HOME 2022日本最新ランキング【男子】

男子100m

2022年
9.98-0.3 サニブラウン・A・ハキーム(タンブルウィードTC) 7.15
10.02 1.1 坂井隆一郎(大阪ガス)               6.26
10.10 2.0 和田  遼(東洋大4)               7.16
10.11 2.0 原田  暁(福岡大4)               7.31
10.13 0.5 小池 祐貴(住友電工)               6. 9
10.15 0.7 栁田 大輝(東洋大1)               8. 2
10.17 1.7 福島  聖(富山銀行)               5. 3
10.18 1.5 桐生 祥秀(日本生命)               4.24
10.20 1.2 遠藤 泰司(新日本住設)              3. 6
10.20 1.1 デーデー・ブルーノ(セイコー)           6.26
10.20 1.4 木村  稜(明大3)                7.10
日本歴代
9.95 2.0 山縣 亮太(セイコー)          2021. 6. 6
9.97 0.8 サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大) 2019. 6. 7
9.98 1.8 桐生 祥秀(東洋大4)          2017. 9. 9
9.98 0.5 小池 祐貴(住友電工)          2019. 7.20
10.00 1.9 伊東 浩司(富士通)           1998.12.13
10.01 2.0 多田 修平(住友電工)          2021. 6. 6
10.02 2.0 朝原 宣治(大阪ガス)          2001. 7.13
10.02 1.1 坂井隆一郎(大阪ガス)          2022. 6.26
10.03 1.8 末續 慎吾(ミズノ)           2003. 5. 5
10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike)         2020. 8.29

男子200m

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
20.26 1.0 上山 紘輝(住友電工)     7.18
20.34-0.4 飯塚 翔太(ミズノ)      5. 3
20.40-0.6 犬塚  渉(スズキ)      5. 3
20.45-0.6 伊藤孝太郎(東京ガスエコモ)  5. 3
20.46-0.4 小池 祐貴(住友電工)     5. 3
20.48-0.4 染谷 佳大(大和ハウス)    5. 3
20.54 1.6 鵜澤 飛羽(筑波大2)     9.11
20.55-0.6 鈴木 涼太(スズキ)      5. 3
20.57 1.2 三浦励央奈(早大4)      6.25
20.61 1.6 木村  稜(明大3)      9.11
20.61 0.4 水久保漱至(第一酒造)    10.15
日本歴代
20.03 0.6 末續 慎吾(ミズノ)           2003. 6. 7
20.08 0.8 サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大) 2019. 6. 7
20.11 1.8 飯塚 翔太(ミズノ)           2016. 6.26
20.13 0.6 藤光 謙司(ゼンリン)          2015. 7.14
20.14 1.0 高瀬  慧(富士通)           2015. 5.17
20.16 1.9 伊東 浩司(富士通)           1998.10. 2
20.22 1.3 高平 慎士(富士通)           2009. 6.26
20.23 0.7 小池 祐貴(ANA)           2018. 8.29
20.26 1.0 上山 紘輝(住友電工)          2022. 7.18
20.27 0.8 白石黄良々(セレスポ)          2019. 8.17

男子400m

2022年
45.27 ウォルシュ・ジュリアン(富士通)   6.18
45.40 佐藤 風雅(那須環境技術センター)  5. 8
45.51 中島佑気ジョセフ(東洋大3)     8.27
45.73 川端 魁人(中京大クラブ)      5. 8
45.78 岩崎 立来(大体大4)        8.27
45.92 豊田  兼(慶大2)         6.10
46.05 メルドラム・アラン(東農大3)    6.10
46.13 河内 光起(大阪ガス)        6. 9
46.21 末長 智幸(近大3)         6.24
46.22 今泉 堅貴(筑波大3)       10. 2
日本歴代
44.78 高野  進(東海大教)       1991. 6.16
45.03 山村 貴彦(日大3)        2000. 9. 9
45.05 小坂田 淳(大阪ガス)       2000. 9. 9
45.13 ウォルシュ・ジュリアン(富士通)  2019.10. 2
45.16 金丸 祐三(法大4)        2009. 5. 9
45.18 山口 有希(東海大2)       2003.10.29
45.33 簡  優好(富士通)        1998. 5. 9
45.40 佐藤 風雅(那須環境技術センター) 2022. 5. 8
45.44 森田 真治(同大4)        1999. 5.13
45.44 藤原  武(ユメオミライ)     2016. 5. 7

男子800m

2022年
1.46.17 薄田健太郎(筑波大M2)       5. 3
1.46.34 金子魅玖人(中大3)         6.22
1.46.49 四方 悠瑚(宝塚市陸協)       5. 3
1.46.73 根本 大輝(順大M1)        5. 3
1.47.02 川元  奨(スズキ)         5. 1
1.47.13 山﨑 優希(広島経大4)       6.22
1.47.23 松本 純弥(法大4)         5.22
1.47.40 石元 潤樹(日大2)         6.11
1.47.43 村島  匠(TWOLAPS)     5. 3
1.47.69 後田  築(創成館高3長崎)     6.11
日本歴代
1.45.75 川元  奨(日大4)          2014. 5.11
1.45.75 源  裕貴(環太平洋大4)       2021. 7.17
1.45.85 金子魅玖人(中大2)          2021. 7.17
1.46.16 横田 真人(慶大4)          2009.10.18
1.46.17 薄田健太郎(筑波大M2)        2022. 5. 3
1.46.18 小野 友誠(法大3)          1994. 6.26
1.46.22 近野 義人(ダイエー)         1994. 6.29
1.46.49 四方 悠瑚(宝塚市陸協)        2022. 5. 3
1.46.52 松本 啓典(自衛隊体育学校)      2010.10.11
1.46.59 クレイ・アーロン竜波(相洋高3神奈川) 2019. 6.28

男子1500m

2022年
3.36.55 飯澤 千翔(東海大4)   10. 2
3.36.59 三浦 龍司(順大3)     4. 9
3.36.63 荒井 七海(Honda)   6.22
3.36.69 遠藤 日向(住友電工)    4. 9
3.37.08 河村 一輝(トーエネック)  7.16
3.37.36 森田 佳祐(SUBARU)  7.16
3.38.35 館澤 亨次(DeNA)    6.22
3.38.35 飯島 陸斗(阿見AC)    7.16
3.39.01 野口 雄大(トーエネック)  7.16
3.40.14 高橋 佑輔(北大M1)    4. 9
日本歴代
3.35.42 河村 一輝(トーエネック) 2021. 7.17
3.36.55 飯澤 千翔(東海大4)   2022.10. 2
3.36.59 三浦 龍司(順大3)    2022. 4. 9
3.36.63 荒井 七海(Honda)  2022. 6.22
3.36.69 遠藤 日向(住友電工)   2022. 4. 9
3.37.18 佐藤 圭汰(洛南高3京都) 2021. 7.17
3.37.36 森田 佳祐(SUBARU) 2022. 7.16
3.37.42 小林 史和(NTN)    2004. 7.31
3.37.90 戸田 雅稀(サンベルクス) 2019. 7. 9
3.37.99 坂東 悠汰(富士通)    2021. 7.17

男子5000m

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
13.10.69 遠藤 日向(住友電工)        5. 4
13.21.94 坂東 悠汰(富士通)        10. 1
13.22.60 田澤  廉(駒大4)         4. 9
13.22.91 佐藤 圭汰(駒大1)         5. 4
13.23.41 小林  歩(NTT西日本)      7.16
13.27.56 田村 和希(住友電工)        7.16
13.29.21 塩尻 和也(富士通)         6.22
13.29.21 石原翔太郎(東海大3)        7.16
13.29.35 吉居 大和(中大3)         5. 4
13.29.80 鈴木 塁人(SGホールディングス)  5. 4
日本歴代
13.08.40 大迫  傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト) 2015. 7.18
13.10.69 遠藤 日向(住友電工)            2022. 5. 4
13.12.63 鎧坂 哲哉(旭化成)             2015. 7.18
13.13.20 松宮 隆行(コニカミノルタ)         2007. 7.28
13.13.40 高岡 寿成(鐘紡)              1998. 8. 1
13.13.60 佐藤 悠基(日清食品グループ)        2013. 7.13
13.16.53 塩尻 和也(富士通)             2021.12.10
13.18.32 三津谷 祐(トヨタ自動車九州)        2007. 5.26
13.18.49 坂東 悠汰(富士通)             2020.12. 4
13.19.00 竹澤 健介(早大3)             2007. 7.28

男子10000m

2022年
27.31.27 清水 歓太(SUBARU)  3. 6
27.42.48 伊藤 達彦(Honda)   4. 9
27.42.85 相澤  晃(旭化成)     5. 7
27.48.22 市田  孝(旭化成)     4. 9
27.53.00 塩尻 和也(富士通)    10. 1
27.53.79 大池 達也(トヨタ紡織)   5. 7
27.54.88 太田 智樹(トヨタ自動車)  5. 7
27.57.32 大石 港与(トヨタ自動車) 10. 8
27.57.72 松枝 博輝(富士通)     5. 7
27.57.95 菊地 駿弥(中国電力)    7.13
日本歴代
27.18.75 相澤  晃(旭化成)    2020.12. 4
27.23.44 田澤  廉(駒大3)    2021.12. 4
27.25.73 伊藤 達彦(Honda)  2020.12. 4
27.28.92 田村 和希(住友電工)   2020.12. 4
27.29.69 村山 紘太(旭化成)    2015.11.28
27.29.74 鎧坂 哲哉(旭化成)    2015.11.28
27.31.27 清水 歓太(SUBARU) 2022. 3. 6
27.33.13 太田 智樹(トヨタ自動車) 2021.11.27
27.34.86 河合 代二(トーエネック) 2020.12. 4
27.35.09 高岡 寿成(カネボウ)   2001. 5. 4

男子マラソン

2022年
2.05.28 鈴木 健吾(富士通)        3. 6
2.07.14 其田 健也(JR東日本)      9.25
2.07.31 星   岳(コニカミノルタ)    2.27
2.07.31 湯澤  舜(SGホールディングス) 3. 6
2.07.42 山下 一貴(三菱重工)       2.27
2.07.47 西山 雄介(トヨタ自動車)     2. 6
2.07.50 丸山 竜也(トヨタ自動車)     9.25
2.07.52 浦野 雄平(富士通)        2.27
2.07.55 鎧坂 哲哉(旭化成)        2. 6
2.07.55 丸山 文裕(旭化成)        2.27
2.07.55 聞谷 賢人(トヨタ紡織)      3. 6
日本歴代
2.04.56 鈴木 健吾(富士通)   2021. 2.28
2.05.29 大迫  傑(Nike)    2020. 3. 1
2.06.11 設楽 悠太(Honda) 2018. 2.25
2.06.16 高岡 寿成(カネボウ)  2002.10.13
2.06.26 土方 英和(Honda) 2021. 2.28
2.06.35 細谷 恭平(黒崎藩磨)  2021. 2.28
2.06.45 髙久  龍(ヤクルト)  2020. 3. 1
2.06.47 井上 大仁(三菱重工)  2021. 2.28
2.06.51 藤田 敦史(富士通)   2000.12. 3
2.06.51 小椋 裕介(ヤクルト)  2021. 2.28

男子110mH

2022年
13.10 0.6 高山 峻野(ゼンリン)       8. 6
13.21-1.2 泉谷 駿介(住友電工)       6.12
13.27 0.5 村竹ラシッド(順大3)       6.11
13.39 2.0 石川 周平(富士通)        6.26
13.43-0.1 野本 周成(愛媛陸協)       6.11
13.44 0.6 豊田  兼(慶大2)        8. 6
13.47-0.2 髙橋 佑輔(ハイテクAC)     6.11
13.47 0.7 藤原 孝輝(東洋大2)       9.10
13.50 1.6 藤井 亮汰(三重県スポ協)     6.11
13.51-0.2 石田トーマス東(勝浦ゴルフ倶楽部) 6.11
13.51 1.5 徳岡  凌(KAGOTANI)   9. 3
日本歴代
13.06 1.2 泉谷 駿介(順大4)    2021. 6.27
13.10 0.6 高山 峻野(ゼンリン)   2022. 8. 6
13.16 1.7 金井 大旺(ミズノ)    2021. 4.29
13.27 0.5 村竹ラシッド(順大3)   2022. 6.11
13.37 0.3 石川 周平(富士通)    2021. 6.26
13.38 1.2 野本 周成(愛媛陸協)   2021. 6.27
13.39 1.5 谷川  聡(ミズノ)    2004. 8.24
13.40 0.0 増野 元太(ヤマダ電機)  2017. 6.24
13.41 0.3 藤井 亮汰(三重県スポ協) 2021. 7.17
13.43 1.7 内藤 真人(ミズノ)    2007. 5.19

男子400mH

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
48.89 黒川 和樹(法大3)        6.11
49.07 田中天智龍(早大3)       10. 2
49.31 陰山 彩大(日大4)        5.22
49.49 豊田 将樹(富士通)        5. 3
49.51 岸本 鷹幸(富士通)       10.10
49.52 山本 竜大(SEKI A.C.)   10. 2
49.58 川越 広弥(JAWS)      10. 9
49.65 筒江 海斗(スポーツテクノ和広)  8.27
49.76 豊田  兼(慶大2)        9.11
49.77 出口 晴翔(順大3)        5.22
49.77 井之上駿太(法大)        10. 2
日本歴代
47.89 為末  大(法大4)         2001. 8.10
47.93 成迫 健児(筑波大4)        2006. 5. 6
48.26 山崎 一彦(デサントTC)      1999. 5. 8
48.34 苅部 俊二(富士通)         1997.10. 5
48.41 岸本 鷹幸(法大4)         2012. 6. 9
48.62 野澤 啓佑(ミズノ)         2016. 8.15
48.64 齋藤 嘉彦(群馬綜合ガードシステム) 1998.10. 4
48.65 千葉 佳裕(順大4)         2001. 5.20
48.66 吉形 政衡(三洋信販)        2005. 9.19
48.68 安部 孝駿(デサントTC)      2018. 5. 3
48.68 黒川 和樹(法大2)         2021. 5. 9

男子3000mSC

2022年
8.12.65 三浦 龍司(順大3)      9. 8
8.20.09 青木 涼真(Honda)    6.11
8.23.29 山口 浩勢(愛三工業)     6.11
8.25.70 楠  康成(阿見AC)     6.11
8.26.61 潰滝 大記(富士通)      6.11
8.31.02 荻野 太成(旭化成)      6.11
8.35.58 西方 大珠(愛三工業)     6.11
8.35.80 滋野 聖也(プレス工業)    7.16
8.37.24 内田 賢利(立大3)      6.11
8.39.22 佐竹 勇樹(大東大3)     6.11
日本歴代
8.09.92 三浦 龍司(順大2)        2021. 7.30
8.18.93 岩水 嘉孝(トヨタ自動車)     2003. 8.23
8.19.52 新宅 雅也(ヱスビー食品)     1980. 7. 8
8.19.96 山口 浩勢(愛三工業)       2021. 6.26
8.20.09 青木 涼真(Honda)      2022. 6.11
8.21.6 小山 隆治(クラレ)        1974. 6.22
8.23.93 阪口 竜平(SGホールディングス) 2021. 5. 9
8.25.49 潰滝 大記(富士通)        2021. 6.26
8.25.70 楠  康成(阿見AC)       2022. 6.11
8.26.48 内冨 恭則(中国電力)       1997.10.29

男子20km競歩

2022年
1.18.53 池田 向希(旭化成)     4.16
1.19.04 髙橋 英輝(富士通)     2.20
1.19.07 山西 利和(愛知製鋼)    7.15
1.19.53 松永 大介(富士通)     3.20
1.20.14 住所 大翔(順大4+)     2.20
1.20.22 石田  昂(立命大4+)    1. 1
1.20.24 野田 明宏(自衛隊体育学校) 2.20
1.20.34 古賀 友太(大塚製薬)    10.23
1.20.52 萬壽 春輝(順大2+)     3.20
1.21.12 諏方 元郁(愛知製鋼)    1. 1
日本歴代
1.16.36 鈴木 雄介(富士通)     2015. 3.15
1.17.15 山西 利和(愛知製鋼)    2019. 3.17
1.17.24 川野 将虎(東洋大2+)    2019. 3.17
1.17.25 池田 向希(東洋大2+)    2019. 3.17
1.17.26 髙橋 英輝(富士通)     2018. 2.18
1.17.46 松永 大介(富士通)     2018. 2.18
1.17.52 藤澤  勇(ALSOK)   2019. 3.17
1.18.42 古賀 友太(明大2+)     2020. 3.15
1.19.00 野田 明宏(自衛隊体育学校) 2019. 2.17
1.19.00 荒井 広宙(埼玉陸協)    2019. 2.17

男子35km競歩

2022年
2.23.15 川野 将虎(旭化成)          7.24
2.25.29 野田 明宏(自衛隊体育学校)      7.24
2.26.18 山西 利和(愛知製鋼)         10.23
2.27.09 松永 大介(富士通)          4.17
2.27.33 丸尾 知司(愛知製鋼)         10.23
2.30.37 石田  昴(自衛隊体育学校)      10.23
2.30.41 勝木 隼人(自衛隊体育学校)      4.17
2.31.26 高橋 和生(ADワークスグループ)   4.17
2.31.38 伊藤 佑樹(サーベイリサーチセンター) 4.17
2.32.51 荒井 広宙(富士通)          4.17

男子4×100mR

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
38.72 日 大        5.19
38.86 筑波大        9.10
39.05 大東大       10. 2
39.09 早 大        9.10
39.11 東海大       10. 2
39.12 日 本(U20代表)  8. 4
39.13 東洋大        9.10
39.15 順 大        8.11
39.24 中 大        5.19
39.35 関 大        5.26
日本歴代
37.43 世界選手権代表(ドーハ)   2019.10. 5
(多田,白石,桐生,サニブラウン)
37.60 五輪代表(リオデジャネイロ) 2016. 8.19
(山縣,飯塚,桐生,ケンブリッジ)
37.78 日本選抜(DLロンドン)   2019. 7.21
(多田,小池,桐生,白石)
37.78 世界選手権代表(ドーハ)   2019.10. 4
(小池,白石,桐生,サニブラウン)
38.00 日本代表(GGP大阪)    2019. 5.19
(多田,山縣,小池,桐生)
38.03 世界選手権代表(大阪)    2007. 9. 1
(塚原,末續,高平,朝原)
38.04 世界選手権代表(ロンドン)  2017. 8.12
(多田,飯塚,桐生,藤光)
38.07 五輪代表(ロンドン)     2012. 8.10
(山縣,江里口,高平,飯塚)
38.16 アジア大会代表(ジャカルタ) 2018. 8.30
(山縣,多田,桐生,ケンブリッジ)
38.16 五輪代表(東京)       2021. 8. 5
(多田,山縣,桐生,小池)

男子4×400mR

2022年
2.59.51 日 本 7.24
3.04.43 筑波大 9.11
3.04.59 東洋大 5.22
3.04.79 早 大 9.11
3.04.91 法 大 5.22
3.05.42 中 大 5.22
3.06.15 関学大 5.28
3.06.36 日 大 5.22
3.06.43 近 大 9.11
3.06.68 東農大 5.22
日本歴代
2.59.51 世界選手権代表(オレゴン)  2022. 7.24
(佐藤,川端,ウォルシュ,中島)
3.00.76 五輪代表(アトランタ)    1996. 8. 3
(苅部,伊東浩,小坂田,大森)
3.00.76 五輪代表(東京)       2021. 8. 6
(伊東利,川端,佐藤拳,鈴木)
3.00.99 五輪代表(アテネ)      2004. 8.28
(山口,小坂田,伊藤,佐藤光)
3.01.04 日本代表(テグ国際)     2012. 5.16
(高瀬,金丸,石塚,中野)
3.01.26 世界選手権代表(東京)    1991. 8.31
(小中冨,高野,渡邉,伊東)
3.01.35 五輪代表(バルセロナ)    1992. 8. 7
(簡,高野,齋藤,渡辺)
3.01.46 世界選手権代表(イエテボリ) 1995. 8.12
(苅部,齋藤,山崎,簡)
3.01.70 アジア大会代表(バンコク)  1998.12.19
(小坂田,田端,簡,苅部)
3.01.70 日本代表A(国際GP大阪)  2004. 5. 8
(小坂田,山口,伊藤,田端)

男子走高跳

2022年
2.30 真野 友博(九電工)          5.22
2.28 赤松 諒一(アワーズ)        10.16
2.25 長谷川直人(新潟アルビレックスRC)  7.18
2.25 瀬古 優斗(滋賀レイクスターズ)   10. 2
2.24 戸邉 直人(JAL)          5. 8
2.24 勝田  将(三重教員AC)      10. 2
2.22 山中  駿(京大2)          7.31
2.21 佐藤  凌(タカトミクラブ)      5.14
2.21 澁谷  蒼(team猿魂)       8.28
2.20 本田 基偉(岐阜大3)         5.29
2.20 藤田渓太郎(佐竹食品)         6. 9
2.20 堀井 遥樹(ダイシンプラント)     8. 7
日本歴代
2.35i 戸邉 直人(つくばツインピークス) 2019. 2. 2
2.33 醍醐 直幸(富士通)         2006. 7. 2
2.32 君野 貴弘(順大3)         1993. 9.18
(2.32 戸邉 直人(つくばツインピークス) 2018. 7.11)
2.31 吉田 孝久(ミズノ)         1993. 5. 9
2.31 真野 友博(九電工)         2020. 9.20
2.30 阪本 孝男(東海スポーツ)      1984. 5. 6
2.30 衛藤  昂(AGF)         2017. 4.16
2.28 氏野 修次(近大和歌山高教)     1984. 7.21
2.28 井上 基史(筑波大)         1987. 6. 7
2.28 野中  悟(洛北高教)        1993. 6.13
2.28 宇野 雅昭(福岡大3)        1993. 8. 8
2.28 尾上三知也(スズキ)         1997. 5. 5
2.28 髙張 広海(日立ICT)       2015. 5.10
2.28 平松 祐司(筑波大1)        2015. 5.16
2.28 藤田渓太郎(佐竹食品AC)      2020.10.24
2.28 赤松 諒一(アワーズ)        2020.11. 3

男子棒高跳

2022年
5.70 山本 聖途(トヨタ自動車)         4.16
5.60 江島 雅紀(富士通)            3.20
5.60 石川 拓磨(東京海上日動CS)       4.16
5.60 柄澤 智哉(日体大2)           6.25
5.50 澤  慎吾(きらぼし銀行)         4.15
5.50 竹川 倖生(丸元産業)           4.30
5.50 尾崎 駿翔(ROOTS TOKYO)    7.10
5.45 松澤ジアン成治(新潟アルビレックスRC)  7.17
5.45 原口 篤志(東大阪大1)          7.18
5.42 中野 隼斗(順大3)            6.25
日本歴代
5.83 澤野 大地(ニシ・スポーツ)       2005. 5. 3
5.75 山本 聖途(中京大4)          2013. 6.23
5.71 小林 史明(日体大AC)         2002. 7.21
5.71 江島 雅紀(日大3)           2019. 8.18
5.70 横山  学(百十四銀行)         2000. 4.29
5.70 荻田 大樹(ミズノ)           2013. 4.20
5.70 竹川 倖生(丸元産業)          2021. 6.26
5.61 澤  慎吾(きらぼし銀行)        2019. 8.18
5.60 米倉 照恭(ゼンリン)          1996. 5. 6
5.60 鈴木 康太(中京大4)          2017. 7.16
5.60 松澤ジアン成治(新潟アルビレックスRC) 2018. 6. 9
5.60 来間 弘樹(ストライダーズAC)     2020.10. 2
5.60 石川 拓磨(東京海上日動CS)      2021. 6.26
5.60 柄澤 智哉(日体大2)          2022. 6.25

男子走幅跳

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
8.27 1.4 橋岡 優輝(富士通)          6.12
8.17 0.9 山川 夏輝(佐賀県スポ協)       6.19
8.12 1.4 吉田 弘道(神崎郡陸協)        8. 2
8.07 1.9 松本 彗佑(極東油業)         6.12
8.04 0.8 小田 大樹(ヤマダホールディングス) 10.16
8.03 0.6 藤原 孝輝(東洋大2)         7.16
8.01 0.8 津波 響樹(大塚製薬)         6.12
8.00 0.3 泉谷 駿介(住友電工)         9.24
7.98 1.3 城山正太郎(ゼンリン)         6.12
7.93 1.9 手平 裕士(阿部商事)         7. 2
日本歴代
8.40 1.5 城山正太郎(ゼンリン)   2019. 8.17
8.36 0.6 橋岡 優輝(富士通)    2021. 6.27
8.25 1.6 森長 正樹(日大3)    1992. 5. 5
8.23 0.6 津波 響樹(東洋大4)   2019. 8.17
8.20 1.8 寺野 伸一(サンクラブ)  2004. 6. 6
8.18 1.3 菅井 洋平(ミズノ)    2015. 4.18
8.17 0.9 山川 夏輝(佐賀県スポ協) 2022. 6.19
8.15 2.0 田川  茂(ミズノ)    1999. 6.12
8.14 1.7 吉田 弘道(立命大4)   2021. 7.11
8.13 0.7 朝原 宣治(同大3)    1993.12. 3

男子三段跳

2022年
16.85 1.2 伊藤  陸(近大高専S2)  7. 2
16.31 0.6 安立 雄斗(福岡大4)    9.11
16.26 1.1 池畠旭佳瑠(駿河台大AC)  6.25
16.12 1.3 松下悠太郎(福岡大4)    9.11
16.07 0.4 鈴木 憲伸(明大4)     9.11
16.05 0.2 黒木雄太朗(東海AC)    8.21
15.99-0.2 廣田麟太郎(日大2)     5.20
15.97 1.1 田中 宏祐(順大3)    10.15
15.95 0.2 水野 皓太(鹿屋体大3)   5.22
15.95 1.9 藤内 誠也(日経大AC)   7.31
15.95 1.0 山下 祐樹(RiCAM)   9.25
日本歴代
17.15 0.9 山下 訓史(日本電気)   1986. 6. 1
17.02 2.0 杉林 孝法(ミキハウス)  2000. 7.16
17.00 1.3 伊藤  陸(近大高専S1) 2021. 9.19
16.98 1.5 石川 和義(筑波大4)   2004.10.10
16.88 1.2 小松 隆志(高知農高教)  1994.10.14
16.88 0.2 長谷川大悟(日立ICT)  2016. 4.29
16.87 1.8 山本 凌雅(順大4)    2017. 4.29
16.85-1.1 山下 航平(筑波大4)   2016. 5.22
16.76 1.8 中西 正美(日体大研究員) 1981. 4.29
16.75 0.0 池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 2020. 7.26

男子砲丸投

2022年
18.42 アツオビン・ジェイソン(福岡大2)   4.16
18.29 村上  輝(日本体育施設)       6.12
18.26 奥村 仁志(国士大4)         5.20
18.20 武田 歴次(栃木県スポ協)       6.25
17.93 佐藤 征平(新潟アルビレックスRC)  6.12
17.79 飛松  功(福岡陸協)         4.17
17.75 森下 大地(第一学院高教)       9.24
17.66 幸長 慎一(四国大AC)       10. 8
17.56 岩佐 隆時(佐賀県スポ協)       5.15
17.41 福田 翔大(日大4)          5.20
日本歴代
18.85 中村 太地(チームミズノ)      2018. 5.20
18.78 畑瀨  聡(群馬綜合ガードシステム) 2015. 6.28
18.64 山田壮太郎(法大4)         2009.10. 5
18.64 武田 歴次(栃木県スポ協)      2021. 6.27
18.53 野口 安忠(日大4)         1998. 5. 3
18.43 村川 洋平(スズキ自販)       2006. 7. 2
18.42 アツオビン・ジェイソン(福岡大2)  2022. 4.16
18.29 森下 大地(第一学院高教)      2020. 8.22
18.29 村上  輝(日本体育施設)      2022. 6.12
18.26 奥村 仁志(国士大4)        2022. 5.20

男子円盤投

2022年
59.45 堤  雄司(ALSOK群馬)   6. 9
59.43 湯上 剛輝(トヨタ自動車)    6. 9
58.11 米沢茂友樹(オリコ)       6.25
57.42 幸長 慎一(四国大M2+)    2.12
55.05 山下 航生(九州共立大4)   10. 8
54.00 飛川 龍雅(東海大M1)     4.24
53.42 奥村 仁志(国士大4)      5.19
53.40 蓬田 和正(ゴールドジム)    3.20
52.71 中町 真澄(新潟医療福祉大3)  4.23
52.23 藤原孝史朗(九州共立大3)    7.16
日本歴代
62.59 堤  雄司(ALSOK群馬) 2020. 3.27
62.16 湯上 剛輝(トヨタ自動車)  2018. 6.24
60.69 幸長 慎一(四国大M2)   2021. 5.29
60.22 川崎 清貴(大昭和製紙)   1979. 4.22
60.10 畑山 茂雄(ゼンリン)    2007. 6. 3
58.53 米沢茂友樹(オリコ)     2017. 6.25
58.36 知念  豪(ゼンリン)    2016. 6.26
58.08 山崎 祐司(竜ヶ崎一高教)  1986. 4.12
57.18 小林 志郎(新潟日報社)   2009. 6.25
56.83 蓬田 和正(国士舘クラブ)  2013. 7. 6

男子ハンマー投

広告の下にコンテンツが続きます
2022年
72.77 柏村 亮太(ヤマダホールディングス) 6.10
71.39 中川 達斗(九州共立大M2)     9. 9
71.34 古旗 崇裕(BUAC)        6.10
71.22 墨  訓煕(小林クリエイト)     7.17
71.16 木村 友大(ゼンリン)        7.16
70.64 福田 翔大(日大4)         4.29
69.65 植松 直紀(スズキ)         3.21
69.27 小田 航平(九州共立大M1)     5.20
66.75 佐々木秀斗(岐阜共立大4)      9. 9
66.36 赤穂 弘樹(まなびや園)       6.10
日本歴代
84.86 室伏 広治(ミズノ)         2003. 6.29
75.96 室伏 重信(中京大教)        1984. 7.15
74.08 土井 宏昭(ファイテン)       2007. 6.16
72.77 柏村 亮太(ヤマダホールディングス) 2022. 6.10
72.47 海老原 亘(三英社)         2000. 6.25
72.43 野口 裕史(群馬綜合ガードシステム) 2013.10. 7
71.39 中川 達斗(九州共立大M2)     2022. 9. 9
71.37 福田 翔大(日大3)         2021. 6.26
71.34 古旗 崇裕(BUAC)        2022. 6.10
71.22 墨  訓煕(小林クリエイト)     2022. 7.17
71.21 木村 友大(ゼンリン)        2021. 4.17

男子やり投

2022年
82.99 新井 涼平(スズキ)         8.20
82.34 ディーン元気(ミズノ)        7.21
80.51 崎山 雄太(愛媛陸協)        5. 8
80.25 小椋 健司(栃木県スポ協)      6.12
79.11 坂本 達哉(T-LABO)      7.16
78.18 石坂 力成(鳥取県スポ協)      9.24
77.55 鈴木  凜(九州共立大2)      7.16
76.76 横堀 雅孝(新潟アルビレックスRC) 6.12
76.14 鈴木 文人(九州共立大4+)      3.20
75.44 長沼  元(スズキ)         6.12
日本歴代
87.60 溝口 和洋(ゴールドウイン) 1989. 5.27
86.83 新井 涼平(スズキ浜松AC) 2014.10.21
85.96 村上 幸史(スズキ浜松AC) 2013. 4.29
84.28 ディーン元気(早大3)    2012. 4.29
82.52 小南 拓人(染めQ)     2021. 4.29
81.84 吉田 雅美(大京)      1990. 7.10
81.73 寒川建之介(奈良陸協)    2020. 7.18
81.63 小椋 健司(栃木スポ協)   2021. 6. 6
81.55 長谷川鉱平(福井陸協)    2016. 5.21
80.51 崎山 雄太(愛媛陸協)    2022. 5. 8

男子十種競技

2022年
8008 奥田 啓祐(第一学院高教) 10. 9
7807 丸山 優真(住友電工)    5. 1
7590 片山 和也(烏城塗装工業)  5. 1
7480 田上  駿(陸上物語)    5. 1
7389 中村 明彦(スズキ)     6. 5
7368 右代 啓祐(国士舘クラブ)  6. 5
7286 森口 諒也(東海大M2)   4.16
7286 川元莉々輝(立命大3)    9.10
7119 小坪 聖人(富山大)     5.15
7113 前川 斉幸(中京大M1)   8. 7
日本歴代
8308 右代 啓祐(スズキ浜松AC) 2014. 6. 1
8180 中村 明彦(スズキ浜松AC) 2016. 6.12
8008 奥田 啓祐(第一学院高教)  2022.10. 9
7995 金子 宗弘(ミズノ)     1993. 5.14
7871 松田 克彦(富士通)     1993. 6.12
7807 丸山 優真(住友電工)    2022. 5. 1
7803 田中 宏昌(モンテローザ)  2006. 6.25
7788 池田 大介(WIND UP AC)   2009. 8.20
7764 田上  駿(順大M2)    2021. 5. 3
7725 音部 拓仁(富士通)     2015. 7. 5


RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top