HOME 国内、高校

2023.04.23

柳川美空が4m03で殊勲の高校生V!屋外自己新の4m03をクリア/兵庫RC
柳川美空が4m03で殊勲の高校生V!屋外自己新の4m03をクリア/兵庫RC

女子棒高跳の柳川美空(前橋育英高3群馬)(2023年兵庫リレーカーニバル)

◇第71回兵庫リレーカーニバル(4月22日~23日/兵庫・神戸総合)

4月上旬に11年ぶり日本新の4m41に成功した諸田実咲(アットホーム)ら日本トップボウルターが数多く出場したグランプリ女子棒高跳は、4m03の屋外自己新を跳んだ柳川美空(前橋育英高3群馬)がシニア勢を抑える殊勲の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

最初の高さとなった3m63、3m83をともに1回でクリア。3m93は向かい風の影響などもあり2回目となったが、屋外ベストを2cm上回る4m03も一発で越えた。シニア勢が次々とバーを落とすなか、「3月に室内で4m10を跳んで以降、練習でも安定して4m以上を跳べていました。助走が安定してきたことが大きいです」と話すように、安定した跳躍が光った。

自己新となる4m13は惜しくもクリアならず。 「日本学生個人選手権で学生の方々がベストを更新されていたので、私も跳んでおきたかった」と悔しがる。だが、「(4m13から使った)13.7フィート・150ポンドのポールがようやく使えるようになってきました。今日も(踏み切りで)あとひと入りできればクリアできた」と手応えをつかんだ様子だ。

南橘中時代には3m90の中学最高記録を作り、高1初の4mジャンパーにもなるなど、世代をリードしてきた選手。高校ラストイヤーに向けては、「昨年はインターハイ前に左脚の甲を疲労骨折して納得のいくシーズンではありませんでした。最終学年の今年は、お世話になっているコーチに恩返しするためにも高校記録(4m16)を更新して、インターハイで優勝することが一番の目標です」と力強く話した。

シニア勢は、日本記録保持者・諸田は最初の高さに選んだ4m03が跳べずに記録なしで、4m23からスタートした竜田夏苗(ニッパツ)も3回失敗。大会記録(4m33)を持つ那須眞由(KAGOTANI)も3m93ながら2位に入ったのが最高だった。

広告の下にコンテンツが続きます

文/花木 雫

◇第71回兵庫リレーカーニバル(4月22日~23日/兵庫・神戸総合) 4月上旬に11年ぶり日本新の4m41に成功した諸田実咲(アットホーム)ら日本トップボウルターが数多く出場したグランプリ女子棒高跳は、4m03の屋外自己新を跳んだ柳川美空(前橋育英高3群馬)がシニア勢を抑える殊勲の優勝を飾った。 最初の高さとなった3m63、3m83をともに1回でクリア。3m93は向かい風の影響などもあり2回目となったが、屋外ベストを2cm上回る4m03も一発で越えた。シニア勢が次々とバーを落とすなか、「3月に室内で4m10を跳んで以降、練習でも安定して4m以上を跳べていました。助走が安定してきたことが大きいです」と話すように、安定した跳躍が光った。 自己新となる4m13は惜しくもクリアならず。 「日本学生個人選手権で学生の方々がベストを更新されていたので、私も跳んでおきたかった」と悔しがる。だが、「(4m13から使った)13.7フィート・150ポンドのポールがようやく使えるようになってきました。今日も(踏み切りで)あとひと入りできればクリアできた」と手応えをつかんだ様子だ。 南橘中時代には3m90の中学最高記録を作り、高1初の4mジャンパーにもなるなど、世代をリードしてきた選手。高校ラストイヤーに向けては、「昨年はインターハイ前に左脚の甲を疲労骨折して納得のいくシーズンではありませんでした。最終学年の今年は、お世話になっているコーチに恩返しするためにも高校記録(4m16)を更新して、インターハイで優勝することが一番の目標です」と力強く話した。 シニア勢は、日本記録保持者・諸田は最初の高さに選んだ4m03が跳べずに記録なしで、4m23からスタートした竜田夏苗(ニッパツ)も3回失敗。大会記録(4m33)を持つ那須眞由(KAGOTANI)も3m93ながら2位に入ったのが最高だった。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top