HOME 大学

2023.05.27

順大が日本インカレ男子総合V30祝賀会を開催!創部70周年イヤーの22年にメモリアル優勝
順大が日本インカレ男子総合V30祝賀会を開催!創部70周年イヤーの22年にメモリアル優勝

日本インカレ総合V30の祝賀会を行った順大

昨年の日本インカレ男子総合で30回目の優勝を飾った順大が、5月27日に同大本郷・お茶の水キャンパスで報告会および祝賀会を開催した。

小川秀興理事長ら大学関係者、室伏広治スポーツ庁長官ら来賓、帖佐寛章・名誉部長をはじめとした歴代監督や多くのOB・OGが出席。創部70周年の節目にメモリアルVを飾った陸上競技部の偉業を、盛大に祝った。

報告会では、青木和浩部長・監督が1952年の創部からの戦績を紹介。日本インカレでは1969年の第38回大会の初優勝から16連覇を達成。そして、2連覇した昨年でついに30回の節目へと到達した。箱根駅伝でも11度の総合優勝を誇る。

五輪には1964年東京大会の山田宏臣(男子走幅跳)から、卒業生を含めて必ず代表選手を送り出している。21年の東京五輪では当時2年の三浦龍司が3000m障害で7位に入賞、当時4年の泉谷駿介(現・住友電工)が110mハードルで準決勝に進出、OBの松枝博輝(富士通)が5000mに出場した。

小川理事長は、順大陸上部最初のオリンピアンだった山田と同期だったそうで、学生時代を懐かしみながら「陸上部の活躍が日本のスポーツ界をリードする存在になってほしい」と期待を込め、エールを送った。青木部長も、「今回を節目に新たなスタートを歩み、31回目の優勝、さらなる向上を」と誓う。

また、歴代監督を称えて花束贈呈が行われたあと、その基礎を築いた帖佐名誉部長が草創期を回顧。68年メキシコ、72年ミュンヘン両五輪5000m、10000m出場、後に監督として数々の名選手を育成した澤木啓祐・名誉総監督を勧誘した当時のエピソードなどを紹介し、「これからも、強いチームとしてあり続けてほしい」と語った。

その後に行われた祝賀会は鏡開きから始まり、母校の発展を願って大いに盛り上がった。

昨年度の主将を務めた佐田征義は、「これからの陸上部やスポーツの発展につなげてほしい。(優勝回数も)31回、32回と歴史をつないでいってほしい」と後輩たちに思いを託した。

昨年の日本インカレ男子総合で30回目の優勝を飾った順大が、5月27日に同大本郷・お茶の水キャンパスで報告会および祝賀会を開催した。 小川秀興理事長ら大学関係者、室伏広治スポーツ庁長官ら来賓、帖佐寛章・名誉部長をはじめとした歴代監督や多くのOB・OGが出席。創部70周年の節目にメモリアルVを飾った陸上競技部の偉業を、盛大に祝った。 報告会では、青木和浩部長・監督が1952年の創部からの戦績を紹介。日本インカレでは1969年の第38回大会の初優勝から16連覇を達成。そして、2連覇した昨年でついに30回の節目へと到達した。箱根駅伝でも11度の総合優勝を誇る。 五輪には1964年東京大会の山田宏臣(男子走幅跳)から、卒業生を含めて必ず代表選手を送り出している。21年の東京五輪では当時2年の三浦龍司が3000m障害で7位に入賞、当時4年の泉谷駿介(現・住友電工)が110mハードルで準決勝に進出、OBの松枝博輝(富士通)が5000mに出場した。 小川理事長は、順大陸上部最初のオリンピアンだった山田と同期だったそうで、学生時代を懐かしみながら「陸上部の活躍が日本のスポーツ界をリードする存在になってほしい」と期待を込め、エールを送った。青木部長も、「今回を節目に新たなスタートを歩み、31回目の優勝、さらなる向上を」と誓う。 また、歴代監督を称えて花束贈呈が行われたあと、その基礎を築いた帖佐名誉部長が草創期を回顧。68年メキシコ、72年ミュンヘン両五輪5000m、10000m出場、後に監督として数々の名選手を育成した澤木啓祐・名誉総監督を勧誘した当時のエピソードなどを紹介し、「これからも、強いチームとしてあり続けてほしい」と語った。 その後に行われた祝賀会は鏡開きから始まり、母校の発展を願って大いに盛り上がった。 昨年度の主将を務めた佐田征義は、「これからの陸上部やスポーツの発展につなげてほしい。(優勝回数も)31回、32回と歴史をつないでいってほしい」と後輩たちに思いを託した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top