HOME 国内

2023.03.05

駒大・田澤廉が米国「The TEN」で27分28秒04!大学ラストレースでセカンドベスト!清水歓太、伊藤達彦も27分台/The TEN
駒大・田澤廉が米国「The TEN」で27分28秒04!大学ラストレースでセカンドベスト!清水歓太、伊藤達彦も27分台/The TEN

田澤廉(駒大)

3月4日(日本時間5日)に米国・カリフォルニア州ロサンゼルスで中長距離の競技会「The TEN」が開催され、田澤廉が10000mでセカンドベストの27分28秒04をマークした。

レースはオレゴン世界選手権10000m9位のジョー・クレッカー(米国)と5000mで12分台のベストを持つウィリアム・キンケード(米国)を中心に進み、5000mを13分35秒で通過。田澤もこのペースに7200mまで食らいつくが、終盤はじわじわと離されていく。ラスト1周を63秒でカバーして27分28秒04(6着)でまとめたものの、ブダペスト世界選手権の参加標準記録(27分10秒00)には約18秒、2021年に残した自己記録(27分23秒44)には約5秒届かなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

田澤は2019年に駒大入学後、長らく学生長距離界のエースとして君臨。2021年の日本選手権10000mでは2位に入り、昨年はオレゴン世界選手権にも出場した。駅伝でも全日本大学駅伝4年連続区間賞や箱根駅伝2区区間賞などエース区間で数々の勲章を残し、今年度は駒大初の学生駅伝3冠の立役者となった。

今後は夏のブダペスト世界選手権10000m代表を目指し、海外レースを転戦予定。4月からはトヨタ自動車に入社する。

同レースには日本の清水歓太(SUBARU)と伊藤達彦(Honda)も出場し、清水が27分51秒23、伊藤が27分54秒64と27分台をそろえた。1着はキンケードで27分06秒37、2着のクレッカーも27分07秒57とハイレベルな先頭争いが繰り広げられ、キンケードの記録は2023年世界最高となる。

日本勢からは他にも複数の選手が出場し、1500mでは青木涼真(Honda)が3分41秒47で3着、吉居大和(中大)が3分43秒61で7着だった。

広告の下にコンテンツが続きます

※記事を一部修正しました

次ページ The TENの日本人選手成績一覧

3月4日(日本時間5日)に米国・カリフォルニア州ロサンゼルスで中長距離の競技会「The TEN」が開催され、田澤廉が10000mでセカンドベストの27分28秒04をマークした。 レースはオレゴン世界選手権10000m9位のジョー・クレッカー(米国)と5000mで12分台のベストを持つウィリアム・キンケード(米国)を中心に進み、5000mを13分35秒で通過。田澤もこのペースに7200mまで食らいつくが、終盤はじわじわと離されていく。ラスト1周を63秒でカバーして27分28秒04(6着)でまとめたものの、ブダペスト世界選手権の参加標準記録(27分10秒00)には約18秒、2021年に残した自己記録(27分23秒44)には約5秒届かなかった。 田澤は2019年に駒大入学後、長らく学生長距離界のエースとして君臨。2021年の日本選手権10000mでは2位に入り、昨年はオレゴン世界選手権にも出場した。駅伝でも全日本大学駅伝4年連続区間賞や箱根駅伝2区区間賞などエース区間で数々の勲章を残し、今年度は駒大初の学生駅伝3冠の立役者となった。 今後は夏のブダペスト世界選手権10000m代表を目指し、海外レースを転戦予定。4月からはトヨタ自動車に入社する。 同レースには日本の清水歓太(SUBARU)と伊藤達彦(Honda)も出場し、清水が27分51秒23、伊藤が27分54秒64と27分台をそろえた。1着はキンケードで27分06秒37、2着のクレッカーも27分07秒57とハイレベルな先頭争いが繰り広げられ、キンケードの記録は2023年世界最高となる。 日本勢からは他にも複数の選手が出場し、1500mでは青木涼真(Honda)が3分41秒47で3着、吉居大和(中大)が3分43秒61で7着だった。 ※記事を一部修正しました 次ページ The TENの日本人選手成績一覧

The TENの日本人選手成績一覧

●男子1500m 青木涼真(Honda)3.41.47 吉居大和(中大) 3.43.61 森田佳祐(SUBARU)3.49.57 飯澤千翔(東海大)3.54.59 ●男子10000m 田澤 廉(駒大)27.28.04 清水歓太(SUBARU)27.51.23 伊藤達彦(Honda)27.54.64 ●男子10000mUS 鈴木塁人(SGホールディングス)28.08.04 吉居駿恭(中大)28.37.93

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top