HOME 国内、大学

2023.03.25

三浦龍司シーズン初戦3000m7分台「まずまず」世界陸上とDLファイナルに照準
三浦龍司シーズン初戦3000m7分台「まずまず」世界陸上とDLファイナルに照準

三浦龍司(順大、先頭)

TOKOROZAWAゲームズSpring 2023の男子3000mに、3000m障害日本記録保持者の三浦龍司(順大)が出場。トラックシーズン初戦は7分58秒61で組4着だった。

気温10度前後、冷たい雨となるなか「2分40秒を切るペースくらいで走っていて、それほど記録狙いではなかった」が、「少しキレがなかった。もう少し余裕をもって8分を切れていればいいスタートになった」と三浦。それでも「初戦なのでこれくらい。まずまず」と納得の表情だった。

広告の下にコンテンツが続きます

箱根駅伝以降は脚作りし、日本選手権クロカンを経るのは例年通り。吉岡大翔(佐久長聖高・長野)ら新1年生を含めた合宿明けで臨んだ。

その吉岡が高校最高記録(7分50秒81)を一つのターゲットとして走ったため、三浦も序盤から前を行ってペースメイク。途中やや下げたのは他の選手に引っ張ってもらうのと、「吉岡も前に行かないといけないので」という狙いがあった。

最後は吉岡に先着を許したが、その吉岡は「三浦さんはずっと引っ張ってもらって負担もあるなかで7分台」と言う。三浦は「強い1年生もたくさんいて、ポイント練習でもペースが速い。新しい環境に期待があるので負けないようにします」と笑う。

次戦は昨年同様に4月の金栗記念で1500mを走り、本職の3000m障害の初戦は5月のセイコーゴールデングランプリの予定だ。

広告の下にコンテンツが続きます

三浦は新チームの主将を志願。元々「引っ張るタイプではない」が、西澤侑真ら先輩たちの姿を見て、自身の成長とチームへの「起爆剤になれれば」という思いを持ったという。どうしてもチームを離れるスケジュールもあり、藤原優希と『共同主将』という形を採用した。

今季のターゲットは8月のブダペスト世界選手権、そして9月のダイヤモンドリーグ(DL)ファイナル。特に昨年4位になったDLは「大きな意味を持つ」。チャレンジで出たところから、今年は狙って勝負しにいくつもりだ。

世界選手権では「決勝、上位入賞を狙います」。日本が世界に誇るランナーの学生ラストシーズンがいよいよ始まった。

TOKOROZAWAゲームズSpring 2023の男子3000mに、3000m障害日本記録保持者の三浦龍司(順大)が出場。トラックシーズン初戦は7分58秒61で組4着だった。 気温10度前後、冷たい雨となるなか「2分40秒を切るペースくらいで走っていて、それほど記録狙いではなかった」が、「少しキレがなかった。もう少し余裕をもって8分を切れていればいいスタートになった」と三浦。それでも「初戦なのでこれくらい。まずまず」と納得の表情だった。 箱根駅伝以降は脚作りし、日本選手権クロカンを経るのは例年通り。吉岡大翔(佐久長聖高・長野)ら新1年生を含めた合宿明けで臨んだ。 その吉岡が高校最高記録(7分50秒81)を一つのターゲットとして走ったため、三浦も序盤から前を行ってペースメイク。途中やや下げたのは他の選手に引っ張ってもらうのと、「吉岡も前に行かないといけないので」という狙いがあった。 最後は吉岡に先着を許したが、その吉岡は「三浦さんはずっと引っ張ってもらって負担もあるなかで7分台」と言う。三浦は「強い1年生もたくさんいて、ポイント練習でもペースが速い。新しい環境に期待があるので負けないようにします」と笑う。 次戦は昨年同様に4月の金栗記念で1500mを走り、本職の3000m障害の初戦は5月のセイコーゴールデングランプリの予定だ。 三浦は新チームの主将を志願。元々「引っ張るタイプではない」が、西澤侑真ら先輩たちの姿を見て、自身の成長とチームへの「起爆剤になれれば」という思いを持ったという。どうしてもチームを離れるスケジュールもあり、藤原優希と『共同主将』という形を採用した。 今季のターゲットは8月のブダペスト世界選手権、そして9月のダイヤモンドリーグ(DL)ファイナル。特に昨年4位になったDLは「大きな意味を持つ」。チャレンジで出たところから、今年は狙って勝負しにいくつもりだ。 世界選手権では「決勝、上位入賞を狙います」。日本が世界に誇るランナーの学生ラストシーズンがいよいよ始まった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top