ、川元奨(スズキ)が30年ぶり大会新の1分46秒18で5年ぶりの復活優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

バックストレートでオープンレーンになったところから、敢然と先頭に立った。「プランを2つ持っていて、1つは誰も行かなければ思い切って行く、もう1つは2番手で行く。誰も行かなかったので、行きました」。

ここ数年、「いっぱいあり過ぎてわからないほど」のケガを繰り返したが、ようやくこの春から継続したトレーニングを積めるようになった。今は、「日本記録(1分45秒75/2014年)を出した頃と同じぐらの体調」が作れている。自信を持って、ライバルたちを従える。

最後の直線も、ラストスパートが得意の松本純弥(FAJ)を0.34秒差で抑えた。松本も日本歴代9位タイの1分46秒52を出したが、完全に封じたと言っていいほど上回った。思わず出たガッツポーズには、「ずっと先頭を走り切って勝てたことがうれしい」との思いが込められていた。

ケガが続いた間も、「状態が悪いから負けているだけ。これまで絶好調で負けたことはない」と心が折れることはなかったという。「まだ走れる、勝てるという気持ちが強い。今回も優勝するという気持ちで臨んだ」。日本記録を持つ第一人者は力強く語った。

広告の下にコンテンツが続きます

先頭を引っ張り続け、自身と今回は8位だった源裕貴(環太平洋大/現・NTN)が持つ日本記録にあと0.43秒。「1人で走ってこのタイムなら、日本記録を狙っていける」。2016年リオ五輪以来の世界の舞台も、はっきりと視界に捉える。

優勝回数はこれで「7」となり、横田真人と並んでいたこの種目の最多優勝回数で単独トップに。「800mの歴史を作れて、シンプルにうれしい」と笑顔でこぼれた。

※タイトルに誤りがあり、訂正いたしました。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の4日目に男子800mが行われ、川元奨(スズキ)が30年ぶり大会新の1分46秒18で5年ぶりの復活優勝を飾った。 バックストレートでオープンレーンになったところから、敢然と先頭に立った。「プランを2つ持っていて、1つは誰も行かなければ思い切って行く、もう1つは2番手で行く。誰も行かなかったので、行きました」。 ここ数年、「いっぱいあり過ぎてわからないほど」のケガを繰り返したが、ようやくこの春から継続したトレーニングを積めるようになった。今は、「日本記録(1分45秒75/2014年)を出した頃と同じぐらの体調」が作れている。自信を持って、ライバルたちを従える。 最後の直線も、ラストスパートが得意の松本純弥(FAJ)を0.34秒差で抑えた。松本も日本歴代9位タイの1分46秒52を出したが、完全に封じたと言っていいほど上回った。思わず出たガッツポーズには、「ずっと先頭を走り切って勝てたことがうれしい」との思いが込められていた。 ケガが続いた間も、「状態が悪いから負けているだけ。これまで絶好調で負けたことはない」と心が折れることはなかったという。「まだ走れる、勝てるという気持ちが強い。今回も優勝するという気持ちで臨んだ」。日本記録を持つ第一人者は力強く語った。 先頭を引っ張り続け、自身と今回は8位だった源裕貴(環太平洋大/現・NTN)が持つ日本記録にあと0.43秒。「1人で走ってこのタイムなら、日本記録を狙っていける」。2016年リオ五輪以来の世界の舞台も、はっきりと視界に捉える。 優勝回数はこれで「7」となり、横田真人と並んでいたこの種目の最多優勝回数で単独トップに。「800mの歴史を作れて、シンプルにうれしい」と笑顔でこぼれた。 ※タイトルに誤りがあり、訂正いたしました。

【動画】30年ぶりの快挙!川元奨が大会新Vを果たした男子800mをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top