HOME 国内

2023.03.04

戦線離脱中の相澤晃12月の日本選手権10000mに向けてじっくり調整 市田孝は4月のロッテルダムマラソンへ
戦線離脱中の相澤晃12月の日本選手権10000mに向けてじっくり調整 市田孝は4月のロッテルダムマラソンへ

東京マラソンEXPO 2023のコラントッテのブースで行われたイベントに出席した相澤晃(左)と市田孝。愛用する磁気ネックレスをアピールしていた

旭化成陸上部所属の相澤晃(25歳)と市田孝(30歳)が3月3日、東京マラソンEXPO 2023会場内のコラントッテのブースで行われたイベントに出席し、2日のレースに出場するランナーへのアドバイスや、自身の現在のコンディション、今後の目標などを語った。

ランナーに向けてレース前の注意としては「1kmを何分のペースで行くのか、前日、前々日ぐらいからしっかり考えておくこと」(相澤)、エネルギー切れにならないように「炭水化物をしっかり摂って臨み、水分補給も忘れないこと」(市田)などを挙げ、苦しい局面を乗り越えるために2人は「ゴール後の楽しみを考えて走る」(相澤、市田)とアドバイスを送った。

広告の下にコンテンツが続きます

気になったのは両選手の現在のコンディション。特に相澤は昨年6月から9ヵ月間もレースから遠ざかっている。

2021年の東京五輪10000m代表で、同種目の日本記録(27分18秒75)保持者。昨年は5月の日本選手権10000mで優勝を飾ったものの、6月上旬のオランダ・ヘンゲロでのレースでも夏の世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破できずオレゴン世界選手権行きを逃した。

その後、7月に右足の後頸骨筋(内側のくるぶし付近)を痛めて以降は戦線を離脱しており、今の回復度合いは「(絶好調時の)2割程度。ようやくジョグがしっかりできるようになってきた」という。

「これまでスピード、スピードと思ってやって来ましたけど、なかなかうまくいかないこともあり、自分にとって何が必要なのかを考える1年でした。今季は自分の中で『焦る必要はない』と思っており、来年のパリ五輪に向けてもう一回作り直す1年にしたい」

広告の下にコンテンツが続きます

今季前半のレース出場は予定しておらず、当面は12月の日本選手権10000mに照準を定める。その前後にはハーフマラソンを走り、マラソンでの代表入り目指す2025年の東京世界選手権に向けて長い距離に対応できる準備もしていく構えだ。

パリの次、2028年ロサンゼルス五輪をマラソンで“本当の勝負”をする舞台とすることが相澤の青写真。1964年の東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得した同郷(福島県須賀川市)の大先輩、故・円谷幸吉さんに続く偉業が期待されている。

一方の市田は、5度目のマラソンとなった2月上旬の別府大分毎日で初のサブ10となる2時間9分15秒をマークしたものの、成績は11位(日本人選手9番目)。パリ五輪マラソン日本代表選考レースとなる今年10月のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)進出条件の「6位以内+2時間9分00秒以内」をクリアできず、悔しい結果となった。

「レース後、川嶋(伸次)コーチや宗猛さん(総監督)からも『優勝を狙えたレース』とおっしゃっていただいたので、30km以降に無理して前に出たことが最後に響いてしまったのかと反省しました」

広告の下にコンテンツが続きます

その反省を生かし、早くも4月16日のロッテルダムマラソン(オランダ)に出場予定。そこで2時間10分45秒以内で走れば、別大との2レース平均が2時間10分00秒以内となってMGC進出条件をクリアする。しかし、「せっかく海外で走るチャンスをいただけるので、安全にMGC進出を狙うのではなく、やはり自己ベストを目指して走りたい」ときっぱり話した。

わずか2ヵ月半弱のスパンでマラソンに再挑戦するのは容易ではないが、市田はサポートを受けているコラントッテ製品を活用して身体をリカバリーし、コンディションを整えていくという。

双子の弟・宏とともに旭化成のチーム内でいち早く同社の製品を愛用している市田。看板商品である磁気ネックレスはもちろん、磁気と生地のテクノロジーが相まって血行を促進し、リラックスをサポートするスイッチングウエアを部屋着やパジャマとしてもフル活用。ふくらはぎの血流改善やコリに効くSPORTS カーフも欠かせないアイテムになっているという。

ボディケアやリカバリーへの意識が高い先輩たちの影響を受け、相澤もコラントッテ製品を愛用。肩周りの血流を促進する磁器ネックレスはレース中も着用しており、健康維持に不可欠な栄養をまとめて摂取できる同社のマルチビタミン&ミネラルサプリメントで体調を整えている。

広告の下にコンテンツが続きます

ハードなトレーニングで身体を酷使している長距離ランナーは、他のスポーツ選手以上にリカバリーが重要で、それがパフォーマンスアップに直結すると言って過言ではない。それぞれの目標に向かい、細かい気配りでコンディションを研ぎ澄ませていく。

旭化成陸上部所属の相澤晃(25歳)と市田孝(30歳)が3月3日、東京マラソンEXPO 2023会場内のコラントッテのブースで行われたイベントに出席し、2日のレースに出場するランナーへのアドバイスや、自身の現在のコンディション、今後の目標などを語った。 ランナーに向けてレース前の注意としては「1kmを何分のペースで行くのか、前日、前々日ぐらいからしっかり考えておくこと」(相澤)、エネルギー切れにならないように「炭水化物をしっかり摂って臨み、水分補給も忘れないこと」(市田)などを挙げ、苦しい局面を乗り越えるために2人は「ゴール後の楽しみを考えて走る」(相澤、市田)とアドバイスを送った。 気になったのは両選手の現在のコンディション。特に相澤は昨年6月から9ヵ月間もレースから遠ざかっている。 2021年の東京五輪10000m代表で、同種目の日本記録(27分18秒75)保持者。昨年は5月の日本選手権10000mで優勝を飾ったものの、6月上旬のオランダ・ヘンゲロでのレースでも夏の世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破できずオレゴン世界選手権行きを逃した。 その後、7月に右足の後頸骨筋(内側のくるぶし付近)を痛めて以降は戦線を離脱しており、今の回復度合いは「(絶好調時の)2割程度。ようやくジョグがしっかりできるようになってきた」という。 「これまでスピード、スピードと思ってやって来ましたけど、なかなかうまくいかないこともあり、自分にとって何が必要なのかを考える1年でした。今季は自分の中で『焦る必要はない』と思っており、来年のパリ五輪に向けてもう一回作り直す1年にしたい」 今季前半のレース出場は予定しておらず、当面は12月の日本選手権10000mに照準を定める。その前後にはハーフマラソンを走り、マラソンでの代表入り目指す2025年の東京世界選手権に向けて長い距離に対応できる準備もしていく構えだ。 パリの次、2028年ロサンゼルス五輪をマラソンで“本当の勝負”をする舞台とすることが相澤の青写真。1964年の東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得した同郷(福島県須賀川市)の大先輩、故・円谷幸吉さんに続く偉業が期待されている。 一方の市田は、5度目のマラソンとなった2月上旬の別府大分毎日で初のサブ10となる2時間9分15秒をマークしたものの、成績は11位(日本人選手9番目)。パリ五輪マラソン日本代表選考レースとなる今年10月のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)進出条件の「6位以内+2時間9分00秒以内」をクリアできず、悔しい結果となった。 「レース後、川嶋(伸次)コーチや宗猛さん(総監督)からも『優勝を狙えたレース』とおっしゃっていただいたので、30km以降に無理して前に出たことが最後に響いてしまったのかと反省しました」 その反省を生かし、早くも4月16日のロッテルダムマラソン(オランダ)に出場予定。そこで2時間10分45秒以内で走れば、別大との2レース平均が2時間10分00秒以内となってMGC進出条件をクリアする。しかし、「せっかく海外で走るチャンスをいただけるので、安全にMGC進出を狙うのではなく、やはり自己ベストを目指して走りたい」ときっぱり話した。 わずか2ヵ月半弱のスパンでマラソンに再挑戦するのは容易ではないが、市田はサポートを受けているコラントッテ製品を活用して身体をリカバリーし、コンディションを整えていくという。 双子の弟・宏とともに旭化成のチーム内でいち早く同社の製品を愛用している市田。看板商品である磁気ネックレスはもちろん、磁気と生地のテクノロジーが相まって血行を促進し、リラックスをサポートするスイッチングウエアを部屋着やパジャマとしてもフル活用。ふくらはぎの血流改善やコリに効くSPORTS カーフも欠かせないアイテムになっているという。 ボディケアやリカバリーへの意識が高い先輩たちの影響を受け、相澤もコラントッテ製品を愛用。肩周りの血流を促進する磁器ネックレスはレース中も着用しており、健康維持に不可欠な栄養をまとめて摂取できる同社のマルチビタミン&ミネラルサプリメントで体調を整えている。 ハードなトレーニングで身体を酷使している長距離ランナーは、他のスポーツ選手以上にリカバリーが重要で、それがパフォーマンスアップに直結すると言って過言ではない。それぞれの目標に向かい、細かい気配りでコンディションを研ぎ澄ませていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top