HOME 大学

2023.05.28

関大・松井健斗が200m20秒65の関西学生タイ!100回大会男子1部MVPに輝き、チームの54年ぶり総合V牽引/関西インカレ
関大・松井健斗が200m20秒65の関西学生タイ!100回大会男子1部MVPに輝き、チームの54年ぶり総合V牽引/関西インカレ

関西インカレ男子1部200mの関大トリオ。中央が松井健斗、右が濱田澪、左が山田雄大

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目

関西インカレの最終日が行われ、男子1部総合は164.5点を挙げた関大が制覇。1969年以来54年ぶり27度目の栄冠を手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

第100回の節目に飾った総合V。それを決定づけたのが、200mトリオの活躍だ。2日前の100mで2位だった3年生・松井健斗が関西学生タイ、21年ぶり大会新のの20秒65(-0.4)で制し、同学年の濱田澪が20秒86で2位、2年生の山田雄大が20秒90で3位。見事に表彰台独占を果たした。

2日前には100mのほか、4×100mリレーでも2走を務めて38秒91の大会新Vに貢献していた松井。前日の準決勝では、疲れなどもあって21秒13(-0.5)の2位通過だった。ただ、「準決勝で無理をしなかったので今日は体調も回復していて、前半から記録を狙って飛ばしていきました」。

決勝は序盤からリードを奪うと、後半もチームメイトやライバルたちの追い上げをかわして逃げ切った。個人初タイトルに、「チームメイトの2人が準決勝で20秒82、91と好走していたので、決勝ではやり返してやるつもりでした。2人がベストを更新していたので、自分も20秒6台ぐらいでは走れると思っていたんです。でも、レース中は自分の走りをして優勝することに集中していました。タイムも優勝も、うれしいの一言です」と満面の笑みを浮かべた。

そして表彰台独占については、「3人の誰が優勝するかはわかりませんでしたが、ワン・ツー・スリーを取ると宣言していたので有言実行できて良かった」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

松井は最終種目の4×400mリレーでもアンカーを務め、3分07秒62で関大勢として52年ぶりの優勝に貢献。「総合優勝は決まっていましたが、最後も気持ち良く終わりたかったので、有終の美を飾れて良かったです」と笑顔が弾けた。

大阪・茨木南中、関大北陽高と全国で大きな実績を残せていないが、「これまでは緊張から全国では結果を残せていませんが、今回の結果で個人もリレーも強い関東勢と同じ土俵に立つことができたと思います」と松井。男子1部MVPの勲章を胸に、秋の日本インカレに向けて「この勢いをつなげたい」と力強く飛躍を誓った。

関大は、大会初日の10000mで副主将を務める亀田仁一路が29分00秒61の大会新をマークし快勝。「亀田さんの力走でチーム全体が勢いに乗れました。その流れのまま4日間を一丸となって戦い抜いた結果」と松井は振り返る。

激闘を終え、100mと、1走を務めた4×100mリレーの2冠で文字通りチームを牽引した主将・宮内和哉は、「170人を超える部員が1年間がんばってきた成果を発揮できた。最高です」と誇らしげに語った。半世紀の長いトンネルを抜け、古豪にまたひとつ輝かしい歴史の1ページが加わった瞬間だった。

広告の下にコンテンツが続きます

関西インカレ第100回大会の男子1部総合を制した関大

男子1部総合2位は134点で立命大、3位には88.5点で関学大が続いた。同2部は126点を獲得した大教大が優勝し、神戸大が118点で2位。この2校が来年の1部昇格を決めた。女子は立命大が139点で2年連続10度目の栄冠を手にした。

MVPは松井と、男子2部は400m、400mH、4×400mリレーの3種目を制した山科真之介(神戸大)が受賞。女子はルーキーながら200m、400m、マイルリレーの3冠に輝いた児島柚月(立命大)が選ばれた。

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目 関西インカレの最終日が行われ、男子1部総合は164.5点を挙げた関大が制覇。1969年以来54年ぶり27度目の栄冠を手にした。 第100回の節目に飾った総合V。それを決定づけたのが、200mトリオの活躍だ。2日前の100mで2位だった3年生・松井健斗が関西学生タイ、21年ぶり大会新のの20秒65(-0.4)で制し、同学年の濱田澪が20秒86で2位、2年生の山田雄大が20秒90で3位。見事に表彰台独占を果たした。 2日前には100mのほか、4×100mリレーでも2走を務めて38秒91の大会新Vに貢献していた松井。前日の準決勝では、疲れなどもあって21秒13(-0.5)の2位通過だった。ただ、「準決勝で無理をしなかったので今日は体調も回復していて、前半から記録を狙って飛ばしていきました」。 決勝は序盤からリードを奪うと、後半もチームメイトやライバルたちの追い上げをかわして逃げ切った。個人初タイトルに、「チームメイトの2人が準決勝で20秒82、91と好走していたので、決勝ではやり返してやるつもりでした。2人がベストを更新していたので、自分も20秒6台ぐらいでは走れると思っていたんです。でも、レース中は自分の走りをして優勝することに集中していました。タイムも優勝も、うれしいの一言です」と満面の笑みを浮かべた。 そして表彰台独占については、「3人の誰が優勝するかはわかりませんでしたが、ワン・ツー・スリーを取ると宣言していたので有言実行できて良かった」と胸を張った。 松井は最終種目の4×400mリレーでもアンカーを務め、3分07秒62で関大勢として52年ぶりの優勝に貢献。「総合優勝は決まっていましたが、最後も気持ち良く終わりたかったので、有終の美を飾れて良かったです」と笑顔が弾けた。 大阪・茨木南中、関大北陽高と全国で大きな実績を残せていないが、「これまでは緊張から全国では結果を残せていませんが、今回の結果で個人もリレーも強い関東勢と同じ土俵に立つことができたと思います」と松井。男子1部MVPの勲章を胸に、秋の日本インカレに向けて「この勢いをつなげたい」と力強く飛躍を誓った。 関大は、大会初日の10000mで副主将を務める亀田仁一路が29分00秒61の大会新をマークし快勝。「亀田さんの力走でチーム全体が勢いに乗れました。その流れのまま4日間を一丸となって戦い抜いた結果」と松井は振り返る。 激闘を終え、100mと、1走を務めた4×100mリレーの2冠で文字通りチームを牽引した主将・宮内和哉は、「170人を超える部員が1年間がんばってきた成果を発揮できた。最高です」と誇らしげに語った。半世紀の長いトンネルを抜け、古豪にまたひとつ輝かしい歴史の1ページが加わった瞬間だった。 [caption id="attachment_103119" align="alignnone" width="800"] 関西インカレ第100回大会の男子1部総合を制した関大[/caption] 男子1部総合2位は134点で立命大、3位には88.5点で関学大が続いた。同2部は126点を獲得した大教大が優勝し、神戸大が118点で2位。この2校が来年の1部昇格を決めた。女子は立命大が139点で2年連続10度目の栄冠を手にした。 MVPは松井と、男子2部は400m、400mH、4×400mリレーの3種目を制した山科真之介(神戸大)が受賞。女子はルーキーながら200m、400m、マイルリレーの3冠に輝いた児島柚月(立命大)が選ばれた。

【動画】54年ぶり総合優勝を決定づけた関大トリオ表彰台独占のレースをCheck!

https://youtu.be/kgrvshO9Y5s

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top