HOME 国内

2023.06.01

円盤投・齋藤真希がセカンドベストの56m63でV「成長感じた」/日本選手権
円盤投・齋藤真希がセカンドベストの56m63でV「成長感じた」/日本選手権

23年日本選手権女子円盤投に2年ぶり4回目の優勝を飾った齋藤真希

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の1日目に女子円盤投が行われ、齋藤真希(東海大院)が56m63を投げて2年ぶり2度目4度目の優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

「タイトルを取れたのでとてもうれしいです」と王座奪還に笑顔を見せる齋藤。2回目に54m68、3回目に自己記録(57m43)に続くセカンドベストとなるV記録を投げた。

「雲行きも怪しかったので前半で優勝できる記録を狙っていました。3回目までに記録を出せたのは成長を感じます」と及第点を与える齋藤。それでも「身体のコンディションを考えると、後半3回で記録を伸ばせればよかったです」と反省も忘れない。

東女体大を卒業し、この春から東海大大学院へ進学。「ウエイトトレーニングも良い流れでこられています」と、課題としていた基礎体力アップに取り組んでいる。今年はワールドユニバーシティゲームズの代表にも選出。さらにこの結果でアジア選手権やアジア大会の代表入りにも近づいた。

「国際大会で自己ベストくらいを投げて上位入賞したいです」。世界選手権や五輪に向けて、一歩ずつ歩みを進めていく。

広告の下にコンテンツが続きます

59m03の日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)は53m92で2位。2回目まで12位に沈むピンチからなんとか3回目に挽回し、「今までだったら落ちていたと思うので少しは成長できた」とホッと一息。「課題がいっぱいなので、あきらめずにやっていきます」と前を向いた。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の1日目に女子円盤投が行われ、齋藤真希(東海大院)が56m63を投げて2年ぶり2度目4度目の優勝を果たした。 「タイトルを取れたのでとてもうれしいです」と王座奪還に笑顔を見せる齋藤。2回目に54m68、3回目に自己記録(57m43)に続くセカンドベストとなるV記録を投げた。 「雲行きも怪しかったので前半で優勝できる記録を狙っていました。3回目までに記録を出せたのは成長を感じます」と及第点を与える齋藤。それでも「身体のコンディションを考えると、後半3回で記録を伸ばせればよかったです」と反省も忘れない。 東女体大を卒業し、この春から東海大大学院へ進学。「ウエイトトレーニングも良い流れでこられています」と、課題としていた基礎体力アップに取り組んでいる。今年はワールドユニバーシティゲームズの代表にも選出。さらにこの結果でアジア選手権やアジア大会の代表入りにも近づいた。 「国際大会で自己ベストくらいを投げて上位入賞したいです」。世界選手権や五輪に向けて、一歩ずつ歩みを進めていく。 59m03の日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)は53m92で2位。2回目まで12位に沈むピンチからなんとか3回目に挽回し、「今までだったら落ちていたと思うので少しは成長できた」とホッと一息。「課題がいっぱいなので、あきらめずにやっていきます」と前を向いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top