HOME 国内、高校

2023.06.03

男子スプリント界に新星! 16歳・若菜敬が男子200mで栄光「取り組んできたことが間違いでなかった」/U20日本選手権
男子スプリント界に新星! 16歳・若菜敬が男子200mで栄光「取り組んできたことが間違いでなかった」/U20日本選手権

高校2年生ながらU20日本選手権男子200mに優勝を飾った若菜敬

◇第39回U20日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

20歳未満が出場するU20日本選手権の2日目に男子200mが行われ、若菜敬(佐野高2栃木)が21秒18(+0.2)で優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

降りしきる雨の中、176cmの華奢な身体がしなやかに舞った。前日の予選で高2歴代3位となる20秒78(+0.9)の衝撃的なタイムを叩き出した若菜。関東インカレ7位の清水壮(日大)との競り合いを0.01秒差で制して、高校2年にしてU20のタイトルを獲得した。

「接戦で勝ったかどうかわかりませんでしたが、これまで全国大会では全中の4位が最高だったので、1位を取れてうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。

予選のタイムは「あこがれの選手」と話すサニブラウン・アブデル・ハキーム(現・東レ)の20秒34、桐生祥秀(現・日本生命)の20秒70に次ぐもの。

「コンディションも良かったので21秒0~1台を出して決勝に残れればと思っていました。タイムは自分でも意外で、実感がありません」と、昨秋の関東高校新人で出したベスト(21秒34)を一気に塗り替える激走に、本人も驚きを隠せない様子。「冬季から練習で取り組んできたことが間違いでなかったことを証明できてよかった」と笑顔で話す。

広告の下にコンテンツが続きます

決勝では苦手のスタートでやや出遅れ、清水に先行を許す展開となるも、「予選同様、前半から流れに乗れました。コーナーを落ち着ていスムーズに抜けていけました」。力みのないフォームで追い上げると、フィニッシュ手前で身体一つ抜け出した。

「練習から先輩方と競り合うことで並んでも力まず行けるようになったことが大きいです。課題のスタートから前半を克服するために、ジャンプ系など下半身強化に取り組んできたことで前半からリズムよく行けるようになりました」と好調の要因を話す。

2週間後にインターハイ北関東大会が控える。「100mも200mも、しっかり6位以内を確保て全国に駒を進め、200mは上位入賞、できれば優勝を狙っていきたいです」ときっぱり。「タイム的には100mは10秒5台、200mは今回出したタイムを維持できるよう頑張りたいです」と目を輝かせる。浪速の地で輝きを放った原石が、今後どんな走りを見せてくれるか注目だ。

このほか、男子1500mではゴール前で抜け出した尾熊迅斗(東京実高3東京)が3分47秒34の自己新で快勝。男子3000m障害は柴田大地(中大)が自己新の8分55秒30でトップに立った。

広告の下にコンテンツが続きます

女子1500mもラストで逆転した川西みち(自由ケ丘高2福岡)が4分25秒08でV。同100mは千葉安珠(常盤木学園高3宮城)が11秒86(+0.2)で大学生らを抑えてタイトルを手にした。

また、この日予定されていたフィールド種目は荒天のためいずれも3日目に延期となっている。

文/花木 雫

◇第39回U20日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 20歳未満が出場するU20日本選手権の2日目に男子200mが行われ、若菜敬(佐野高2栃木)が21秒18(+0.2)で優勝を果たした。 降りしきる雨の中、176cmの華奢な身体がしなやかに舞った。前日の予選で高2歴代3位となる20秒78(+0.9)の衝撃的なタイムを叩き出した若菜。関東インカレ7位の清水壮(日大)との競り合いを0.01秒差で制して、高校2年にしてU20のタイトルを獲得した。 「接戦で勝ったかどうかわかりませんでしたが、これまで全国大会では全中の4位が最高だったので、1位を取れてうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。 予選のタイムは「あこがれの選手」と話すサニブラウン・アブデル・ハキーム(現・東レ)の20秒34、桐生祥秀(現・日本生命)の20秒70に次ぐもの。 「コンディションも良かったので21秒0~1台を出して決勝に残れればと思っていました。タイムは自分でも意外で、実感がありません」と、昨秋の関東高校新人で出したベスト(21秒34)を一気に塗り替える激走に、本人も驚きを隠せない様子。「冬季から練習で取り組んできたことが間違いでなかったことを証明できてよかった」と笑顔で話す。 決勝では苦手のスタートでやや出遅れ、清水に先行を許す展開となるも、「予選同様、前半から流れに乗れました。コーナーを落ち着ていスムーズに抜けていけました」。力みのないフォームで追い上げると、フィニッシュ手前で身体一つ抜け出した。 「練習から先輩方と競り合うことで並んでも力まず行けるようになったことが大きいです。課題のスタートから前半を克服するために、ジャンプ系など下半身強化に取り組んできたことで前半からリズムよく行けるようになりました」と好調の要因を話す。 2週間後にインターハイ北関東大会が控える。「100mも200mも、しっかり6位以内を確保て全国に駒を進め、200mは上位入賞、できれば優勝を狙っていきたいです」ときっぱり。「タイム的には100mは10秒5台、200mは今回出したタイムを維持できるよう頑張りたいです」と目を輝かせる。浪速の地で輝きを放った原石が、今後どんな走りを見せてくれるか注目だ。 このほか、男子1500mではゴール前で抜け出した尾熊迅斗(東京実高3東京)が3分47秒34の自己新で快勝。男子3000m障害は柴田大地(中大)が自己新の8分55秒30でトップに立った。 女子1500mもラストで逆転した川西みち(自由ケ丘高2福岡)が4分25秒08でV。同100mは千葉安珠(常盤木学園高3宮城)が11秒86(+0.2)で大学生らを抑えてタイトルを手にした。 また、この日予定されていたフィールド種目は荒天のためいずれも3日目に延期となっている。 文/花木 雫

男子200m高校歴代10傑をチェック

20.34 -0.4 サニブラウン・アブデル・ハキーム(城西2東京) 2015. 7.19 20.41  0.5 桐生 祥秀(洛南3京都)           2013. 6.15 20.57  0.5 髙橋 和裕(添上3奈良)           1994. 6.18 20.71 -1.3 松本 一輝(花園3京都)           2001. 6.16 20.73  0.9 木村 峻也(新潟産大附3新潟)        2022.10.15 20.77  1.5 愛敬彰太郎(桑名3三重)           2012. 7. 7 20.77  2.0 染谷 佳大(つくば秀英3茨城)        2016. 8. 1 20.78  0.9 若菜  敬(佐野2栃木)           2023. 6. 1 20.79 -0.1 石塚 祐輔(土浦三3茨城)          2005. 8. 5 20.79  1.0 金丸 祐三(大阪3大阪)           2005.11. 3

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top