HOME 編集部コラム

2023.03.03

編集部コラム「21世紀で人類はどれほど進歩したのか」
編集部コラム「21世紀で人類はどれほど進歩したのか」

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

広告の下にコンテンツが続きます

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。

編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第186回「21世紀で人類はどれほど進歩したのか(大久保雅文)

3月14日発売の月刊陸上競技では、別冊付録として2022年の記録をまとめた「記録年鑑2022」がついてきます。世界から中学まで、トラックから駅伝までのランキングや記録を収録し、ページ数は過去最多の226ページとなりました。みなさんもぜひお手に取っていただければと思います。

記録年鑑の最初に掲載されているのが「世界記録」です。これは月陸が記録年鑑を作成しはじめた30年前以上から変わっていません。

広告の下にコンテンツが続きます

人類が出した最高の記録は、人々の目標となり、また壁となってきました。毎年のように更新される記録から、四半世紀以上もワールドレコードとして君臨する記録。さまざまな逸話とともに世界記録は語られています。

今年は2023年を迎え、21世紀も1/4が経とうとしています。そこで、今回は20世紀の終わりとなった2000年末時点と2022年時点の世界記録を比較してみました。

世界記録 2000年時点 2022年時点
100m 9秒79(+0.1) 9秒58(+0.9)
200m 19秒32(+0.4) 19秒19(-0.3)
400m 43秒18 43秒03
800m 1分41秒11 1分40秒91
1500m 3分26秒00 3分26秒00
5000m 12分39秒36 12分35秒36
10000m 26分22秒75 26分11秒00
マラソン 2時間5分42秒 2時間1分09秒
110mH 12秒91(+0.5) 12秒80(+0.3)
400mH 46秒78 45秒94
3000mSC 7分55秒72 7分53秒63
20kmW 1時間17分25秒6 1時間16分36秒
4×100mR 37秒40 36秒84
4×400mR 2分54秒29 2分54秒29
走高跳 2m45 2m45
棒高跳 6m14 6m21
走幅跳 8m95(+0.3) 8m95(+0.3)
三段跳 18m29(+1.3) 18m29(+1.3)
砲丸投 23m12 23m37
円盤投 74m08 74m08
ハンマー投 86m74 86m74
やり投 98m48 98m48
十種競技 8994点 9126点

男子100mは9秒79(M.グリーン)から9秒58(U.ボルト)へと短縮されました。05年から07年にかけて、A.パウエルが少しずつ記録を更新してきましたが、08年にボルト時代を迎えると、09年に9秒5台に突入。あまりの大幅な更新の反動か、近年は100mの記録が停滞ぎみという声も聞かれます。事実、9秒6台も至近10年は出ていません。

21世紀で最も記録が更新された種目がマラソンです。2時間5分42秒(K.ハヌーチ)から2時間1分09(E.キプチョゲ)秒と、その伸び率は103.75%。非公式ではキプチョゲが2時間切りも達成しています。シューズの進化などさまざまな要因もありますが、ハヌーチの記録は2022年ランキングでは41位相当と、マラソンという競技自体が大幅な進化を遂げました。

広告の下にコンテンツが続きます

一方で、21世紀になって1度も更新されていない種目もあります。1500m、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、ハンマー投、やり投とフィールドが中心です。中にはドーピング使用の疑いがもたれるものもあり、常に議論の対象となってきました。

しかし、過去に記録更新が難しいと言われた砲丸投ではR.クルーザーが2021年に世界新記録(23m37)を樹立。先日、さらに記録を塗り替えて、「人類にできないことはない」ということを示してくれたようでした。

これから先、人類はどのような進歩を見せてくれるのでしょうか。楽しみにしたいです。

大久保雅文(おおくぼ・まさふみ)
月刊陸上競技編集部
1984年9月生まれ。175cm、63kg。三重県伊勢市出身。小学1年から競泳、レスリング、野球などをするも、吉田沙保里さんにタックルを受けたこと以外は特にこれといった実績も残せず。中学で「雨が降ったら練習が休みになるはず」という理由から陸上部に入部。長距離を専門とし、5000mと3000m障害で県インターハイ決勝出場(ただし、三重県には支部予選もなく、県大会もタイムレース決勝である)

 

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 過去の編集部コラム

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第186回「21世紀で人類はどれほど進歩したのか(大久保雅文)

3月14日発売の月刊陸上競技では、別冊付録として2022年の記録をまとめた「記録年鑑2022」がついてきます。世界から中学まで、トラックから駅伝までのランキングや記録を収録し、ページ数は過去最多の226ページとなりました。みなさんもぜひお手に取っていただければと思います。 記録年鑑の最初に掲載されているのが「世界記録」です。これは月陸が記録年鑑を作成しはじめた30年前以上から変わっていません。 人類が出した最高の記録は、人々の目標となり、また壁となってきました。毎年のように更新される記録から、四半世紀以上もワールドレコードとして君臨する記録。さまざまな逸話とともに世界記録は語られています。 今年は2023年を迎え、21世紀も1/4が経とうとしています。そこで、今回は20世紀の終わりとなった2000年末時点と2022年時点の世界記録を比較してみました。
世界記録 2000年時点 2022年時点
100m 9秒79(+0.1) 9秒58(+0.9)
200m 19秒32(+0.4) 19秒19(-0.3)
400m 43秒18 43秒03
800m 1分41秒11 1分40秒91
1500m 3分26秒00 3分26秒00
5000m 12分39秒36 12分35秒36
10000m 26分22秒75 26分11秒00
マラソン 2時間5分42秒 2時間1分09秒
110mH 12秒91(+0.5) 12秒80(+0.3)
400mH 46秒78 45秒94
3000mSC 7分55秒72 7分53秒63
20kmW 1時間17分25秒6 1時間16分36秒
4×100mR 37秒40 36秒84
4×400mR 2分54秒29 2分54秒29
走高跳 2m45 2m45
棒高跳 6m14 6m21
走幅跳 8m95(+0.3) 8m95(+0.3)
三段跳 18m29(+1.3) 18m29(+1.3)
砲丸投 23m12 23m37
円盤投 74m08 74m08
ハンマー投 86m74 86m74
やり投 98m48 98m48
十種競技 8994点 9126点
男子100mは9秒79(M.グリーン)から9秒58(U.ボルト)へと短縮されました。05年から07年にかけて、A.パウエルが少しずつ記録を更新してきましたが、08年にボルト時代を迎えると、09年に9秒5台に突入。あまりの大幅な更新の反動か、近年は100mの記録が停滞ぎみという声も聞かれます。事実、9秒6台も至近10年は出ていません。 21世紀で最も記録が更新された種目がマラソンです。2時間5分42秒(K.ハヌーチ)から2時間1分09(E.キプチョゲ)秒と、その伸び率は103.75%。非公式ではキプチョゲが2時間切りも達成しています。シューズの進化などさまざまな要因もありますが、ハヌーチの記録は2022年ランキングでは41位相当と、マラソンという競技自体が大幅な進化を遂げました。 一方で、21世紀になって1度も更新されていない種目もあります。1500m、4×400mリレー、走高跳、走幅跳、三段跳、円盤投、ハンマー投、やり投とフィールドが中心です。中にはドーピング使用の疑いがもたれるものもあり、常に議論の対象となってきました。 しかし、過去に記録更新が難しいと言われた砲丸投ではR.クルーザーが2021年に世界新記録(23m37)を樹立。先日、さらに記録を塗り替えて、「人類にできないことはない」ということを示してくれたようでした。 これから先、人類はどのような進歩を見せてくれるのでしょうか。楽しみにしたいです。
大久保雅文(おおくぼ・まさふみ) 月刊陸上競技編集部 1984年9月生まれ。175cm、63kg。三重県伊勢市出身。小学1年から競泳、レスリング、野球などをするも、吉田沙保里さんにタックルを受けたこと以外は特にこれといった実績も残せず。中学で「雨が降ったら練習が休みになるはず」という理由から陸上部に入部。長距離を専門とし、5000mと3000m障害で県インターハイ決勝出場(ただし、三重県には支部予選もなく、県大会もタイムレース決勝である)
  次ページ 過去の編集部コラム

過去の編集部コラム

編集部コラム第185回「100回を迎える箱根駅伝の個人的回想」(井上) 編集部コラム第184回「今年はどこへ赴く?」(向永) 編集部コラム第183回「MGC再来」(小川) 編集部コラム第182回「自分の物語」(船越) 編集部コラム第181回「3年ぶりの広島!」(松永) 編集部コラム第180回「データで見る都道府県対抗男子駅伝」(大久保) 編集部コラム第179回「編集者の全国高校駅伝」(井上) 編集部コラム第178回「スーパースターの涙」(向永) 編集部コラム第177回「2022年もありがとうございました!」(小川) 編集部コラム第176回「憧れの舞台」(船越) 編集部コラム第175回「当たり前の差」(松永) 編集部コラム第174回「2022年に誕生した新記録」(大久保) 編集部コラム第173回「都大路まであと1ヵ月」(井上) 編集部コラム第172回「走高跳・万能説?」(向永) 編集部コラム第171回「2022年ラスト」(小川) 編集部コラム第170回「慣れ」(船越) 編集部コラム第169回「4週連続ビッグゲーム!10月の取材記」(松永) 編集部コラム第168回「マラソン世界記録 VS 高校駅伝最高記録」(大久保) 編集部コラム第167回「国立競技場で走ったよ」(井上) 編集部コラム第165回「チームげつりく、国立を走る!!」(船越) 編集部コラム第164回「まさか自分が・・・の話」(船越) 編集部コラム第163回「大学駅伝最も輝かしい〝黄金時代〟を築いたのはどの大学」(松永) 編集部コラム第162回「高校駅伝 47都道府県予選 大会記録」(大久保) 編集部コラム第161回「徳島インターハイの個人的感想」(井上) 編集部コラム第160回「指導者の意図」(山本) 編集部コラム第158回「痛恨の……アゲイン」(小川) 編集部コラム第157回「憧れの場所」(船越) 編集部コラム第156回「テレビの前で大興奮!」(松尾) 編集部コラム第155回「伸びしろなんて誰にもわからない」(松永) 編集部コラム第154回「プレイバック 91年東京世界選手権」(大久保) 編集部コラム第153回「ペン・カメ」(井上) 編集部コラム第152回「五輪選手の育て方」(山本) 編集部コラム第151回「いざ、陸上の聖地へ!」(向永) 編集部コラム第150回「8月号の発売日は7月12日です!」(小川) 編集部コラム第149回「表彰式」(船越) 編集部コラム第148回「陸上ってチームスポーツ!」(松尾) 編集部コラム第147回「激アツ!青春!インターハイ!!」(松永) 編集部コラム第146回「陸上世界選手権ヒストリー」(大久保) 編集部コラム第145回「100m→400m→1500m」(井上) 編集部コラム第144回「自分の限界はどこにある?」(山本) 編集部コラム第143回「蹴上がりできますか?」(向永) 編集部コラム第142回「陸上の春がやってきた!!」(小川) 編集部コラム第141回「怠惰なる自分」(船越) 編集部コラム第140回「はじめまして!」(松尾) 編集部コラム第139回「陸上界ゆく人、くる人」(松永) 編集部コラム第138回「2021年仮想都道府県対抗リレー」(大久保) 編集部コラム第137回「記録更新の空白期間」(井上) 編集部コラム第136回「西監督」(山本) 編集部コラム第135回「ら抜いて檄を飛ばして帯同して輩出する」(向永) 編集部コラム第134回「月陸リニューアル!!」(小川) 編集部コラム第133回「自分だけのルール」(船越) 編集部コラム第132回「スパッと辞めるか、泥臭く続けるか」(松永) 編集部コラム第131回「冬季オリンピックに挑む陸上選手」(大久保) 編集部コラム第130回「個人成績で見る昨年の全国高校駅伝」(井上) 編集部コラム第129回「セカンドキャリアを考える」(山本) 編集部コラム第128回「功労賞とU20招待はどうでしょ?」(向永) 編集部コラム第127回「明けましておめでとうございます」(小川) 編集部コラム第126回「スパートすんのかいせんのかい」(船越) 編集部コラム第125回「記録ラッシュ!」(松永) 編集部コラム第124回「データで見る全国中学校駅伝」(大久保) 編集部コラム第123回「2021年の思い出」(井上) 編集部コラム第122回「長距離選手の身長」(山本) 編集部コラム第121回「足が速くなる魔法」(向永) 編集部コラム第120回「2021年の節目は…」(小川) 編集部コラム第119回「現実逃避」(船越) 編集部コラム第118回「高校で5000m15分台でも……」(松永) 編集部コラム第117回「データで見る箱根駅伝予選会」(大久保) 編集部コラム第116回「高校駅伝の試走にチャリ?」(井上) 編集部コラム第115回「ウエイトコントロール」(山本) 編集部コラム第114回「お別れのあいさつ」(向永) 編集部コラム第113回「TOKYO 2020の喜劇」(小川) 編集部コラム第112回「点と点のつながり」(船越) 編集部コラム第111回「裏方あっての表舞台」(松永) 編集部コラム第110回「2020東京五輪優勝記録ランキング」(大久保) 編集部コラム第109回「月陸の歴史も切り開いた田中選手」(井上) 編集部コラム第108回「特別な存在」(山本) 編集部コラム第107回「オリンピックの価値」(向永) 編集部コラム第106回「どうしても気になるどうでもいいこと」(船越) 編集部コラム第105回「東京五輪ついに開幕!!!」(小川) 編集部コラム第104回「オリンピックの思い出とインターハイ」(松永) 編集部コラム第103回「五輪メダリストのトリビア」(大久保) 編集部コラム第102回「あたたかい目」(井上) 編集部コラム第101回「4年サイクル」(山本) 編集部コラム第100回「誰がために月陸はある」(向永) 編集部コラム第99回「『9』秒台」(小川) 編集部コラム第98回「いいわけ」(船越) 編集部コラム第97回「My Privacy」(松永) 編集部コラム第96回「追い風最高記録」(大久保) 編集部コラム第95回「競技会に必要なもの」(井上) 編集部コラム第94回「メンタルトレーニング」(山本) 編集部コラム第93回「努力は報われた」(向永) 編集部コラム第92回「2年ぶりの織田記念」(小川) 編集部コラム第91回「エゴイスト」(船越) 編集部コラム第90回「あらためて100m10秒台ってすごいタイムですよね??」(松永) 編集部コラム第89回「学生競技会の華 大学対校戦!」(大久保) 編集部コラム第88回「U20世界選手権の上位候補をリサーチ!」(井上) 編集部コラム第87回「編集部コラム「郷土の応援」(山本) 編集部コラム第86回「あこがれの松田耕作記者」(向永) 編集部コラム第85回「スポーツのチカラ」(小川) 編集部コラム第84回「初心」(船越) 編集部コラム第83回「高校生にとってのインターハイ」(松永) 編集部コラム第82回「2020年世界リストTop10入り日本人選手」(大久保) 編集部コラム第81回「〝きっかけ〟の提供を」(井上) 編集部コラム第80回「一番アツい夏」(山本) 編集部コラム第79回「前向きな言葉という魔法」(向永) 編集部コラム第78回「自分なりの『答え』を探す」(小川) 編集部コラム第77回「カメラマンの箱根駅伝」(船越) 編集部コラム第76回「専門誌記者の箱根駅伝」(松永) 編集部コラム第75回「データで見る箱根駅伝当日エントリー変更」(大久保) 編集部コラム第74回「2020年を振り返って」(井上) 編集部コラム第73回「プレッシャーとの向き合い方」(山本) 編集部コラム第72回「陸上競技のイメージを変えたい」(向永) 編集部コラム第71回「2020年ラストスパート!!」(小川) 編集部コラム第70回「理不尽なこと」(船越) 編集部コラム第69回「這い上がる」(松永) 編集部コラム第68回「都道府県対抗 男子十種競技選手権」(大久保) 編集部コラム第67回「都大路も高速レースの予感」(井上) 編集部コラム第66回「陸上競技を続けると……?」(山本) 編集部コラム第65回「強い選手の共通点?パート2」(向永) 編集部コラム第64回「2020年シーズンはまだこれから!!」(小川) 編集部コラム第63回「質と量」(船越) 編集部コラム第62回「たかが2cm、されど2cm」(松永) 編集部コラム第61回「都道府県対抗 女子七種競技選手権」(大久保) 編集部コラム第60回「キソの大切さ」(井上) 編集部コラム第59回「思い込みを捨てる」(山本) 編集部コラム第58回「それ、ドーピングだよ」(向永) 編集部コラム第57回「東京五輪へ“もう1度”あと1年」(小川) 編集部コラム第56回「魔法の言葉」(船越) 編集部コラム第55回「月陸ってどんな雑誌?」(松永) 編集部コラム第54回「インターハイ種目別学校対抗(女子編)」(大久保) 編集部コラム第53回「明確なビジョン」(井上) 編集部コラム第52回「人間性を磨く」(山本) 編集部コラム第51回「指が痛い。」(向永) 編集部コラム第50回「温故知新」(小川) 編集部コラム第49回「対面取材」(船越) 編集部コラム第48回「日本選手権優勝者を世代別にまとめてみた」(松永) 編集部コラム第47回「インターハイ種目別学校対抗(男子編)」(大久保) 編集部コラム第46回「月陸に自分が載った」(井上) 編集部コラム第45回「陸上競技と関わり続ける」(山本) 編集部コラム第44回「逃げるとどうなる?」(向永) 編集部コラム第43回「成長のヒント」(小川) 編集部コラム第42回「日本実業団記録」(大久保) 編集部コラム第41回「思い出の2016年長野全中」(松永) 編集部コラム第40回「葛藤」(船越) 編集部コラム第39回「何も咲かない寒い日は……」(井上) 編集部コラム第38回「社会の一員としての役割」(山本) 編集部コラム第37回「大学生、高校生、中学生に光を」(向永) 編集部コラム第36回「Tokyo 2020+1」(小川) 編集部コラム第35回「善意」(船越) 編集部コラム第34回「ピンチをチャンスに」(松永) 編集部コラム第33回「日本記録アラカルト」(大久保) 編集部コラム第32回「独断で選ぶ2019年度高校陸上界5選」(井上) 編集部コラム第31回「記録と順位」(山本) 編集部コラム第30回「答えを見つけ出す面白さ」(向永) 編集部コラム第29回「初めてのオリンピック」(小川) 編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越) 編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永) 編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保) 編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上) 編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本) 編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本) 編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永) 編集部コラム第22回「国立競技場」(小川) 編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越) 編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永) 編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保) 編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上) 編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本) 編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永) 編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川) 編集部コラム第14回「初陣」(船越) 編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永) 編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保) 編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上) 編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本) 編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永) 編集部コラム第8回「アナウンス」(小川) 編集部コラム第7回「ジンクス」(船越) 編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永) 編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保) 編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上) 編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本) 編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永) 編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top