HOME 国内、大学

2023.03.06

ノジマが新たに3選手をサポート!男子短距離の森周志、児玉悠作、女子七種競技の梶木菜々香が第一期メンバーに
ノジマが新たに3選手をサポート!男子短距離の森周志、児玉悠作、女子七種競技の梶木菜々香が第一期メンバーに

ノジマのサポートを受ける森、梶木、児玉

家電量販店を展開する株式会社ノジマが「業務と陸上競技活動の両立を支援」を目的に、第一期メンバーとして陸上選手3人が新卒採用として2023年4月に入社する。

第一期メンバーは、男子短距離の森周志(中大)、児玉悠作(法大)、女子七種競技の梶木菜々香(中大)の3人となる。

森は北海道栄高時代にインターハイ400mを2冠した。長くケガなどに苦しんだが、大学ラストイヤーだった昨年は5年ぶり自己新となる46秒61をマークした。関東インカレでも3位と存在感を示した。

児玉は長野高から法大へ。400mと400mハードルを得意とし高校時代はインターハイこそ進めなかったが2年時に400mハードルで52秒台を出した。大学3年時には50秒16の好記録をマーク。400mでも47秒17を持ち、昨年の日本選手権リレー4×400mリレー(1走)で2位に入っている。

梶木は13秒49のベストを持つ100mハードルを得意とし、200mでも24秒台を持つなどスピード型の混成選手。昨年は七種競技で関東インカレ優勝、日本インカレでは5462点の好記録で2位に入っている。

同社は他にも女子サッカーの「ノジマステラ神奈川相模原」やアメリカンフットボール「ノジマ相模原ライズ」を持ち、フィギュアスケートの鍵山優真とスポンサー契約を締結するなど、スポーツ支援をしている。

「勝ち負けのあるスポーツの世界で努力されてきた人財に、社会人として業務と陸上競技活動を両立できる環境を提供するとともに、選手としての活動費用を支援する」とし、将来的な実業団登録も視野に入れるという。

次ページ ノジマのサポートを受ける3選手のコメント全文

家電量販店を展開する株式会社ノジマが「業務と陸上競技活動の両立を支援」を目的に、第一期メンバーとして陸上選手3人が新卒採用として2023年4月に入社する。 第一期メンバーは、男子短距離の森周志(中大)、児玉悠作(法大)、女子七種競技の梶木菜々香(中大)の3人となる。 森は北海道栄高時代にインターハイ400mを2冠した。長くケガなどに苦しんだが、大学ラストイヤーだった昨年は5年ぶり自己新となる46秒61をマークした。関東インカレでも3位と存在感を示した。 児玉は長野高から法大へ。400mと400mハードルを得意とし高校時代はインターハイこそ進めなかったが2年時に400mハードルで52秒台を出した。大学3年時には50秒16の好記録をマーク。400mでも47秒17を持ち、昨年の日本選手権リレー4×400mリレー(1走)で2位に入っている。 梶木は13秒49のベストを持つ100mハードルを得意とし、200mでも24秒台を持つなどスピード型の混成選手。昨年は七種競技で関東インカレ優勝、日本インカレでは5462点の好記録で2位に入っている。 同社は他にも女子サッカーの「ノジマステラ神奈川相模原」やアメリカンフットボール「ノジマ相模原ライズ」を持ち、フィギュアスケートの鍵山優真とスポンサー契約を締結するなど、スポーツ支援をしている。 「勝ち負けのあるスポーツの世界で努力されてきた人財に、社会人として業務と陸上競技活動を両立できる環境を提供するとともに、選手としての活動費用を支援する」とし、将来的な実業団登録も視野に入れるという。 次ページ ノジマのサポートを受ける3選手のコメント全文

ノジマのサポートを受ける3選手のコメント全文

・森 周志(中大) 「お客様に喜ばれる、走れる販買員を目指します」 ・梶木菜々香(中大) 「店舗と陸上の両立を目指し、陸上界にもノジマを広めていきます」 ・児玉悠作(法大) 「ノジマの肩書を背負い、自信をもって店舗でも陸上でも全力で、行動していきます」 [caption id="attachment_94947" align="alignnone" width="1280"] 左から児玉悠作、森周志、代表執行役社長の野島廣司氏、梶木菜々香(提供写真)[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top